2009/5/31  22:14

LIVEに行こうよ!  音楽

4月、5月と足繁く通いましたので6月は少しクール・ダウンでしょうか。
それでもBillboardやBlueNoteで気になる黒モノもありますので、何本かは行くつもりですし
ヤフオクで落札できればイレギュラーで行くこともありましょう。
ということで6月の気になるLIVEはこんなところです。

★Crazy Eyes 6/2@Rocky Top

白井師範のカントリー・ロック・バンドCrazy Eyesも都合が合わず
2回ほどスキップしてますが、この日は行けそうです。
POCOの曲をやらせたら今や本家POCOより良いグルーヴが聴けます。
何せRusty Youngはあまりペダル・スティール弾かないからね。


★仲井戸麗市 6/13@南青山マンダラ 6,700円
クリックすると元のサイズで表示します
マンダラのマンスリー最終回は梅津サンをゲストに迎えての開催。
5月はキヨシの追悼LIVEのようになったらしいが、6月はどんな趣になるのか?
この日はワタシのBirthday、ふっきれたチャボの歌が聴けることを願ってます。
生ける者は前に進んでいかないと。


★Raphael Saadiq 6/26@Blue Note Tokyo 9,450円
クリックすると元のサイズで表示します
去年出したアルバムが何ともカッコイイSoulだったので、是非生歌が聴きたいものだ。
しかしチケット代がいい値段だから、いまだ悩んでいる。行くとすれば6/26の2部かな。


★En Vogue 6/30@Billboard東京 カジュアル7,500円〜
クリックすると元のサイズで表示します
先日、土岐麻子のLIVEに行った時に帰りに50%off券を配っておりましたので、
行ってみようかと思ってます。1F自由席の半額だと4,750円で見れるのかな。
オリジナル・メンバーのリユニオンということで、彼女達のファンクネスが
堪能できるはずなのだが。行く場合は6/30の2部でしょうかね。

ということで黒モノ2本は行くかもしれないし、行かないかもしれない。
とりあえず明日は映画の日なので「天使と悪魔」でも見てきますかね。
0

2009/5/31  21:53

ベルギーにも4−0で快勝  スポーツ

先日のチリ戦に続き、本日のベルギー戦も4-0と快勝してキリン・カップに優勝。
いままでの得点力不足がウソのよう。まあ、これは相手と戦術で変わるので眉唾だが。
本日はチリ戦から大きく選手が入れ替わったが、中村憲剛は引き続きトップ下で使われた。
FWを3枚揃えるよりもミドル・シュートも枠に入れられる、中村憲剛を選んだのだろうか。
田中が故障で出られないのも一因かもしれないが、はまった感はいなめない。
1点目のアシスト、2点目の得点と結果を出していれば、岡田監督もウズベキスタン戦でも
使うことだろう。まあ、ボランチが遠藤と長谷部で固まった今となっては中村憲剛も
このスタイルで生きる道を見出した方がよかろう。本家中村俊輔も右の基点となり
追い越していく内田をうまく使ったり、スルーパスを出すなどさすがである。
長友も悪口を言っていたのだが、今日は守備の手抜きもなく攻撃でもいい飛び出しを
繰り返していた。FWも低くて早いクロスに岡崎と矢野が1点ずつ取って結果を出した。
矢野の定着で巻の出番はなくなるが、日本に取っては好結果のはずである。
俊輔がインタビューで言っていたように、20分過ぎてからスローダウンしたことが課題か。
今日のように早めに点が取れればいいが、取れない場合後半30分過ぎてからの
スタミナが心配である。ドイツでのオーストラリア戦の二の舞は御免である。
いずれにしても土曜のウズベキスタン戦はアウェーなれどあっさり勝つような気にさせる
キリン・カップの2試合でした。
0

2009/5/31  8:02

う〜負け越しか  音楽

昨日はラフォーレ原宿の「LAFORET SOUND MUSEUM 2009」を聴きに行って来ました。
15番と早い整理券でしたので2列目でハイネケン飲んで見てました。

トップはメリッサ・ラヴォー。何の知識も持たず臨みましたが、黒人のカナダ人のSSWで
現在はパリを中心に活動中。ウッドベースの人と二人で演奏を続けるが、曲が単調で
すぐに飽きてしまいました。ビールも利いて所々ウトウトしてました。45分、お義理の拍手で
「早く終わらないかな」と思ってましたよ。女性SSWに甘く、ブラックにも甘いワタシとしては
珍しいと自分でも思ったしだい。まずは●でのスタートか.....。

次いでカヒミ・カリィ。以前、細野サンの還暦LIVE@日比谷野音で見た時は1曲だったので
柔らかな印象しかなかった。ところが本日は1時間の演奏の中、フランス語と英語での歌と
バックの大友良英/ジム・オルーク/山本精一の音響派達とのコラボが何とも心地悪かった。
確かに大友はテクニックもありエフェクターを駆使しての演奏は聴く人によっては
素晴らしいと思うのかもしれないが、ワタシはこういう無機質な音楽はイマイチ苦手。
カヒミ・カリィの歌声もアンビエントで長くは聴いてられない。これも●でしたね。
ということで2連敗で早くも負け越し決定.....トホホ。

で、最後のモリアーティ。これはレトロな中にも雑多な音楽が入り混じって楽しめました。
英語で歌った所をみると英語圏の人達なのでしょうがギター2本にベー、ドラ、ハーモニカに
ボーカルの女性。カンペ見ながらの日本語MCも交え、お客を楽しませると共に
自分達も演奏を楽しんでる様が感じ取れた。パリ発のキャバレー・ミュージックとの
触れ込みであるが、とってもいい感じ。ドブロも効果的に使っていた。
この日のだれよりも大きな拍手を受けていたのは、体が固まっていた聴衆がダイナミズムを
求めていたからだけではないだろう。アンコール3曲を含め75分。やっと○が来て
気持ちよく帰ることができた。ありがとう、モリアーティ!

これにて長かった5月も終了です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ