2009/4/18  17:04

NumberのFW特集は読み応えあり  

一昨日買ったNumberを休日の今日読む。得点力不足が謳われる日本サッカーで出るべくして
出た特集記事だ(笑)。となると出てくるのが釜本邦茂である。日本サッカー界不世出の
ストライカーとヤンマーの後輩でもある森島とライターの戸塚氏との対談は読み応えがある。
やはり小兵のFWは物足りなく、大型のポストマンが世界と戦う上では必要なのだろう。
しかし特集記事を読み進むうちに、現在の記者の多くが釜本の現役時代を知らないということに
愕然とされる。そういう時代になったということか。彼らはカズやJリーグ時代のサッカーしか
知らないのだろう。我々、メキシコ五輪の銅メダルを知る世代にとって、釜本の右45°からの
ズドンは強烈な印象だ。そしてイタリアで活躍する若き怪物、森本も代表に召集される日が
待ち遠しい。セリエAで出場を続け、点も少ないながら取っているのだから、一度は
岡田監督には試してもらいたいものだ。
リーグ終了後の6月に期待である。W杯にはまだ1年あるので十分時間はある。
そして流浪のストライカー、福田健二だ。今はギリシャの2部にいるがどこのリーグでも
コンスタントに点を取り続けている。かっての鈴木隆行を思わせる存在だがこいつも
一回位呼んでみるのもどうなのだろう。海外の屈強なDFを相手にして仕事をしている二人は
Jリーグの日本人FWとは違ったスタイルを見せてくれるような気がする。
ブンデスに行った大久保にも期待だが、いかんせん出場機会に恵まれないのが残念だ。
なまじチームが優勝争いしているのがあだとなってしまっている。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ