2008/11/29  9:49

昨日の朝日新聞夕刊に  音楽

東郷かおる子さんがJackson Browne@人見記念講堂のコンサート・レビューを書いてます。
「少しくらい年取ったってイイじゃない」って感じ(爆)。
文中で"Lives In The Balaance"と"The Drums Of War"を20年経っても変わらぬ視点で
書いているようなことを書いている。黒人のバックアップ・コーラスを重用している点にも
共通性を感じる。
後者は厚生年金では演奏されなかった。新宿組は悶々として下さい(笑)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ