2008/9/18  22:43

Jackson On The Road  音楽

昨日は早い段階で米政府がAIGへ資金介入したので一息つきました。
円安進めば年金保険の解約も考えるとします。我が姉上はさっさと解約したそうです。

そんなことしているうちにJackson Browneのツアーが9/15より始まってます。
初日のセットリストはとのようになっているかと言えば、

Boulevard
The Barricades Of Heaven
Everywhere I Go
Fountain Of Sorrow
Time The Conqueror
Off Of Wonderland
Live Nude Cabaret
Culver Moon
Giving That Heaven Away
Doctor My Eyes
About My Imagination

Intermission

Something Fine
For Taking The Trouble
Lives In The Balance
Going Down To Cuba
Just Say Yeah
Drums Of War
Far From The Arms Of Hunger
The Pretender
Running on Empty

Encore:
I Am A Patriot

新譜の「Time The Conqueror」からは表題曲など10曲の内8曲が演奏されている。
まさにプロモーショナル・ツアーですな。でもJacksonはいつもこんな感じだから。
これからツアー進めていくうちで、何曲が残っていくのだろう。
演奏されなかった"The Arms Of Night"と"Where Were You?"は出てくるのだろうか。
しかし既発曲が地味目ですね。定番とも言える"For Everyman"や"Late For The Sky"が
無いのが寂しい......アンコールも"The Road-Out/Stay"が聴きたいものです。
まあ"The Pretender""Runnig On Empty"の黄金のエンディングが健在なのが救いです。
マイアミ・スティーヴの"I Am A Patriot"をJacksonが大事な曲としているのは分かるが
これで終わると何か盛り上がらないのよね。あくまでワタシの個人的思いなのだが。
これからツアーが進むうちでどのように変化して行くのか楽しみにしたい。
どうせ日本に来れば"Take It Easy"くらいサービスしてくれるはずだから心配はしてませんが。

ohanaさんが教えてくれたhttp://www.imeem.com/jacksonbrowneで新譜全曲が
フル視聴できます。

クリックすると元のサイズで表示します
9/15@Washington D.C サングラス姿が珍しい
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ