2009/5/6  19:59

速報 Photo Gallery   旅行

取り合えず写真で速報なんざを

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Bob DylanのLIVEはCardiff International Arenaで行われました。£45.25(約6,700円)。
オープニングは"Rainy Day Woman"。フロアはスタンディングでした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
カーディフ城からミレニアムスタジアムを望む。下はオールドトラフォードのモニュメント。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
マンUのホーム、オールドトラフォード。CL準決勝アーセナル戦レストラン・パッケージで
£119(約18,000円)。前日にカーディフのホテルにシーズンチケットが届く。マンU勝利。
当日隣席のAllyに返却。ゴール裏2階だが悪い買い物とは思っていない。ダフ屋より安い。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
オスロはちょっとパリを思わせるモダンな街だった。この時期ヨーロッパの日の入りは
どこも20:30以降と時間が有効に使えました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
オスロでのTom RusselはSoldOutだったが地元のオッサンに原価のK200(約3,000円)で
余り券を譲ってもらった。下は翌日行ったフィヨルドの風景。雪渓が雄々しい。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
フラムまでのフィヨルド巡りはこのボートで。そしてフロムからミュールドールまでは
山岳鉄道のフラム鉄道で風景を楽しみながらベルゲンを目指したのでした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ベルゲン名物の世界遺産ブリュッゲン。そしてJackson Browneを見たグリークザーレン。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Jacksonのポスターを発見して一安心。バックコーラスの立ち位置が左に変わってました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
チケットはK485(約6,700円)。段差があって見易いホールでした。髭は剃ってましたね。
バイキングの末裔達はおとなしく聴いてました。下はミラノの名所ドゥーモ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ミラノはサンシーロでのインテルvsラッイオ。イブラヒモビッチの活躍でインテル大勝利。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
チケットはネットでイタリア語を翻訳しながら購入。€36(約4,700円)。
下は翌日行ったヴェネチアへ向かう中央駅のユーロシティ。約2時間半の旅でした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ヴェネチアは噂通りの水の都。通りのゴミ箱に5/8のJackson公演のポスターを発見。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ヴェネチアの名所サンマルコ宮殿。日曜でもあり人でごった返してました。
下は翌日ミラノの寺院を回っていた時に見つけたコリント式柱。ローマ中心なので珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します
このピザリア・レストランには二日も行っちゃいました。宿にも近く安価でGoodでした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
大ラスはミラノのオーディトリウムでPJ Harvey & John Parishを見ました。€46(約6,000円)。

詳細は旅日記をお待ち下さい。
6

2009/5/6  14:53

本日帰国してみれば.....  

キヨシローが亡くなっていた。これは悲しい(涙)。昨年二月の大復活祭後、夏のツアー前の
再度の休養。11月のMG'SのLIVEに飛び入り出演を繰り返していただけに、復帰も間近
かと思っていただけにショックである。前のビジネスクラスの席に覗く日本語紙の文字から
「あ〜逝っちゃったんだ」と思ったしだい。盟友のチャボの思いはいかに。

もとい、長らく日本を離れイギリス、ノルウェー、イタリアと旅をしてきたのだが
過酷な移動を乗り越え、予定を消化して帰ってきました。まだまだタフな自分ですが、
片目をつぶっても旅できるアメリカと違い、ヨーロッパはそれなりに緊張が高まる。
何せイギリスは英語でポンド、ノルウェーはノルウェー語でクローネン、イタリアは
イタリア語でユーロだからね。このあたりもおいおい旅日記で。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ