2009/3/31  22:37

LIVEに行こうよ!  音楽

早いもので明日から4月。でもまだ寒いですね。今週末は桜がパッと咲くのでしょうか。
3月はあまりLIVEに行ってませんが、4月はどんどん行きますよ。月末は再度遠征です。
と言うことで行く予定のLIVEはこんなところです。

★ウォッチング・ザ・スカイ 4/4@上野恩賜公園野外ステージ 5,800円(adv 5,500円)
クリックすると元のサイズで表示します
おおはた雄一、Port of Notes、サニーデイ・サービス、キセル、ジェシー・ハリス
というメンツで土曜の昼間から夜まで花見気分で彼らの奏でる歌を聴いてきます。
難点はジェシー・ハリスが今一のところ。周りの奴らとの良い化学反応を期待です。
Thank You! Sold Out


★John Legend 4/6@SHIBUYA-AX 6,000円
クリックすると元のサイズで表示します
今風R&Bと思われてるが、意外と伝統的なSoulを感じる瞬間がある。
そんな時間が長く続くことを期待してます。


★Ben Kweller 4/7@渋谷クアトロ 5,500円
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
意外に楽しみにしてますBenさんのカントリー。しかしペナペナ鳴るスチールが無くて
あの音が再現できるのかは微妙。普通のSSWにならなきゃいいのですが。興味深々。


★Kelly Joe Phelps 4/16@渋谷クアトロ 5,500円(adv 4,500円)
クリックすると元のサイズで表示します
カントリーブルースとSSWの狭間を行く彼氏はどんなステージを見せてくれるやら。
先だってのRuthie Fosterとのパック販売で7,000円だから、単価は3,500円。
日本でこの値段で見れるのは嬉しい。ショーステージ的なLIVEはもっと増えて良いはず。


★小坂忠&Soul Connection 4/26@Billboard東京 6,500円〜
クリックすると元のサイズで表示します
忠さんはモチロン、バックが凄い。佐橋佳幸、小原礼、Dr.kyOn、高橋幸宏。
ユキヒロはフル・ステージでドラムス叩けるのか。これは見ものだ。
古い曲から新しい曲までいろいろ聴けそう。新譜を聴いてからいかないとね。


★Bob Dylan 4/28@Cardiff International Arena £48.75
クリックすると元のサイズで表示します
遅刻しないように祈っていて下さい。この前見たのもメルボルンだし、日本来ないよな〜。
ウェールズのオヤジ達はどんな反応をするのでしょうか。日替わりの曲目だけに
この日は何を聴かせてくれるのかな。


まだまだお楽しみは尽きません(爆)。
0

2009/3/30  22:27

旅人再び立つ  旅行

小出しにリークしてますが、GWの前半に久しぶりにヨーロッパへ向かいます。
先だってソウルよりスタートしてますが、英国航空でロンドン・ヒースローを4/28in、
5/5outと久しぶりに放浪に値する長さであります。何とか入国審査を1時間で抜け、
レディングまでバスで行き、電車でウェールズのカーディフまでたどり着きたい。
19:30のBob DylanのLIVEに間に合うかは微妙です(汗)。まあ海外でon timeに
始まることなんてないだろうとのんびり構えてます。スタンド席買えなかったので
ぎゆうぎゅうのアリーナで何とか居場所を見つけないと。その日はカーディフ泊まりか。
翌日は電車でマンチェスターを目指すと思います。4/28.4/29とチャンピオンズリーグの
準決勝の1st legがある。この日はマンUとポルトの勝者のホームゲーム。
当然マンUの順当勝ちのはず。まかり間違ってポルトが勝つようなことがあれば
ロンドンに戻って次の目的地のノルウェーのベルゲンに向かうとします。
そうするとCandi Statonが見れるんだよね〜。しかし多分マンチェスターに
行くようになると思います。相手はアーセナルとビジャレアルの勝者ですが、
アーセナルが順当に勝つとチケット高騰するでしょうね。当然普通に買える訳も無し
チケット・エージェンシーかダフ屋が頼りだから、行っても買える保障は無いですね。
何せ予算が200ポンドですから。いずれにしても来週の準々決勝の1st leg見て
心を決めないと。マンチェスター行ったら夜行バスでロンドンへ戻り、4/30オスロ経由で
ベルゲンへ入るとします。もしかするとオスロに居て、夜行列車でフィヨルドを
観光しながらベルゲンへ入るかもしれない。4/30にベルゲンに入っていればBergenfestで
Angie Stoneとか見てるでしょうね。そしてフィヨルド観光してから5/1はJackson Browneが
待ってます。Jacksonのスケジュールを追って、このFesを知ったしだいです。
翌日にはJD Southerも出るので、早く来てJacksonと合流してくれないですかね。
Mark OlsonとGary Lourisも翌日居るので後ろ髪を引かれるが、ここは5/2の早朝に発ち
ミラノを目指します。5/2の夜はサンシーロでインテルの試合があり、5/3の15:00からは
トリノでユべントスの試合がある。ミラノからトリノまでは電車で1時間半たらずだ。
5/3はマドリードでクラシコ(レアル対バルサ)もあるが、5万円位は平気で値段が
付いているからちょっと突撃は辛い。落ち目のセリアAで定価で2試合見れるのなら
迷わずチョイスか。5/4はベネツィアへ日帰り旅行して、夜はミラノでPJ Harveyが
LIVEをするようなので戻って見るつもり。翌日、ミラノからヒースローへ 飛んで
成田へ戻ってくる予定。ロンドン往復のエアーとDylanとJacksonのチケット位しか
まだFIXしてないので、少しずつ固めてゆくつもりだ。
0

2009/3/29  17:48

F1開幕、ビックリの結末に  スポーツ

不況のあおりを受けてホンダが撤退し、最近までチームの行き先が見つからなかったが
ディレクターのロス・ブラウンが買い取ってブラウンGPとして船出した。
サーキットでのプラクティスにほとんど参加できないままに、ぶっつけ本番に近い状態で
オーストラリアに臨んだのに、予選でまさかの1−2ポール奪取。まさかと思ったが、
荒れたレースも幸いして、結局は1−2フィニッシュは大ビックリでした。
こんなことってあるんですね。F1も毎年のようにレギュレーションが変わるので、
序盤は思わぬ展開になることも多い。見ている方も少し戸惑う。新機能のカーズって何?
またまたターボみたいな加速機能が付いたのか。そしてでかくなったフロントウィングで
接触多数。タイヤは昨年と同じでソフトとハードを1回は交換しなければいけないようだ。
とりあえず次のマレーシアでフェラーリやマクラーレンなどのビッグネームが
どう巻き返しを図るかも楽しみ。中嶋一貴もリタイアしたけど調子は悪くなさそうだ。
ところでブラウンはBROWNでなくBRAWNと綴るのを今日初めて知ったのでした。
0

2009/3/29  11:10

予選はホームで勝ち点3を取るのが全てなのだ!  スポーツ

昨晩は深酒のため、そのままベッドへGO。
先程、テレビ・新聞・ネットの情報を遮断して録画しておいた日本VSバーレーン戦を見る。
相変わらず点は中村俊輔のFKによる1点という得点欠乏症は続いている。
まあ、バーレーンが引いた体制で多くの選手をゴール前に貼り付けていたのでは
しょうがないところもある。しかし前を向いてボールを持たせないよう徹底されていたな。
もっと突っかけてFKを貰わないといけなかった。後半の得点も玉田のドリブルから
貰ったFKからの得点だったことから、ハーフタイムで修正されたのかもしれない。
それと戦前の情報では、引いた相手に対しミドルシュートを撃つとのことだったが
ほとんどなかった。これじゃあ相手は安心して引いていられる。遠藤が専守防衛で
前に顔を出さなかったこともその一因か。だとすればその役目は長谷部なのだが
調子が今一なのか途中交代するようでは問題だ。0−0なら橋本ではなく中村憲剛が
出るところだったろうが、1−0だったから守備的に橋本だったのだろうか。
個人的には中村憲剛と阿部を非常に買っているので、彼らが出れない状況が歯がゆい。
阿部なんかサイド・バックやらせても長友よりも機能すると思うが言いすぎだろうか。
後半のカウンターで内田が一発決めていれば文句は無いが、1−0で終わったことで
得点を取るという課題は残ったままである。高原が沈没して以来、日本のFWは
俊敏性で勝負となっているが、ボールが収まらないのでMFが追い越す時間が
足りないように見えてしまう。田中、玉田、大久保の3人が故障した場合は心配だ。
文句を並べたがホームで勝ち点3を取ったのは万々歳である。これで99%は
南アフリカへの切符は確保された。最終戦になるメルボルンのオーストラリア戦で
勝って、セルジオ越後をギャフンと言わせることを切に願うしだいだ。
0

2009/3/28  11:34

そろそろ本格始動か?  音楽

6月にイタリアあたりでライ・クーダー&ニック・ロウ名義でブッキングがされている。
フラコ・ヒメネスとライの倅も同行するようなので、楽しいステージになるに違いない。
こういうのをワタシ的にはTOM'Sでやってもらいたいのだが、ムリか。
ならばニック・ロウ繋がりでスマッシュの日高社長お願いします(笑)。
昨年あたりからライもアッシュグローブの記念コンサートやサンフランシスコでの
ニックやケルトナーとのLIVEで徐々にLIVEに対するリハビリは進んでいると思う。
これは日本で見るラストチャンスだとワタシは思っているのだ。来なきゃ行くか(爆)。

クリックすると元のサイズで表示します

本日、天辰さんのイベントが渋谷であるのだが、酉さんがHFCで故津田さんを偲んで
音楽かけて一杯飲もうと仕切ってくれてるのでそちらに向かうとします。
今夜の日本vsバーレーンのW杯予選は帰ってからビデオ観戦するとします。
0

2009/3/27  23:31

タイ料理を食べながらRuthie Fosterをゆったりと聴く  音楽

本日、表参道のCAYでRuthie Fosterを聴く。開演時間の19時に滑り込むも、
まだ始まるそぶりもなしと。「お好きな席にドーゾ」の声に、前方のテーブル席に座る。
通常はタイ・レストランだがここのLIVEで飲食をサーブされる環境にあるのは初めてだ。
だからかいつもとはちょっと店の印象も違う。まあ久しぶりに来たせいもあろうが。

ほどなく現れたJohnコバ氏が合流し、食事をしながら濃い目の話をしながら開演を待つ。
タイ風かっぱえびせん、ビーフン風ヤキソバにカキのオムレツでビールを2杯でした。
45分も過ぎてやっとRuthieが出てくる。嬉しいことに、ドラムスとベースのリズム隊がつく
BANDスタイルである。皆女性のかしまし娘。皆さん肉厚のお嬢さんで、ドレッドをきめる。
ベースはヒューストン、Ruthieもオースチンとテキサス娘だが見た目はジャマイカンだ。
Ruthieは声量もありソウルフルに歌い、時にアカペラで歌うとゴスペルっぽくもある。
オースチン系のLucinda WilliamsやTeri Hendrix、ワタシの大好きなPatty Griffin等の
カバーを歌うと何故かSSWぽくて黒さは消え去るのでした。
ワタシは多彩なパーカッションを扱うドラマーの女性にも感心しましたが、
Ruthieの弾くギターの音色も心地よいものでした。ブルース系は意外に少なかったか。
アンコール・ラストの"No Woman No Cry"もあまりレゲエっぽくなかったね。
日本で演奏することを楽しんでいるように感じましたが、観客がもうちょっと
コール&レスポンスしてあげると良かったかもしれない。
いみじくも、Johnコバ氏が「ちょっと後半は一本調子だったね。生真面目さは感じたけど、
もっとルーズにやって欲しかった」と言ったことが結構的を得ていたのかもしれない。
新作と前作中心の105分。まあ、ワタシはそれなりに彼女達の演奏を楽しみました。

来月のKelly Joe Phelpsとのパック販売でチケットは格安の3,500円、飲食しても
6,500円とリーズナブルさが嬉しい。帰りがけに招聘元のバッファロー・レコードの
ダグラスさんに、ご祝儀がてらに「よかったですよ」と声をかけてきたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/24  23:58

見事な優勝でした  スポーツ

期待はしていたが、こんなにうまくはまっちゃっていいのでしょうか(笑)。
韓国との対戦ももう見飽きたが、2勝2敗で勝ち越したほうが優勝は分かりやすかった。
まあ、アメリカまで行く必要があったかは疑問ですがね(爆)。
3-2であっさり終わらせず、9回同点延長にされて決勝点をたたき出したのが
今シリーズ今一だったイチローだったのもドラマでしたね。
その点ダルビッシュも立派な演出家だったのでは。藤川の調子は悪かったのでしょうか。
キューバもアメリカも破ってるし、立派な優勝です。しかしV2できたのは大したものだ。
0

2009/3/22  20:33

一気に最終稿もUp  

頑張って旅日記の最終稿もUpしました。これで次に進めるか(爆)。

今NHK・BSで吉田拓郎が歌ってる。元気そうに見えるけどホントにツアー止めちゃうのか。
0

2009/3/22  14:04

旅日記upしました  

Midnight Train To Boston Part3をupしました。カテゴリーの「旅日記」からお入り下さい。
一気にFinalと行きたい所ですが疲れました.....近日公開ということにさせてください。
もう1ヶ月ですか早いですね。と言いつつも先週も韓国へ行ってたのですが(爆)。

韓国といえばWBCの準決勝10-2でベネズエラを破ったみたいですね。
日本もアメリカを破って再度決勝での日韓対決ですか。
韓国に勝ち越しての優勝もいいかもね。
0

2009/3/21  17:45

暖かな陽気に誘われるように  音楽

本日、昼のマチネ公演として楽しみにしていた二階堂和美のLIVEを見てきました。
家から歩いて15分の六町駅から、つくばエクスプレスに乗ること10分。
流山セントラルパーク駅は畑もちらほら見れる閑散とした住宅地だった。
いかにもローカルな感じがしましたね。ちなみに我が家は東京でこちらは千葉県。
途中抜けた八潮とかは埼玉だから、ほとんどボーダー・タウンてことですか。
道行く人の会話からは、スペイン語さえ聞かれ......てなことはありません(笑)。

駅から歩くこと10分余り、会場のアンティグアを発見。カフェ&ギャラリーを
名乗っているが、着いてみてビックリ。民家をそのまま使用しているのでした。
それも結構古風な作り。入口で代金3,800円を払いランチボックスを受け取る。
中へは靴を脱いで入り、イスやテーブルと共に畳の部屋もあったのでした。
新参者にかぶりつきは重荷なので3列目のイス席に陣取る。ランチボックスの
サンドウィッチなんかをほおばりながら開演を待つ。その間にビール2本を
追加オーダーして準備OK。いや、昼間の酒は効きますね。ちょっとほろ酔い気分です。

13時を5分位過ぎたところで二階からアコギを持った二階堂さん登場(シャレです)。
MCが天然系で明るい人でした。確か実家は広島のお寺のはずですが、天真爛漫です。
まずは"思い出のアルバム"から歌い始めたが、いやいい気持ちになりました。
「ニカセトラ」はカバーアルバムですが、いやあいい歌が日本には沢山あるもんだ。
大竹しのぶ"みかん"なんて渋い曲もあれば、歌謡曲の"話しかけたかった"(南野陽子)や
"夏のお嬢さん"(榊原郁恵)なんてのも楽しい。特に後者はアレンジが素晴らしく
突き抜けた感じが元歌と違った旨みをかもし出す。"蘇州夜曲"は原曲の良さを維持し、
プリプリの"世界でいちばん熱い夏"はあらためてよい曲だったと思ったしだいです。
しかし一番気に入ったのは"せぷてんばぁ"。この曲クレージー・ケン・バンドの持ち歌と
いうことだが、彼女が歌うと柔らかくセンチメンタルな曲として心に響いたのでした。
CDには無かった"初恋の丘"(由紀さおり、渋谷毅作の名曲)や"春一番"(キャンディーズ)
なんてのもあったのがLIVEのおいしいところ。そんなカバー曲に混ざって数曲演奏された
彼女のオリジナルは、カバー曲と違い声量を生かしたり洋楽の香も漂わせるものだった。
しかしそれらも微妙にアクセントとなっていた。他のCDも機会を見て聴いてみるとしよう。
そうそうFrairground Attractionの"Perfect"なんて洋楽カバーもあったっけ。
一人での弾き語りで、ミスタッチや歌詞の間違えもあったが「ごめ〜ん、間違えた」と
彼女が発せば、会場の雰囲気がより和んだのでした。終始ニコニコ顔で、目は時には
無くなる位に細まり、「やっぱこの人お寺の子だ」とこちらの顔もゆるみました。

2部構成の1時間50分。予想以上に楽しんで大満足で帰ってきたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
日経新聞1/25の記事ですが、これ読むと実家で僧侶もしているとのこと。マイッタ合掌!
0

2009/3/20  16:53

韓国に快勝、次は借りのある米国戦  スポーツ

本日は祭日ということでゆっくりとWBCの観戦ができました。
予想も当たり韓国に6-2と雪辱。ただ大人の日本チームは旗なんかを立てたりはしない。
初回に先制された時は「マズイ」と感じたが、すぐに2回に同点ホームランを打った
内川は殊勲功でした。同じ回に片岡のテキサス・ヒットで逆転もしたし。
田中の失投をホームランされて同点にされても、次の8回に勝ち越すなど主導権は常に
日本のものだった。しかし青木が頼もしい。攻撃では彼が日本のキーマンになっている。
このまま行ってMVP取るんじゃないだろうか。しかし村田の怪我は残念だ。
選手層の薄い横浜に取っても痛手だ。大矢監督怒ってるんじゃないでしょうか。
怒っていると言えば、村田に代わり栗原を緊急招集される広島のブラウン監督も
しかりであろう。原監督とあらたなる抗争勃発か?
次はLAのドジャース球場へ場所を移してのアメリカ戦。前回、疑惑のジャッジで
負けているだけにリベンジのチャンスである。また松坂の快投が期待される。
しかし日本が韓国に勝ち1組の1位となったことから、準決勝は月曜日となり
TV観戦が難しいのが何とも残念。おまけに決勝も火曜日だし。
決勝を週末に持って来れないあたり、噂されるように米国でのWBCの評価は
冷ややかなものなのかもしれない。「そんな国に負けてたまるか」である(爆)。
0

2009/3/19  20:56

来た来た前回の再現だ  スポーツ

本日、キューバに再び5-0と勝ち、いよいよ明日韓国と4回目の対戦だ。
予想通り岩隈ががんばってくれた。イチローも2本出たので大丈夫だろう。
明日の先発は内海らしいが、先制するまで踏ん張るのが指名である。
うっかりしていて、明日勝てば決勝だと思っていたのだがここから1.2組のタスキがけの
準決勝ということらしい。つまり韓国に負けてもベネズエラに勝てば決勝に行けるという。
こんなに負けてもいいのかい?前回もそうだったのだが。
ここは韓国に雪辱して1組を1位通過し、米国を撃破して決勝進出。
もう決勝で韓国に当たるのは沢山だから、ベネズエラに出てきてもらって優勝だ。
そして盛り上ったままペナントレース入りしてガッポリと稼がせてもらうとしよう(爆)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ