2013/12/29  21:43

2013年ベスト10 −再発・発掘編−  ベスト10

ワーナーがついにやってくれた。何年もリイシュー物の価格が高いと呟いていたが、
新名盤探検隊はついにPops/Rockでありながら1,200円の廉価販売。これはヒットです。
昨年あたりから黒モノ千円でその兆しはあったが、ついにこちらのフィールドにも
やって来た。初モノも混じっているので断固支持します。今年は当然この辺りが入って
きてます。そんな訳でBob Dylan、The Band、Van Morrison等の強烈な箱物も出てますが
これらは高額かつマニアの物ですので御遠慮頂いた。もちろん買ってはおりますが。
廉価が一番、安物バンザイ!!


1.First + Never Let Her Go + Goodbye Girl + Falling In Love Again / David Gates
クリックすると元のサイズで表示します
1〜4枚目が2in1の2枚組で1,500円位で買えるのが嬉し過ぎる。新名盤探検隊でも1stが
出ましたがこれは雲泥の差。"Goodbye Girl"が大好きで我が人生の100曲に入る筈。
これだけで1決定。もちろんどこを切っても佳曲のオンパレードです。


2.ST / Lenny Le Blanc
クリックすると元のサイズで表示します
新名盤探検隊も結構買いましたが、ウェストコースト・ロック好きとしてはこいつが一番。
以前出たルブラン・カーも良かったが、ルブランのソロもGood!!


3.The Show Must Go On / Sam Dees
クリックすると元のサイズで表示します
ソングライターとして他人に沢山書いている人だが、このソロ作での自己の歌唱もバリバリの
南部ソウルでたまりません。邦盤千円でも出てますが、5曲ボーナスの輸入盤を勿論購入。


4.Old Friend The Fame Recordings Vol.3 / George Jackson
クリックすると元のサイズで表示します
毎年のように出る彼のFame蔵出し音源。まだあるのかと思い聴いてみると、これが又良い。
ソングライターとして相当曲書いてたんでしょうね。デモなのか、それとも自分で出す為に
取っておいたのか、その辺り良く分かりませんが。来年も出るのでしょうか(爆)。


5.ST / Browning Bryant
クリックすると元のサイズで表示します
以前も出てたようですが、新名盤探検隊で購入。16歳という早熟の天才君がAllen Toussaint
プロデュースで出した名盤。若き日のToussaintと言われても信じてしまう様な音ですね。


6.Red Pump Special / Rab Noakes
クリックすると元のサイズで表示します
これも新名盤探検隊で出た1枚。英国から米国のナッシュビルへ乗り込んでのアルバム。
彼もまたアメリカ南部に憧れた英国人だったのだろう。当時のアメリカの音になってるし、
ど真ん中ストライク。もう1枚出たけれど、こちらも良いですゾ。


7.Never My Love : The Anthology / Donny Hathaway
クリックすると元のサイズで表示します
4枚組の内2枚がスタジオ未発表曲とビターエンドでの未発表LIVEですから買いです。
これで2,600円位ですから箱でもランク入り。何で若くして自殺したのか、残念です。


8.The Fisherman's Box / The Waterboys
クリックすると元のサイズで表示します
The Waterboysの最高傑作が膨大なセションワークの6枚組でリリース。フィドルを大きく
フューチャーしてアイリッシュに接近したのは新鮮だった。時間かけて取ってたんですね。
以前もデラックス盤2枚組が出たが、これが全貌か?3千円と少しで買えるのも凄い。


9.Take Another Look / Soul Survivors
クリックすると元のサイズで表示します
ワーナー黒モノ千円シリーズで出たが、ホンマは白人のソウル・グループ。しかしソウル・
マナーを心得ており、言われなければ黒人だと思うよきっと。素晴しいね。


10.Jennifer / Jennifer Warnes
クリックすると元のサイズで表示します
新名盤探検隊で彼女のリプリーズ盤も登場。オレンジカウンティの旧友Jackson Browneや
Jimmy Webbの佳曲が聴ける。アリスタ盤の「Jennifer Warnes」もそろそろ出して欲しいな。


てな訳で黒白問わずワーナーの廉価盤シリーズには来年も期待してます。ソニーや他社の
追随もぜひお願いしたいものです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ