2013/4/13  7:06

大盛況!!  音楽

昨晩のTOM'S久々のホール公演、The Jim Kweskin Jug Bandは満員のお客で大盛況だった。
7〜800人いたか?演奏も申し分なし、マンドリンのTaro、マルチ・ストリングスで有田純弘、
外人ベーシストもサポートしてさらにパワー・アップした1部45分、2部60分でした。
但し、物販やドリンクはチョットね。気がついた事を少しメモしておきますと、

○Jim Kweskinの堂々としたリーダーぶり。何年たってもボスはボス。
○F Richmondが物故しており名前とは異なりJugは不在。但しステージ右手にモニュメントを
 構築、愛を感じました。
○Richard GreenはNGDBのJohn McEuenそっくりになっていた。共にフィドル・プレーヤー。
 ソロでの"Amazing Grace"もヨカッタ。Bill Keithと共にバンドの渋さ担当。
○Geoff Muldaurは結構ウォッシュ・ボードを弾いてた。流石、Jug Band。手袋をはめる際の
 右手を上げる腕の動きにフリッツ・フォン・エリックのアイアン・クローのボーズを見た。
○Maria Muldaurのカズーがメロディアスで心地良く、感心しました。
○そのMariaだが、直接Geoffと絡む事はないかと思ったら、"Sweet Sue"でのヘリウム・ガス
 大作戦で超接近。Geoffのキュートな声への変身に加担。これには場内ニンマリでした。
○いつもぶっちょ面のTaroであるが、Maria姉さんの睨みが効いたか、この日は結構笑顔。
 ソロも多く取らせてもらって美味しかった。
○アンコール・ラストの"Stealin'"は会場と大合唱。この歌得意としていた憂歌団を思い出す。
 あちらは島田君不在で再結成はムリ。個人的にちょっとしんみり。
○帰りがけに宇田師匠に遭遇。病み上がりのようだが、元気なお姿に一安心。

てな訳で、終演後はTOMO先生プレゼンツで10人ほどで反省会。23時半ばまでのロングラン。


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ