2008/10/31  22:44

LIVEに行こうよ!  音楽

今年も早いものでカレンダーもあと2枚。明日から11月ですよ〜。
数えて見れば既に50本のLIVE見てました。残り2ヶ月で60本超えなるか(爆)。
ということで11月の気になるLIVEを挙げてみるとします。当然、行かないのもあるし
挙げてなくても行くのもあるだろう。気ままでわがままなワタシです。

★MUSIC IN SPIRITS TOUR 08 11/2@CROCODILE 2,500円
クリックすると元のサイズで表示します
大阪からガルー大島率いるNeil YoungのカバーバンドLAZY HORSE with the Saddle Bags来襲。
迎え撃つは名うてのカントリーロック・バンドの赤木兄弟。未見のLAID BACKを交えての三つ巴。
アメリカン・ロックを堪能しに行くとします。お友達Bandですが、ビールが上手い!

★MARIA RITA 11/10@中野サンプラザ 6,000円〜
クリックすると元のサイズで表示します
今年もブラジルの歌姫に出会える喜びをかみしめよう。若くして亡くなった国民的歌手
エリス・レジーナを母に持つ彼女だが、親の七光りなど無くとも素晴らしい歌い手の道を
歩んでいる。この三作目ではサンバに挑戦し、その評価は高い。明るいステージを
見せてくれることでしょう。とっても楽しみです。

★CAROLE KING 11/10.11@オーチャードホール 14,700円〜
            11/21.22@国際フォーラム   10,500円〜
クリックすると元のサイズで表示します
行ける日は11/11か11/21なのですが、チケットの高さに気後れして今だ手元にあらず。
ヤフオク狙っては落ちない日々です。いまさらまともに買って良い席などあるはずもなし
11/21の当日券を狙った方が無難な気もします。もしくは久々にダフ君登場か。
と言うことでもう少しヤフオクで粘るとします。いずれにしても1日は行って、
再び"Natural Woman"で涙したい気分は満々なのです。

★THE WHO 11/16@さいたまスーパーアリーナ 11,000円〜
クリックすると元のサイズで表示します
アメリカンのワタシとしてはブリティッシュにあまり肝いりはしないのである。
ただ横浜のウドー・フェスで見たTHE WHOは、ピートとロジャーしかいないのに立派に
THE WHOとして成り立っていた。ROCKとしての様式美が美しかった。
ロジャーのマイクさばきとピートの旋回奏法....そしてギター破壊。おみそれしました。
ということでヤフオク6,001円で落札したので埼玉へ遠征します。またビックリしたいね。

★BOOKER T. & THE MG's
       featuring BOOKER T. JONES, STEVE CROPPER and DONALD‘DUCK’DUNN
          11/20〜24@Blue Note TOKYO 8,400円〜
クリックすると元のサイズで表示します
行けそうなのは11/20か11/23でしょうか。スタックスの屋台骨を支えた彼らの演奏を
聴いてみたい気はするが、ラッシュアワーの時期に突撃できるか否か?
かってCSNYのバックで見た時はSteve Cropperいなかったもんね。

★JACKSON BROWNE 11/22@人見記念講堂 11/24新宿厚生年金会館 8,000円〜
クリックすると元のサイズで表示します
今月のメイン・イベントはやはりJacksonの2daysでしょうか。残念ながら今回は追加はナシか。
USツアーを見ると、選曲がちょっとの感もありますが、新曲を楽しく聴きたいと思います。
ただPretender好きの身としては「who started out so young and strong only to surrender」と
歌われるとそれだけでマイッテしまうのです。新譜聴きこんでその日を待つとします。

★Juana Molina 11/27.28@Billboard東京 4,800円〜
クリックすると元のサイズで表示します
アルゼンチンの音響派のSSWとして名前は聞いてるのですが、音は知らなんだ。
しかし、いろいろな記事を見ると興味は尽きない。どうせYouTubeあたり当たれば音も画も
あるだろうから、引っかかったら行こうかぐらいのノリでいます。

★Priscilla Ahn 11/29.30@Billboard東京 5,500円〜
クリックすると元のサイズで表示します
Norah Jonesで当てて以来、ブルーノートは柔らかな女性SSWを度々送り出してくる。
彼女もそんな一人である。声は癒し系ですね。ちょっと曲が軽い感じはするが悪くない。
時間があればフラッと行って、一杯飲みながら聴くのもいいね。

では、どこかでまたお会いしましょう。
0

2008/10/30  22:54

年は取っても芸は忘れず  音楽

お鼻はずるずる、セキはコンコン。調子の悪い今週ですが交渉人の大役があり休めません。
あと一日がんばります。そんな中でも昨晩はNeville Brothers見て参りましたです。
我が家JCBホールに入るのも内覧会以来、LIVEを見るのはこの日が初めてでした。
噂にたがわず、客席のどこからもステージが近く見え、良い感じでした。音響もまずまず。
皆さん機会がありましたら、せひお足をお運び下さい。

この日は下町兄弟・弟夫妻と並んで観戦。そういやトイレでオレカンの谷口さんとお会いして
思わず握手。もちろん手は洗ってきれいでした(爆)。
19時ジャストに暗がりのステージにメンバーが出てくる。Artは杖突いてゆったり出てくるし、
Aaronは上半身のマッチョがいくぶん萎んでいる。明かりが点けばCharlesの口髭は真っ白。
唯一一番若いCyrilだけが変わらぬ風情を見せている。12年ぶりの来日はやはり月日を感じる。
バックアップはリズム隊にギターとキーボードの4人だ。一曲目は"Fire On The Bayou"。
まったりとしたArtの歌いっぷりに覇気がなく、ちょっと心配だ。Cyrilもエンジンがまだ
温まらないうちに終了。「あれ?ダメかい」と思ったのは杞憂でした。
徐々に体が温まるに従いいつものノリが戻ってきた。セカンドラインのリズムが心地よい。
Funkyな曲に体か揺れる。"Hey Pocky Way"ではArtの歌も良い感じにこだまする。
タイコのWillie GreenとダブルドラムスのようにCyrilがパーカッションをスティックで
叩いているのを聴くのは天国の心持ち。"Tipitinas"はそんな瞬間を感じられる曲だった。
最高だぜ!「Horn Man」なんて声をかけられ、Charlesがサックスを吹くインスト曲も
Jazzyで味がある。そして風貌に相反するスィート・ボイスのAaronは"Tell It Like It Is"で
昇天させてくれる。兄弟4人の持ち味が違うバラエティさが面白いBANDだ。
ワタシはCyrilのスピリチュアルさが一番好きなのだが、これは個人の好みだからね。
本編最後は豊橋のLIVEを思い出さずにおれない"Yellow Moon"でちょうど90分。
Artを気遣ってか、そのままアンコールへ突入。これは定番の"Amazing Grace"
"One Love / People Get Ready"で終了。AaronとCharlesはピースサインを振りまき、
皆で前列の観客と握手して大団円。Charlesは満面の笑顔だったな。
まだまだいけますよ。見た目は老けており、エンジンのかかりはちょっと遅くなってるが
エンジン全開での躍動感は素晴らしい。ライヴ・バンドとして死ぬまでやり続けて欲しいです。
カトリーナ以後、Cyrilが居をAustinへ移すなど兄弟としての活動は少なくなっているかも
しれないが、時折こうやって日本にも姿を見せてくれたら嬉しい。

彼らは東京で何度も見ているが、初めて見たのが札幌のホテル出向時代の'87の旭川のフェス、
次いで'89年12/21のMSGでのBonnie RaittとLittle FeatとのJoint、前述した豊橋のフェスでも
見ているし、'96のNew OrleansのHouse of BluesでもSoldOutの中を地元の兄さんに定価の
$30で譲ってもらって、ぎゅうぎゅうの中で3時間位見てた。'98のLas VegasのOrleans Hotelでも
最前列で、Cyrilが息子にパーカッションを叩かせるのを微笑ましく見守ったりしている。
New OrleansのJazzFestでCyrilのソロなんてのも見てるし、兄弟の息子や娘たちも何度か
見聞きしている。

兄弟から今や一族に広がっているのですね。ネビル一家の伝統として。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/28  22:48

WBCは結局原さんで  スポーツ

決まりました!決まったからには文句は言わずに国民挙げてサポートしないとね。
各球団もケチらずに選手を提供してもらわないと困るのだ。日の丸の重さを知らないと。
次の興味は原監督をサポートするコーチ体制だが、ワタシの意に反してマスコミでは
鹿取や野茂なんて名前も出てきている。まあこちらは原監督のやり易い人を選ぶのでしょうが。
応援してます。アメリカがメジャーリーグの選手を出してくるWBCは、オリンピックよりも
格調高いものであるはず。まあ、オリンピックに野球はなくなっちゃったのですが....。

日の丸の重みと言えば、高橋尚子の引退にはちょっとビックリした。
今年は東京、大阪、名古屋と3大マラソンを無謀にも走ると宣言していただけにね。
寿命が延びているとはいえスポーツ選手の旬の期間は短い。それだけに運も大きい。
アテネも出ていればメダルの確率は高かったはずだが、出場できなかったのが
返す返す残念である。それは北京で直前に欠場を余儀なくされた野口みずきも同じことだ。
それだけに銀・銅とオリンピックで二つのメダルを取った有森裕子は運が強いと言えよう。
また次のスター選手は出てくるだろうが、颯爽と走り抜けた彼女の姿を多くの人は
憶えていることだろう。
0

2008/10/26  20:53

T Bone Burnett料理長はいつも芳醇な料理を作り上げる  音楽

TBoneはルーツ系の音を作らせたらピカ一の有能なプロデューサー。
その彼がアッコちゃんのプロデュースを.....と言うことで本日「akiko」の封を切る。
アメリカへ行ってからというもの、すっかりJazzテイストが染み付いているアッコちゃんだけに
どんな風に仕上がっているのか興味津々。実際、8月のBlueNote公演でのMarc Ribotとの
演奏でアルバムの多くの曲を聴いているが、曲知らずに聴いてたので印象はイマイチです。
アルバムを聴けば結構メンバーとのバトルが激しい曲もある。
バスドラがドンドコと始まる曲もあれば、Marcがアバンギャルドに変態ギターを弾きまくる
曲もある。しかしアッコちゃは、柳に風とばかりに悠然とピアノを引き続ける。
どこでも気負うことなく貫禄ありますね。
T Boneはアッコちゃんの左手の自由を奪わないように、あえてベースを入れなかったとのこと。
やるもんですね。人のセッティングと機材や楽器の調達ができれば準備OKってとこか?
特にアメリカーナを押し出すこともないが、Bandとしてきちっとまとまってるし、乾いた音は
鋼のように強靭です。コンプリート盤にはオリジナル盤の他に、全曲英語詩のCDも付いている。
全部英語だと結構印象も変わるもの。これからどっちを好きになるのでしょうかね。
ただ、DVDはたったの10分弱。短け〜これで5,775円はヤマハさん、ちょっとぼり過ぎでは。

12/14には同メンツでのLIVE@NHKホールがあるので生が楽しみです。
あらら、本日チケット発売日だったのね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/26  7:43

羽田空港利用で日仏合意  ニュース

2010年10月以降、日仏各一往復の便が定期便として羽田に就航されることが決まったようだ。
日本はJAL、フランスはエールフランスということになるのでしょう。
利用時間帯が22時以降、早朝の間の深夜枠というのに惹かれます。これなら仕事帰りに
ヨーロッパへ行けるじゃないですか。今までもエールフランスは21:30位の便を成田より
飛ばしていたが、これって時間が有効に使えて3回程使った事がある。

まだ先の話だが、フランスだけにとどまらず他国への便が増えることを期待してしまいます。
これで燃油代の件が沈静化すれば嬉しいのだが。いずれにしても成田は夜飛べないので
今後はますます窮地に追いやられる可能性はあるな。
0

2008/10/26  7:16

CS制覇、次は西武の待つ日本シリーズへ  スポーツ

昨日はTP'Sのoff会で新宿へ。その前にタイムズスクウェアのHMVへ寄り、矢野顕子の新譜
「AKIKO」を購入。DVD付きのコンプリート盤は5,775円と高価だが、HMVはQUOカードが使え
手持ちが5,500円あったのでこちらでほとんどまかなえ、キャッシュは275円ですみましたわ。
次いでユニオンへ移動、Eliza GilkisonのLIVE盤「Your Town Tonight」も中古1,470円で購入。
満足して帰ってもよいのだが、ここはオフ会で皆さんと久しぶりに会い旧交を暖める。
ジローさん結婚したと聞き、これはちょっとびっくり。まあ皆さんも良い年であり良い話しである。
新宿のHFCへ行くのも久しぶり。帰りに店主に最近行ってない事をちょっと皮肉がられたが、
こちらにもこちらの考えがあるので......まあ、またそのうち行きますので。

家へ帰り、スポーツ・ニュースをつければ巨人が6-2で中日を破っていた。1試合早かったが、
負けるよりはいい。最後にクルーンも抑えで出たようであり、彼氏のプライドも守られたようで
これはいい終わり方だった。日本シリーズは6年ぶりということで、西武戦楽しみですね。
もう一稼ぎできるのも、公の顔としても嬉しい。
しかしWBCの監督はいったいだれがやるのでしょうか。原、落合、野村の中から選ばれるのか?
いずれにしても早期決定が望まれる。いつまでもイチローの顔色伺っている場合じゃないだろ。
0

2008/10/24  23:07

変な形なれど巨人王手です  スポーツ

いや〜試合が長くてなかなか風呂に入れませんでした(喜)。
しかしイスンヨプの3ランで決まったはずなのに、8.9回と1点ずつ取られて結局引き分け。
それでもルールで、あと1勝でSC勝ち抜けです。もう少し楽しませて(稼がせて)欲しいもの。
そんな巨人だがメンバーを見ると寂しい。故障の阿部を欠いており、生え抜きは亀井、由伸、
坂本のたった3人とは....トホホ。おまけに由伸は腑抜けなスイングでの4三振。
もはや終わったのか天才も。二岡や清水もすっかり干され、今期限りでトレードか自由契約か?
勝ってもこれじゃあな〜。投手は毎日出ないから、野手で生え抜きのスターは必要です。
坂本の来年の更なる大化けを期待するしかないのでしょうか。
それともウルトラCで松井さんに復帰してもらいますか(爆)。

話は違うが、日本TVの解説で桑田氏が出ていたのだが、ズバリズバリと適切な発言と
選手の心情を思いやる態度に感心しました。これは江川氏を飛び越して次期監督の器かも。
0

2008/10/23  21:30

閉めましたか.....  音楽

久しぶりにMiles of Musicのホームページへ行ったら......閉店してました(泣)。
やっぱパッケージ商品で商売を続けるのはもう厳しいのか。
Texas周辺の好き者の音楽を沢山紹介してくれました。紹介見てるだけでも楽しかった。
良い顧客とは言えないが何度かお世話になったものです。Thanks!
0

2008/10/23  20:57

空中戦に勝利  スポーツ

空中戦になればこちらのものとクリーンアップの4発で11-2と中日を粉砕!
明日の川上打ち崩せば一気に行きそう。負けても五分だからあせらずに。
ワールドシリーズも始まったようで、野球の秋満開です。

Jackson Browneの紙ジャケSHM-CDが発売中止とのこと。なんでやねん?
まあ、財布的には助かりますが(笑)。
0

2008/10/22  22:43

中日は手強い  スポーツ

去年はCSで3タテ食らい、今年のペナントレースでも負け越している。
巨人は中日に苦手意識がある。だから阪神の方がよかったかも。
本日も初回に2点取られればもう弱気、しかし裏に1点返し4回に同点。
しかし勝ち越すことができずに3−3で最終回。しかしクルーンが1点取られ、
巨人は岩瀬に3人で終了。アドバンテージの1勝がもう消えちゃった。
しかし面白い試合ではあるわな。天才ヨシノブこのまま消えちゃうのかい?
東京ドームで6連戦やってくれたら嬉しいが、一刻も早く巨人が優勝することを望むのだ。

ウラ番組でパのCS、サッカーのACL浦和vsガンバ大阪と花盛り。待ってろよ西武!
0

2008/10/21  22:38

旅には音を携えて  音楽

移動の途中や待ち時間、眠る前後と旅の途上では結構、音楽聞く時間はある。
ということで今度のホーチミン行でも最近購入したCDをポータブル・オーディオに入れて
持ち歩いてました。7月にamazonで買った東芝のgigabeatクリックすると元のサイズで表示します8,980円ですが無線LANも付いて
面白い機種です。一時6,980円まで下がった時は泣けましたが、いい買い物でした。
もちろんSandy Lamも重点的に聴いてましたが
クリックすると元のサイズで表示しますNealさんの2年前に出た現在の最新作
あ〜やっぱりいいよね。Ryan Adamsの所のギタリストに納まってるがソロでもやって欲しいね。
         クリックすると元のサイズで表示します出発の前日にLIVEを見たJonも継続して聴いてました。
          心地良いピアノの調べ。
クリックすると元のサイズで表示しますこれはたまりません。オヤジは良い曲書く。
しばらく聴き続けること間違いなしです。
          クリックすると元のサイズで表示しますバックのJazzyさにJDのシブイ声が良い感じにはまってる。懐かしいウェストコースト風味もあり愛聴します。
クリックすると元のサイズで表示しますいつ聴いても金太郎飴的に似た歌があるがスモーキーな歌声が好きです。
   クリックすると元のサイズで表示します RichieのLIVE最高ですよ。Bandには娘さんもいますね。レコファンでも4,500円で売ってますが、ここは彼のHPで安く買うのが正しい行い。
2枚のCDに長いキャリアの楽曲がタツプリと。

ということで沢山聴いてました。ホテルでもチャージしたんですが、シンガポールの空港で
バッテリー切れ。柱周りに電源探したのに、全然無くてガッカリでした(涙)。
0

2008/10/19  20:06

本日帰国しました  旅行

木曜の17:25に飛び立ち、本日日曜の15:00にはランディングと電光石火のショート・ツアー。
費用も時間も先月の関西行と大差ないのが笑えます(爆)。要は気持ちなのですよ。
出不精はダメ、常に腰は浮かせて出立のチャンスを狙いましょう。
というワタシですが、ホーチミンのバイク洪水には圧倒されましたね。信号もまともに無く
道路を横断するのにもビビリましたが、それも最初のうちだけですぐに慣れました(笑)。
ホーチミンでもシンガポールでもちょっとした迷子状態に陥りましたが、こういう人の不幸が
皆さん好きでしょうから、おいおい披露しましょう。京都の二の舞にならぬようにちゃんと
書きますので。
シンガポールはスタイリッシュな都会ですが、ホーチミンはバンコクやジャカルタ、香港等と
同じように発展途上のアジアらしい猥雑さが感じられそれはそれでエネルギッシュで面白いね。
昨晩、シンガポールでSandy Lamの素晴らしいLIVEも見れました。人がいいので今年開催された
「四川地震チャリティーコンサート」にも来日し、過去にも名古屋博絡みのユーミンの
Friends of Asiaでも来日してますが、そういう所で数曲聞くだけだと本当の良さが出ません。
ワタシも過去に2004年に「日中友好歌謡祭」なんてイベントで来日した時にNHKホールで
見ましたが、ちょっと可哀想な扱いで泣きたくなったものであります。
何回か単独来日コンサートもしているのですが、予定が合わず行けてませんで、彼女のフル
コンサートを見たのは、古く1993.7.8の香港コロシアムまで遡らないとなりません。
その日の日記には、
「30分押しで始まったライヴは演劇的要素も踏まえながら2時間半タップリ、香港(歌謡)popsを
堪能させていただきました。ビートもののダンス仕様もいいが、やはりサンディはバラードだ。
言葉が解らなくとも良い歌は万国共通のもの。胸に染み入る岩清水といったもんである。
広東語のMCの多さには少しマイッタが、ムリして来て良かったと思わせた一夜であった」と
記している。
今回の感想も一緒だな〜(爆)。15年経った今もSandyの方向性に揺らぐものはない。
もしくは私自身に成長が無いのか(爆)。来月は台北、12月には北京でLIVEがあるが
これはムリだとしてもまたいつか彼女の歌に浸ってみたいと思ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
金髪のツンツン・ヘアーで登場!パンキッシュないでたちでビックラしました
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ