2008/8/3  23:59

明日、細野晴臣TV出演  音楽

明日っていうか、もう本日8/4(月) TBS系列 News23「月ONE」に出演。
トーク、スタジオライブとのこと。忘れそう.....。
0

2008/8/3  22:21

最近のヘビ・ロテ  音楽

最近のヘビー・ローテーションと言えばこの2枚
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Duffyいいですね。現代のDusty Springfieldなんて言われてるみたいですが、
ホンマにソウル・マナー分かってらっしゃる。こんな若いお嬢さんが、どこで身に付けたやら。
それも競作だけど皆自分のオリジナルとはおそれいります。捨て曲無しの10曲。
特に"Serious"なんて曲は60年代のMOTOWNで出ているといっても信じちゃうような曲です。

そして9月にフル・アルバムの出るソウル・フラワー・ユニオンはこのミニ・アルバムでもまた
きれいな日本語の歌詞で彼ら流の和製ロックを奏でる。もはや完成の域です。
今時下手なカタカナの歌詞が多い中で、彼らは頑なに美しい日本語にこだわる。
こういった姿勢が「きれいな日本語を使おう推進委員会」(架空)のワタシは共鳴するのだ。
これでいいのだ......赤塚不二夫先生、亡くなりましたね合掌!
今年はまだ一度もLIVEが見れてないが、9月になったら行きますか。

それ以外に今日はこんなの聴いて、BRUTUSのマカオ特集読んでました。東洋のラスベガス化
進行中。中国返還以後は行ってないから行ってみたいね。そういや香港もご無沙汰です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Paul Wellerも同い年だから多分今年50か。同じ早熟のSteve Winwoodに音も声もなんとなく
似てきたと思う今日この頃。サマソニで来るんだよな。ちょっと惹かれます。
Nina SimonはやってることはCasandra Wilsonのお姉さんみたいなもの。個が立った人でした。
Carrie Rodriguezは今はChip Taylorと別れソロになってるが好きです彼女。名前からすると
メキシコ系か?フィドル弾いて歌うお姉さん。このLIVE盤で最後に"Wild Thing"をやってるが
この曲ってジミヘンでお馴染みだが、Chipのオリジナルなんだ。知らなんだ....。
Buddy Millerがギターを弾いてるが、3年前にSFのSlimsで彼とJulieのLIVEのアンコールで
Steve Earleが出てきて"Wild Thing"をやったのを思い出します。Emmylouもコーラスで入り
Julie Millerはドラム缶をガンガン叩いていたっけ。
CSNYはバックが最近のNeilのバンドなんだが、ちょっと落ち着かない。彼らのコーラスが
生かされてない演奏に聞こえる。これはNeilのギターについても言える。
荒々しさで反戦ムードをかもし出しているのかもしれないが、ワタシが見た2002年の
Booker.TとかDuck Danのいたバンドの方がはまっていた。この時もNeilのバックしてたと
記憶してますが。いずれにしても映像が出たら印象変わるかもね。LIVEなんてそんなもの。
会場に居れば絶対に感動してるに違いありません(爆)。
0

2008/8/3  7:45

昨晩は横浜へ  音楽

金子マリ& Friends Special Session@Thumbs Upを見に行ってきました。
金子マリと小川美潮という組み合わせは、ピアノの渋谷毅の「両手に花」で顔をそろえるが
地方限定ということで東京ではなかなか見れない。6月に横浜であったのだが、
仕事が外せず断念。この日を外すといつになるかわからないので横浜へ出張しました。

まばらな客席を反映してか35分押して、20:05からスタート。
かっては「下北のジャニス」と謳われたマリさんも今はすっかり落ち着いてJazzyな感じ。
タバコを吹かしながら岩田浩史のギターに合わせ数曲やってから、美潮さん登場。
マリさんが「30数年来の心の許せる友人」と言うが、タイプの違った仲良しさんだ。
マリさんはしょっぱい声だが、未潮さんはきれいな声でうたを歌う。
数曲ジョイントした中では「檸檬の月」収録の"はじめて"がヨカッタ。
その後パントマイムの北京一が彼女たちの声に合わせて踊ったりした後、マキさんと
一緒に"You've Really Gotta Hold On Me"を日本語で歌ったりとリラックスした雰囲気で続く。
美潮さんや北京一にもソロで歌わせるなどホステスとしての気遣いも伺わせる。
後半では新作のカバー・アルバムからムッシュの"ゴロワーズを吸ったことがあるかい"を
歌ったのだが、この曲がひときわ心に引っかかった。何か心に響いたのだ。
最後は前作より"ラリル"で締め、アンコールでは美潮さんと一緒にできる曲がもうないと
一人で日本語のブルースを歌ってステージを終えた。約100分。
少ない観客なれど手を抜かないし、律儀なMCを含め好感が持てたのでした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ