2013/11/19  20:21

これぞ王道!!  音楽

昨晩はPaul McCartneyの東京初日に行ってきました。外タレにしては珍しい位の大入り、
さすがビートルズです。その割にワタシの前は2席空いていた。欲張りな奴が売り逃したか?
まあ、探せばいくらでもセットリストも見つかるが、長いキャリアを総括してもまだやり
足りないのは凄いよ。個人的にはWings時代がロック度が高くて好き。"Let Me Roll It"とか
"Band On The Run"とか燃えます。"Jet"がセットに入っていないのが返す返す残念でした。
新譜の"New"の曲もロックしていたが、やはりPaulのRockと言えばWingsにとどめをさす。
そしてこの日のひとつのハイライトは"Live And Let Die"だな。爆音と共に上がる火柱の
もの凄さ。某社の興行企画部が消防署へ行って、どんな説明をしたのか痛み入ります(爆)。
防火素材に大量の消火器は必須か。しかし盛り上がったな、こいつもWingsですね(喜)。
そしてビートルズのキラー・チューンを随所に配するのだからたまらない。バックは若い
奴が多いのでPaulも含め5人でやっていたのは偉かった。Eaglesなら倍はいたはず(爆)。
特に太っちょの黒人ドラマー、コーラスも付けていてとっても気になる奴だったな。
"Eleanor Rigby"は昔なら弦楽を配していただろうに、今はサンプリング・キーボードで
軽くできちゃう。そんな風にちょっと覚めて見ていた。"Blackbird"はCSN版の方が好き
だったりするワタシ。しかしPaulがピアノを弾く姿に妙にグットきてしまったよ。
"The Long And Winding Road"、"Hey Jude"、"Let It Be"、"Golden Slumbers"どれも
泣きそう。間に元祖ヘビメタの"Helter Skelter"とか"Back In The USSR"、"Get Back"
なんかを混ぜるのでメリハリ付きすぎ。あっという間だったね2時間40分。終演は21:50。
帰りの反省会の時間が無いのが寂しい。同行の士から回収した5枚分のチケット代で
懐を膨らませて家路を急いだのでした。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ