2009/4/5  23:15

ローコスト・キャリアの魅力  旅行

月末の欧州行を控え、休みになればせっせと旅程を決めている。
4/7のマンUのベスト8の結果も気になるが、4/30にLondonからBergenへ入るのは
コスト高なので夜行列車でOsloから向かう事とする。ここで威力を発揮するのが
ローコスト・キャリアだ。アイルランド生まれのライアンエアーは使う空港が遠かったり
整備時間が短いなど悪い噂もあるが、とにかく価格が安い。Webでのチェックインも
EU外のパスポートでも15日も前から受け付けてくれるから余計な手数料がかからない。
荷物は機内持ち込みだけだから、チケット代とハンドリング代しかかからない。
LondonとOsloはTAX等もサービスで何と15ポンド(2,300円)。少し位市内から遠くても
エアポート・バスでどこでも行けるからOKでしょ。OsloはTorpってホントは違う町の
空港ですから(爆)。23時過ぎの列車でOsloを出れば、翌朝7時前にはBergenに着くから
8時のフィヨルドめぐりの船には間に合うはず。列車も割引で199クローネ(3,000円)だから
安いッス。夕方18時にはBergenに戻ってこれるから、19:30のJackson BrowneのLIVEに
間に合うでしょ。深夜2:00まではBergenfestで無料のLIVEもあるから、時間つぶして
4時のバスで空港向かって7:30のWidero便でOslo・Torpに戻るとします。
これはちょっと高くて640クローネ(9,800円)だが、3時間待ちの乗り継ぎで再び
お安いライアンエアーでMilanまでが149クローネ(2,300円)。ここも空港はベルガモか。
ここまで3日はベッドに寝れなそうで、ちょっと汚いが匂うほどではないでしょ。
ということでここまで昨晩予約しました。フィヨルド行は船と電車で1,123クローネ
(17,200円)かかるが、ここはケチるところではない。これもそのうち予約しないとね。
先週、PJ Harveyのチケットも買ったし、ミラノの宿泊もExpediaの3泊5,000円割引の
クーポンをGetして三ツ星3泊で13,084円。中央駅近隣で1泊4,400円はGoodです。
帰国のロンドン・ヒースローまでもミラノ・マルペンサ空港からルフトハンザで59ユーロ
(7,300円)と新路線割引でラッキーくん。ここまでは身を削りながら安くしようとしてます。
パジェッターとしての真骨頂。日本にも早くJetstarに次ぐ本格的なローコスト・キャリアが
上陸して欲しいものです。セリエAのサッカーチケットは7〜10日前にならないと
ネットでリリースされないからFIXはちょっと先ですかね。マンUは25ポンド払って
会員になってExchangeあたりを狙った方がいいのかも。4/7過ぎて考えますか。
後はイギリスとイタリアの電車やバスも必要なら順番に予約しないとね。
面倒くさいが、この面倒くささが旅人の至上の喜びなのである。M気です(爆)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ