2008/8/17  19:14

第二のホーム  音楽

Billboard東京と共によく行っている小屋に代官山の「晴れたら空に豆まいて」がある。
ブッキングに時々惹かれるものがあり、見つけては足を運んでいる。ドメスでは今一番か。

ということでお盆の中の昨日行ってまいりました。サービス業ですので、8月も特に夏休みを
取るでもなし、カレンダー通りに働いております。その割りにライヴに通う今月です。
「代官山 満月の夕」と題した、山口洋と沢知恵のジョイント・ライヴだ。
何度も言っているが、阪神淡路大震災を契機に山口と中川敬が競作したこの曲は、
20世紀が生んだ名曲のひとつと思っているのだ。
「悲しみを乗り越えるために歌を歌おう。モノが無くとも生きてさえいれば再生は可能だ」
ということだろうか。いずれにしても長田の街をこの歌が癒したことは忘れてはいけない。
沢もこの歌を大事に歌いシングル・カットもしている。沢山の人に歌われてこそ名曲です。

沢さんの歌を聴くのも久しぶり。会場の2周年を祝って1曲アカペラで歌ってから、
ピアノでまずは「自己紹介の曲」と"私はだれでしょう"を軽く歌う。
彼女のピアノ演奏からはCarole King的なニュアンスも伺える。MCも歌と同じでとても暖か。
彼女の出目が日本と韓国のハーフという所も影響しているのかもしれない。
祖父が韓国の高名な詩人ということで、そんな詩を訳して曲を付けたりもしている。
好きな曲なら他人の曲でも歌うというシンガーとしての顔も大きい。この日も島倉千代子の
カバーや童謡の"故郷"などを歌う。「いいうたいろいろ」なんてカバー・アルパムも
シリーズ化して続けている。あっという間の50分の最後はもちろん"満月の夕"。
ピアノ1本で歌うので、楽曲、歌詞がビンビンと耳に入り込んでくる。やはり名曲です。

15分程度の休憩を挟み山口登場。今年はHEATWAVEの他にリクオとのコンビでも見ているが
生真面目な態度はいつも好感がもてる。ギターも達者な人だが、久しぶりに見るソロは
MCがちょっとおちゃらけ過ぎ。"ハピネス"で始まり"Old Man""東京ヒエラルキー"など
曲はいつものHEATWAVEと代わり映えはしない。
彼の場合、グレッチをかき鳴らし声を振り絞って歌うバンドスタイルがベターだと思っている。
ということでソロの場合は、緊張感が薄く、いわゆるユルイのである。
まあ、彼氏も自分で分かっているとは思うのである。かってに歌詞を替えたり、
好きにアレンジしながら歌うのが彼のソロのスタイルということ。優しいフアンに囲まれた60分。
そして沢さん連れて山口は戻ってきた。年は8才下と言いながらも、山口が沢をリスペクト
しているのが微笑ましい。「私、友達少ないのよね」と言う沢にとって洋は大切な友人なのだ。
再び二人で「満月の夕」を歌う。沢が一人で歌った時と違った、化学変化が生まれている。
「ヤッサホーヤ、歌が聴こえる」と二人が歌うところで、知らずに自分もユニゾンしていた。
さらにもう一曲、沢さんの曲をジョイントしてこの日の演奏を終えた。
「いい歌聴けたな」という感慨が強い。沢さんの歌はまたどこかで聴こうと思う。
外に出れば雨が道を濡らしていた。
0

2008/8/16  23:49

野球は大丈夫?  スポーツ

本日の野球対韓国の試合は何なのよ。9回の攻防はちょっと情けない。
韓国にタイムリーを打たれたが、あんなに遅いセカンド・ランナーを青木は刺せないのか。
その後もポロポロと2点を献上。それでも9回裏は連打を重ね1点返して、ノーアウトで
2.3塁。これは一機に逆転と思ったのですが.....後が続かない。
これで2勝2敗。打線が今一繋がってないようで心配です。WBCでも韓国や米国に負けたが
イチロー中心にまとまっていた。主戦で幹になる人がだれなのか分かりにくい。
新井の調子が上がってきたが、脇役の川崎や西岡が故障がちなのが気になります。
何より星野監督の采配に切れがないように感じているのが、一番の心配事です。
0

2008/8/16  7:40

ホームゲーム?  音楽

前述したように女子サッカーを含めたオリンピックも気になるものの、
昨日はGilbert O'sullivanを聴きにBillboard東京へ赴く。今週2回目とまさにホーム。
ベー・ドラにギター、キー、サックスなどをバックに従え、彼は中央前方でエレピを弾いて
歌う。見た感じはカーリー・ヘアっぽい髪型を含め変わらない。
イギリスのSSWであり、アメリカのSSWとは少し違った感じも受ける。
牧歌的なPOPさが彼の持ち味なのだろうか。湿ったとこはなく乾いた感じを受ける。
ガキの頃に馴染んだ"Happiness Is Me And You""Clair"などが耳に心地よい。
本編は60分とちょっと短め。ただ、「あの曲やってないでしょ」とばかりに
アンコールで"Alone Again"を。大きな拍手をもらい、最後はロック・アレンジを強めた
"Get Down"。キーボードの上に立ち上がったり、観客にSing Outを促したりと
盛り上げて終えた。
それでも70分。やはりちょっと短いんじゃないの(爆)。会員割引の4千円だから許すか。
0

2008/8/16  7:11

なでしこ達の逆襲  スポーツ

女子サッカーはついに中国を2-0で破りベスト4進出。やってくれるわい。
初戦のニュージーランドに2-2の引き分け、次戦のアメリカに破れ崖っぷち。
TVの生中継からも見限られるありさま。ただ、ここからは男子と違った。
角上のノルウェーを0-1から逆転で5-1の大勝。ベスト8に滑り込み昨日を迎えた。
くしくも8/15の終戦記念日。小泉・安倍の元首相達が自重することなく靖国を参拝し
反日感情が再び高まったであろう中国戦。大変なアウェー状態であったはず。
それでも彼女たちは球をパスで繋ぎ、フォア・チェックで中国の攻撃の目を摘み続けた。
ベスト・ゲームだ。試合を決着づけた2点目もFWの大野と永里の二人で強引にこじ開けた。
こういった個の強さも身につけてたんだ。男子サッカーも参考になる日本らしい戦い方だ。
今のチーム、沢をボランチに下げることにより守備が安定している。彼女がチェックして
随分自軍ボールとして攻撃に転じている場面が見られる。それはどの試合も同じ。
さらに後ろも池田主将がラインをうまく押し上げている。こういった核になるベテランが
しっかりしているからこそ、宮間の好キックが有効となっている。1点目も彼女のCKを
沢が頭で入れたもの。沢さん、前のオリンピック2大会では無得点なのに、今大会は3点目。
こうなると男子がオーバーエイジを使わなかった(使えなかった)ことが悔やまれる。
ベンチワークで負けていたということが悲しい。女子は年齢制限ないからね。

さあここまで来たらメダルだ。次戦は予選で負けたアメリカだが、ひょっとしたら
ひょっとするかも。そんな期待を感じさせる中国戦でした。未開の扉を叩き続けて欲しい。

LIVE帰りでビデオ観戦だったのだが、試合結果を見ないようにして観戦したので
興奮しました(笑)。なでしこたちに栄冠あれ!
0

2008/8/13  21:28

Billboard LIVEの会員  音楽

なのだが、これが結構いけてます。
3月の入会キャンペーン50%offfでKarla Bonofを見て早くも登録料+年会費4,200円の元を取り
細野さんは会員の先行申し込みで楽々とGet!通常観覧にはポイントも付くので、その内に
タダ見できる日も来るでしょう。
今月来月もGilbert O'sullivan、Edgar Winterがカジュアル席4,000円のキャンペーンが
あるので楽しみにしてます。そんなおり開場1周年記念50%offのDMが届けられました。
8月のサービスエリアが50%offになるとのこと。嬉しいことに行こうと思っていた
New Orleans All Starsも名前を連ねている。これはラッキー、4,500円で見れますね。
1枚で4人までOkということで、ヒデ&マキの二人を誘って昨晩の2ndへ足を運ぶ。
軽く一杯と思ったものの、すっかりできあがりつつ会場へ。彼らのお友達も来ていたみたい。
定刻の21:30ほぼジャストに始まる。盲目のピアニストHenry ButlerにCyril Nevilleが
肩を貸すように入場。うねりのある演奏で続けてインストを2曲。これでほぼ30分。
Kindler Cartoの弾けたドラムがいい感じだ。George Porter Jrがどうやらバンマスの役。
3曲目の"Let the Good Times Roll"で始めてCyrilがボーカルを取る。
パーカッションもいいが、熱い彼のボーカルはとってもステキだ。その後もHenry Butlerや
George Porter Jrなども交互にボーカルを取り、暑い空気を振りまいてゆく。
そんな中でも酔っ払いの私は時々船を漕いでいたようです(汗)。Nevillesの曲をやらないとか
Henryがグランドピアノがあるのにエレピしか弾かなかったと嘆くのは止めよう。
本編が終わりステージのカーテンが開けられても続く観客の拍手に、彼らは答えてくれた。
アンコールが終わり時計を見れば85分位やってくれていた。東京の温度は2度上がったか?

10月のNevilles本隊を前に、良い前哨戦となるLIVEでありました。Thanks!
0

2008/8/11  21:14

夢の島の音楽会 - World Happiness -  音楽

崖っぷちのサッカーも気になったが、昨日はは午後から夢の島のフェスへ。
高橋幸宏と信藤三雄が声掛けとなり、大人がゆったりと見れるフェスを開催。
日頃の行いの良さか、どんよりとした空が涼しい風も吹かせてくれるいい日和。
開場の30分前に着くともう結構な人が待っている。列の後ろにつき開場を待つ。
13時に開場になりレジャーシートを受け取って会場の中へ。ブロック指定となっており
ステージ右手のB-3のフェンスの横でシートを広げる。中段のブロックだが悪くない。
コンビニで買ってきた手持ちのおにぎりやパンで遅い昼食。腹がへっては何とやらです。
ステージはCenter Stageの他に小ぶりのLeft Stageがあるが、こちらはかなり遠いのだ。

13:40にLeft Stageのanonymasから始まった。これ以降両ステージが交互に演奏され
セット交換の待ち時間なく、どんどん演奏されるのは非常に手際よく映った。
こんな見事な運営ははじめて見ました。しかし知らないバンドで遠くでやってるなって感じ。
タイムテーブルを見てもメインアクトはCenter Stageって感じで、Leftは若手中心か。
20分程で終了し、すぐにスカパラが始まる。相変わらずノリが良く、夏の野外でも
スーツを着込んでスタイリッシュなこと。踊っている人も多かったね。
夜は野音でWヘッダーらしく、早い回での出演でした。次いで安斉空耳スト率いるLASTRDERZ。
素人っぽいパンキッシュさがリラックスさせてくれる。まあ、野外フェスだからOKか。
お次は慶一。4月のツアーを見ているが、バンドも熟成していた。
初っ端から"おー、阿呆船よ何処へ"での曽我部の「オーライ船長」の声が大きな空へと
上ってゆく。ロック感満載のステージも30分はちょっともったいない。
どのステージ、アーチストも20〜30分と短いショーケース・スタイルで乗った時に
終わってしまうのがちょっとね。ここでビールで一休み。
口ロロはポップなバックにボーカルはラップもどき。イマイチ好みでないので売店見て回り、
ビール飲んで席に戻る。次は一番楽しみにしていたPUPAです。幸宏が原田知世、
高野寛なんかに声をかけて結成したもの。まあ、彼に言われたら断れません。
以外にエレクトロニカというかヨーロピアンで、昔の幸宏のソロを思いださせる。
しかし....各人のソロの方が好きです。珍しく高田連が普通のエレキを弾くのが見れました。
途中酒に酔い退席、トイレに直行。水を買って日陰で横になって休憩。ああしんど。
遠くでnaomi&goroが心地よいボサノバを奏でているのを聴く。浄化効果ありです。
体調復帰に伴い、アイスを買って席へ戻りBonnie Pinkを聴く。かってのトーレ・ヨハンソンとの
コラボを経て、今また第二のブレイクの時期を迎えている。自分も出演した映画の挿入歌
"LOVE IS BUBBLE"やCMタイアップの"A Perfect Sky"などキラキラしてました。
バックもリズム隊がGreat3でKeyがSoulflowerの奥野とイイ面子を揃えてました。Good!
次はリリー・フランキー。MCを多くしたり、おでん君を登場させたり飛び道具多し。
曲はフォークでしたね。声はいいけど曲は?そういえばここまでゲスト・コラボは皆無。
フェスの醍醐味のはずが、ちょっと寂しい。リリーさん35分とちょっと流すぎでした。
次いでBoomの宮沢和史率いるGANGA ZUMBA。沖縄旋律にサンバやレゲーをミクスチャーした
曲が騒々しくも野外ステージにマッチする。宮沢の歌はホールで聴くとねちっこさが時に
暑苦しさを感じさせるが、この日は心地よい風が緩和してくれる。
「高野寛祭りにようこそ」と言うMCが笑わせてくれた。そう高野寛は3バンドに出演したのです。
ここまでのベスト・アクトでした。来月の赤レンガパークのフリーライヴも楽しみです。
次いで野宮真貴が歌うのを写真に撮り画像をスクリーンに流すというNRT320のオシャレなLIVE。
目先が変わってちょっと面白かった。小さなフォト・スタジオ化してました。
日も暮れ始めた頃にシーナ&ロケッツ登場。う〜ん、ちょっと毛色が違うような。
シーナって今はこんなに声出ないのかね。ダミ声きつくて歌詞が分かりましぇん。
鮎川夫妻はイイ人だけど、このメンツではちょっと場違いなRock'n Rollでした。残念!!
Leftの最後は東京ブラボー。こんなニューウェイヴなバンド沢山あったな〜。
近田さん、ドタキャンで残念だったけど熱演でした。結構好きかものワタシです。
最後はみなさんお待ちのHASYMO。YMOには何ら思い入れのないワタシです。
シンセが教授だけになり、幸宏ドラムス、細野さんベース専念でYMOでないHASYMOとしての
音を聞かせる。サポートにトランペットとギターで高野寛、スティールで高田連が加わる。
何曲か聴き進むうちに「何かこんな感じ聴いたことあるな」という変な機知感が生まれる。
怪しげなボーカル・コーラスにスティールやスライドが絡まってくる。プログレっぽいね。
「お〜なんかピンクフロイドみたいじゃん」。そうリック・ライトのKeyにギルモアのギターが
鳴り響く感じがWったワタシです。気の迷いか....?
特権階級なのかHASYMOはアンコールも2曲あり「ライディーン」なんかをやってくれた。
そんでもって50分。しかし一言のMCもなし。徹底してますね彼ら。20時終了。

もう少しミュージシャン減らしてもプレイ時間長くしたほうが良かったね。
みんな消化不良ぽかった。まったり見るというフェスの目的は達したのだろうか。
帰りがけに東京湾大花火を遠目に見れたのはオマケでした。
「サマソニでAlicia Keysの"No One"聴いてた方が幸せだった」とは言うまい(爆)。
0

2008/8/10  9:49

After The Gold Rush  

遅まきながら天辰保文さんの「ゴールド・ラッシュのあとで」を読了。
書名を大好きと言ってはばからないNeil Youngのアルバムタイトルから、まんま持ってきた
ところがナチュラルな天辰さんらしい。
文章も氏らしい暖かな人柄そのものが現れたものばかりだ。
それは初期から今に至るまで一環している。僕らもガキの頃、どれくらいNMMやライナーで
氏の文章を読んだことか。
お話をすればわりかし訥弁に話す氏も、文章にする場合はじっくりと推敲すると見えて
深層に触れ、かつ能弁な語り口だ。何が好きだっていえば、きれいな日本語、正しい日本語を
使おうとする姿勢かもしれない。「日本語っていい表現が沢山あるんだ」って思わせてくれる。

数多くのミュージシャンが綴られているが、音を聴いたことがないのはアンリ・サルヴァドール、
STEEL LOVE、デヴィッド・ミード、ウィリアム・シャトナー、ヴィニシウス・カントゥアリア、
センティ・トイ、イザベル・キャンベル&マーク・ラネガン、ジョン・ドイル、
ジェイソン・コレット、エルヴィス・パーキンス、ラグバーンズ、エリオット・スミス、
ママレイド・ラグ、おおはた雄一、カトリーナ・マッケイ&クリス・スタウト、
グレン・グールド、ヨシンバ なんてとこでした。多いのか少ないのかは不明です(爆)。
0

2008/8/9  22:39

う〜一本勝負はこわい  スポーツ

準決勝の反則ポイントで谷さん負けちゃいましたね。スポーツに絶対はないッス。
3回戦までもキレはないものの試合巧者ぶりを見せていたので、なんとかしちゃうかと
思ったがムリでした。まあ5回もオリンピック出て毎回メダルを取ってるのだから
非難されることもなし。最後は意地の一本勝ちで銅メダル。お疲れ様でした。

それに反し男子の平岡の1回戦負け、メダル無しはちょっとな。五輪三連覇中の野村を
差し置いて代表になったのだからもう少しがんばって欲しかった。しかし今の柔道って何か変?

女子重量挙げの三宅もメダルを期待されながら6位。自己ベスト出しても銅に届かないのでは
いたしかたなし。しかしふらつきながらジャークで105kg挙げたのは見事でした。

女子サッカーは自力の差。1-0って結構大きな差ですよね。今回は行けると思ったが。
まだノルウェーに勝てば決勝トーナメントへ行けるので、上を向いていこう。
しかし出足が悪い。ただ、北島はやってくれると信じている。
ということで一日五輪漬け。これからバレーボールもあるのか。

明日は新木場の野外イベントへ行ってきます。曇り予報が当たることを祈ってます。
0

2008/8/9  6:53

さらば!ノース  旅行

数日前、なにげにネットサーフィンしていたら「ノースウエストが9/15発券分より
特典旅行にもオイルサーチャージを課金」なんて記事が目に入った。
これは一大事。ワタシはUAメインだが、アメリカンとノースウエストも会員になっている。
ノースウエストのマイレージも62,000マイル持っており、これは交換しとかないと。
ということで来年のGWのNew York便5/2in5/9outの予約を入れたのでした。
まあ、ここなら何とかなるだろう。NYCに居てもいいし、東のどこかを見て回ることも可能、
大西洋を越えてヨーロッパ、南へ降りて南米という線もある。近くなったら考えます。
しかし5〜6万円燃油代取られると思い、あわてて予約発券したが、よく読み進めると
一般の燃油代よりも安く、アメリカは1万円ということでした。それでもなあ.....。
日本の航空会社やいくつかの会社は既に特典旅行の燃油代課金を始めているが、
アメリカ系はお初のはず。UAやアメリカンが追随しないことを願いたい。
これからはスカイチームの飛行機は遠ざかるかもしれない。安ければ別だが。

とりあえず「さらば!ノースウエスト」
0

2008/8/7  20:27

負けか〜  スポーツ

本日の男子サッカー対アメリカは0-1の敗戦。後半途中から見たが、疲れた米国を
くずしきれなかった。ピッチもあまり良い状態には見えなかったが、これは同条件。
昨日もそうだが、先制されると辛いな。後半は押してたし、PKっぽいシーンもあったのだが。
残りがナイジェリアとオランダで厳しいが、スポーツに絶対はないからね。
思い出そう「マイアミの奇跡」を。ということでフォルッア!日本。
0

2008/8/6  22:37

あ〜引き分けか〜  スポーツ

開会式前に行なわれた本当のオープニングゲーム、女子サッカー日本vsニュージーランドは
残念ながら2-2の引き分け。ガックシです。
立ち上がりのペースこそ悪かったものの徐々に日本ペースの前半だったのに
終盤のワンチャンスを生かされて0-1で前半終了。しかしこれなら逆転できると思ったが、
後半早々にPK与えて0-2。いけません、いけません。本音ヤバイと思いました。
後半半ばでもらったPKを宮間が決めて1-2。40分過ぎのフリーキックを澤が押し込んで同点。
ここまで来たら逆転と思ったが、そこまではいかなかった。しかし相手のキーパー当たってた。
大野のシュートはことごとくはじかれてた。最初に1本決まってたら.....。
まあ、たらればは禁物。これでアメリカかノルウェーに勝たないと決勝トーナメントへ
行けない崖っぷち。最初から面白くなっちゃいました(爆)。明日は男子のアメリカ戦です。
0

2008/8/5  23:27

天は怒っているのか  ニュース

昨日、今日と雷鳴がとどろき雨が嵐のように吹きすさんだ。
異常気象と一言で済ませるのは簡単だが、これは天からの警鐘と留めよう。
エコとは口ばかり、便利を得るために消費を続けているのが現実だ。

豊島の下水道の濁流に飲み込まれた作業員が会社のそばの神田川で上がったそうだ。
広い東京、地下がどのように繋がっているのか見当がつかない。

いずれにしても自然の力に我々は太刀打ちできないのが現実なのだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ