2008/9/9  22:59

Sonya Kitchellの新譜がなかなか良いのです  音楽

旅に出るときはいつも幾つかのアルバムをポータブル・オーディオへぶち込んでゆく。
今度の関西行でもいろいろ聴きながら過ごしたのだが、その中でSonya Kitchellの
「This Storm」に結構はまっていた。2005年に1st「Words Come Back To Me」がリリースされ
"Let Me Go"のJazzyな歌声を心地よく感じた。ほどなくJZ BlatでLIVEもあり、
ピアノの少年と共にあどけなさの残る16才はアコギを弾きながら歌声を聴かせてくれた。
まだ硬さの残る演奏に"Let Me Go"以上の曲はなかったように記憶している。
それから3年の時を過ぎ19才になった彼女は、びっくりするくらい成長している。
楽曲のタイプが広がり、"Fire"みたいな情念溢れるロツク・バージョンを聴かせるかと思えば
"Effortless"ではSarah McLachlanのような浮遊感を漂わせ、若かりし日のJoni Mitchellの
香りさえ感じると言ったら褒め過ぎだろうか。ProducerのMalcolm Burnが上手く料理したか。
KitchellとMitchellと名前すら似通っているじゃないか(笑)。女性SS&W好きの身としては、
ここしばらく楽しめそうなアルバムだ。今はどんなLIVEをしているのか気になる彼女である。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ