2008/11/19  22:52

久々の明るい話題  旅行

1/17にJALとANAが揃って1月からの燃油サーチャージの値下げを発表している。
欧米で片道11千円の値下げだから、やっと往復44千円になりました。それでもまだ高いね。
両社は世界的に見ても最高値の航空会社なので、各国の他社もそのうち値下げになるだろう。
本音を言えば、こちらの発表を楽しみにしているのです。まだまだ原油は下がっているので
4月からさらに値下がりすることが予想されている。ここんとこ手持ちのマイレージを吐き出して
繋いでいる状態であるが、もう一辛抱です。1/1にエアー・チケットをお年玉代わりに買うのも
おつでやんすね(爆)。

さあ、日にちが変わると日本vsカタール戦が始まる。普通にやれば2-0で勝てるはずの相手だが
アウェーだから気を引き締めないと。ウィスキーでもなめながら見るとするか。
しかし1:30キックオフでは、ウトウトすること必至か。何が心配って居眠りかい!
0

2008/11/18  23:09

Hey!Brother E Street Bandとの旅はまだ終わっちゃいなかった  音楽

Bruceのメール・マガジンから届いた便りです。Magicのツアーの途中に取り貯めた14曲を
「Working on a Dream」として1/27にリリースするそうだ。
来年のスーパー・ボウルのハーフタイム・ショウを最後にE Street Bandとしては封印が
噂されているが、思わぬ旅の続きに嬉しい思いです。
はたしてDannyの演奏も収められているのだろうか?いずれにしても兄弟たちの
新しい演奏に触れられるのは、至上の喜びです。
0

2008/11/17  22:38

Rockって、こういうもんだったよな〜  音楽

17時の開演時間を5分過ぎたところで客電が落ちメンバーが入ってくる。
何の挨拶も無く"I Can't Explain"が、さいたまスーパーアリーナに鳴り響いた。
最初からピートの右手は旋回全開。細身の体にサングラスにオシャレなハット姿だ。
相棒のロジャーもベストにサングラスでハンドマイクをムチのように扱う。
必殺技を持つファイターのように二人は長年培った業を繰り出してゆく。
さすがにロック・オデッセイで一度目にしているだけにのけぞる程の驚きは無いが
彼らが演奏する曲の数々は、ブリティッシュに疎いワタシでも馴染んだものが少なくない。
クラシカルなロックだが、ストーンズしかりキンクスしかり、結構好きなのです。
"Who Are You"と"Behind Blue Eyes"ではロジャーもアコギで演奏に参加する。
ギターなどいらないのに。マイク振り回すのが彼の仕事なのだ。しかし見事なマイクさばきだ。
観客も長く待っていた人が多いと見えて、年齢に関わらすオープニングから立ち続け
腕を掲げ、拍手を続ける。一体感があり、観客を見ているのも何かすがすがしかった。
終盤の"My Generation"を聴くと、モッズもそうだがパンクの親分としてのストレートさが
伝わってくる。圧巻はアンコールのトミー・メドレー。"Pinball Wizard"はカッコ良すぎるよ。
最後はピートのアコギとロジャーのボーカルというオリジナル・フーの二人でしんみりと
"Tea and Theatre"で終えた。この日はギター破壊も無く穏やかなピートでした(笑)。
フー・ファミリーとも言うべき、ギターの弟サイモン、ベースのピノ、ドラムスのリンゴの息子
ザック、鍵盤のラビットと長い付き合いだけにしっかりとしたバッキングでよかったね。
本編1時間25分。アンコール30分。客電が点いたときは、まだ19時。普段ならこれから始まる
時間だ。それでも客席は満足した顔で一杯でした。青臭い"The Kids Are Alright"は
聴けなかったが、そんなこと言っちゃあいけないよな〜。また来てくれてありがとさんです。

16th November, 2008
THE WHO AT SAITAMA SUPER ARENA

The set list:

Can't Explain
The Seeker
Anyway Anyhow Anywhere
Fragments
Who Are You
Behind Blue Eyes
Relay
Sister Disco
Baba O'Reily
Eminence Front
5:15
Love Reign O'er Me
My Generation
Won't Get Fooled Again

Encore:

Pinball Wizard
Amazing Journey
Sparks
See Mee Feel Me
Tea and Theatre
0

2008/11/16  9:45

Li−Poという空間と音楽  

昨日、天辰さんの「ゴールド・ラッシュのあとで」の本の出版記念イベントへ行ってきました。
開演17:30の前に入ると知った顔多数。その後はお知りあいが来ることも無く、20人ちょっとか。
北中正和さんの隣に座り、先だってのMaria Ritaの公演や音楽業界の嘆きなどを話しつつ
開演を待つ。World Musicについてあまり話す人が回りにいないので貴重な時間でした。
会場はセンターテーブルにカウンター2箇所とちょっと小ぶり。8畳位でしようか。
追加のイスを入れたりちょっと手狭でしたね。あまりギュウギュウになると店もお酒が
売りにくく、営業的にはどうなのでしよう。1ドリンク付で千円でしたが。
ワタシは自社も人を集めては物販や飲食で儲けてるところもあり、人ごとなれど心配でした。
多分ワタシが一番お酒飲んでたようでしたね。どこ行ってもお店に優しいワタシです(爆)。
イベント自体はテーブルの端に天辰さんと本の編集者の市川さんが陣取り、本の作成秘話と
共に掲載されている音楽をエピソードとともにかけるといった趣向で、ほのぼのしてましたね。
事前に配られたリストから5曲カットされたのは進行の手前おかしいものではない。
以前にも書いたが、本に掲載されているアーチストはほとんど既聴であり、この日も17曲の内
お初は4アーチストでした。お〜、でも比率では結構高いか(笑)。
それでも人がかけるものには新たなる発見も見出せる。自分の意思でないから当たり前だが
知っているアーチストでも親しんでいない曲もあれば、良く親しんでいる曲でも違った場所で
違ったオーディオで聴くと印象も異なるものだ。Tom Waitsのアイリツシュ・ワルツに耳を傾け
Counting Crowsの歌に若き日のVan Morrisonの影を見る。天辰さんの「出会えてよかった」
と言うWarren Zevonの"命しらず"(これはDesperados Under The Eavesと言って欲しかった)に
人知れず声を重ねていた。「Motelでエアコンのハム音を聴いている」なんて風景を
浮かべながら。ラストのBruce Springsteenの"Sandy"では亡くなったDannyのアコの音が
胸をかきむしる。素晴らしきE Street BandのBlood Brotherに感謝を!
本にサインをもらいながらも暫くは余韻に浸りながら会場に残って酒を飲んでいた。

今日、届いていたWarren Zevonの2枚組となってRe-Issueされた「Warren Zevon」の封を切る。
"Mohammed's Radio"が今流れている。「夜通しRock'n Rollを流してよ」か.....
ブックレットのJacksonとミキサー卓に並んで座り、笑い合う写真が好きです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/15  8:12

Clare & the Reasons来日  音楽

POPでドリーミンなアルバム「The Movie」を今年リリースしたクレア・マルダーのBandが
TOM'Sの招聘で来年2月の来日が決まったようだ。TOM'S久々のヒットですかね。
以前、広島の岩見君がソロで呼んだこともありますが、今度はBandで違った顔が見れそうだ。
そういえば前回は会場で買ったLIVE・CDにサインもらったような記憶がある。
新譜はまだ買ったばかりで聴きこんでいないので、あらためてじっくり聴くとしよう。
ここんとこは来日ラッシュで難しいから、来月になるだろうが(汗)。
東京は2/13@渋谷クアトロです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/15  7:23

さらば!二岡  スポーツ

アジア・シリーズが進行中なれど、世間ではFAも始まりストーブ・リーグへ突入だ。
噂された巨人と日本ハムの2対2のトレードが発表された。
以前は右にホームランを打てる右打者としてクリーンナップを嘱望された二岡もあっさり
トレードされた。まあしょうがないか、故障中に坂本が成長し守る場所もなし、おまけに
最後は山本モナとの不倫騒動。「巨人軍は紳士たれ」という不問律に逆らっちゃあ
生きていけまい。それでも選手会長があっさりと出されるのが厳しいね。
マイケル中村を取って、居なくなる上原の代わりに東野や越智を先発に回す気なのだろうか。
日ハムも打線が極端に弱いから、これは両球団にとってプラスのトレードと評価したい。
巨人は清水も金銭で西武あたりへのトレードが噂されている。かっての安打製造機も原監督から
毛嫌いされて居場所が無い。もう35才だからもう一花咲かすにはトレードで出るべきなのだ。
噂ではワタシと同じ公立の中学出身なので常に気に留めている選手だけに心配である。
それとトレードはないだろうが、天才ヨシノブも体をケアして来シーズンに望んで欲しい。
このまま終わるには惜しい選手だ。スポーツ選手は高額も取れるが明日が見えない。
0

2008/11/14  22:35

明日は  

天辰保文さんのイベントに行ってみるつもりです。こういったイベントにしては時間が早いね。

< Joyful Noise 〜 「ゴールド・ラッシュのあとで」を語る >
11月15日(土) 午後5時オープン、午後5時半スタート
会 費 1,000円 (ワンドリンク付)
場 所 Li-Po  渋谷区渋谷3-20-12 Sunx Prime Bld 2F (tel. 03-6661-2200)
        渋谷駅東口徒歩2分、東横線脇の路地太極拳道場となり
0

2008/11/13  23:22

Carole King公演中、その前に日曜はThe Whoへ  音楽

Caroleの日本公演は東京の前半を終えて、明日から大阪ですか。2時間のLiving Room Tourは
押並べて好評のようです。観客の拍手と歓声がアーチストのやる気を生み出すので、
目一杯盛り上げて来週の東京へ返して欲しいものです(笑)。なにやら11/17のSMAP×SMAPに
出演するそうで彼らが下手に絡まないことを願ってます。通訳はやはり丸山京子さんですかね。
本日の朝日の夕刊に大統領選でオバマ氏を応援するミュージシャンの記事が掲載されていた。
今回もBruce Springsteenは「一人Vote for Change」をしていた。以前みたいに大勢で
ツアーに出ることもなく、生ギターを持って応援を続けていた。Jacksonは今回はブッシュが
出ないのであからさまな応援はせず、"Running On Empty"を無断借用されたマケインに
噛み付いたにすぎなかった(笑)。
Caroleもオバマを応援しており朝日のインタビューに答えている。「Bruceみたいにはしないの。
私は個別に有権者に語りかけたの」と言うようなことだったかな。この辺RockerとSSWの
違いを見るようで面白い対比ではある。まあBruceはFolk Singerと言ってもらいたいのかも
しれないが(爆)。
クリックすると元のサイズで表示します

レコード・コレクターズを買いに帰りにタワーへ寄れば、The Whoが表紙でした。
こちらも来日公演が始まります。日曜のさいたまアリーナへ行きますので明日からDVD見たり
CD聴いたりしてちょっと予習しますか。ちゃんと記事も読んどきます。そして一緒に買ったのが
MOJOの最新号。付録CDはLeonard Cohen。この人の曲は他人がカバーした方がワタシは
好きです。K.D Langの歌う"Hallelujah"なんて鳥肌ものでしたもの。
このCDでも多彩な顔ぶれがカバーを聴かせ、おまけにしてはなかなかなものです。
本人もまたツアーをするようであり、彼の歌も久しぶりに聴いてみるとしようか。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/13  22:46

強化試合ならぬ消化試合?  スポーツ

海外組もおらず、楢崎と中沢という守備の中心を欠いた日本であり、どんな試合になるのか
と思ったら、選手を多く起用しての消化試合にしか見えませんでしたね。
スポンサーのキリンに対しての消化試合なのでしょうか。シリアは仮想カタールにしては
まともにプレスもかけてこなくてちょっと弱すぎた。そんな相手に3-1で勝ってもな〜。
長友、玉田、大久保がゴールに3発叩き込んでシュート練習にはなったか。後半入った香川は
何度もあったチャンスを外しすぎ。19才ったってピッチに入れば年は関係ないでしょ。
前回もヘッドを外していたが、今日も変わらず外していた。またもや居残り特訓か(爆)
後半は選手を替えたからか連携もまともじゃなかったね。今日出た中では、積極的に
シュートを撃とうとしていた長友とボランチとして左右に球をちらしていた中村は合格点だが、
あとはイマイチだった。海外組とガンバの遠藤がやはりたよりです。
それではカタール戦の先発を予想すると、GKが川口、DFが長友、阿部、闘莉王、内田、
MFのボランチで遠藤、長谷部、前よりのMFが大久保、中村俊、FWが玉田、田中ですか。
中沢の代役は寺田ではなくやはり阿部じゃないでしょうか。ボランチはタレントが多いが
今や遠藤と長谷部が安定して素晴らしい。中村憲も好きな選手だが二人よりは落ちるか。
FWはいつまでたっても決め手不足だが、2試合連続で得点を挙げている玉田とチェイシングに
魅力を感じる田中でしょうか。大久保は2列目でシャドー・ストライカーの役。
カッコイイ勝ち方はいらないので、どんな形でも勝ち点3を拾ってこないといけません。
カタールも日本と同じ勝ち点4だけにライバル蹴落とすチャンスです。逆だと辛いよ。
0

2008/11/11  23:29

熱狂のサンバ!サンプラザが揺れた夜  音楽

冬が深まるこの頃なれど、昨夜の中野サンプラザは熱かった。
マリア・ヒタの初来日コンサートで会場は途中から熱狂のダンスで揺れたのでした。
15分押しで始まったステージはアカペラから入り、バックが加わりサンバへと移行する。
マリアはへそだしスタイルに前がはだけた巻きスカートのいでたち。
そんなカッコでステージを右から左とステップを踏みながら踊り歌う。スカートをひらひらさせ、
健康的な太ももを惜しげもなく見せる。エロスを感じるというよりも、太陽燦燦とした
エナジーを感じます。バックはリズム隊とパーカッション2人がサンバのリズムを奏で、
ボッサ的なMPBではピアノとギター2本が奏でるメロディが歌を引き立たせる。
しかしこの日は最新作の「Samba Meu」からのサンバ曲が多くを占め、こういった
しっとりした歌は少なくってちょっと残念。まあ、その代わり爆発したマリアの姿が見れたのだ。
英語とポルトガル語のMCに少しの日本語を入れるところも高感度upです。
観客も精一杯の歓声と拍手で応えていました。手のひらの痛いこと。マリアも喜んでました。
そんな彼女だからまた来日して、次回はMPBの歌世界のLIVEを見せてくれるでしょう。
アンコール2曲を含め85分はちょっと短かったが堪能しました。
昨年来日したアドリアーナ・カルカニョットは前衛的なSSW、マイーザ・モンチは妖艶であったが、
マリア・ヒタは太陽のような明るさを見せてくれた。ブラジルの美女たちはホント多彩です。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/10  22:40

デイヴ平尾が亡くなりました  音楽

ザ・ゴールデン・カップスのリーダーにしてボーカルのデイヴ平尾が本日亡くなったそうです。
TVではGSを歌いLIVEでは外国のBandのソウルやブルースを演奏していたホントのRock Band。
その姿はDVD「ワンモアタイム」でこれからもいつでも目にすることはできる。
今月末にはJCBホールでLIVEも予定されていたが、どうなるのでしょう。
何はさておき素晴らしきRock Bandの終焉に合掌。
0

2008/11/9  23:07

あ〜負けてしもた  スポーツ

8回に西武に2点取られての2-3と逆転負け。やはり平尾か、しかし越智は責められないだろ。
2安打で勝とうというのはむしが良すぎる話だ。坂本がホームランを打ってから
24人連続アウトじゃなあ。先制したあとに1本が出なかったのが残念。
昨年はCS負け、今年は日本シリーズ負け。階段は1歩1歩上がるしかないのか。
今年はタナボタの優勝で満足しろということですかね。ただし公的には満足度は高い。
さあ来年を楽しみに待つとしましょう。その前にWBCもある。全日本モードにチェンジと。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ