2009/6/6  22:12

amazon.co.jpには宝が眠っている  映画

時々amazon.co.jpの各種バーゲンを覗くのですが、先週DVDのセール品の中に
The Coen Brothers Collectionを見つけた。「ファーゴ」「赤ちゃん泥棒」
「ミラーズ・クロッシング」の3本セットで998円。1本単価333円ですから即買い。
コーエン兄弟もいつのまにか売れっ子になりオスカーも取るような名匠の仲間入り。
「ノーカントリー」なんてカルト映画だと思うのだが、時代も変わったもんだ。
彼らの映画は未公開LDでの初作「ブラッドシンプル」から何本か見ているが、
インディペンデントな作風はメジャーで撮っても基本的には変わらないような気がする。
この3作品はどれも未見であったが、どれもクセのある画でしたね。
先週末に「ファーゴ」と「赤ちゃん泥棒」、本日「ミラーズ・クロッシング」を見ましたが
コメディ・タッチの「赤ちゃん泥棒」が一番のお気に入りか。ただしコーエン兄弟の
作風は陰が溢れたシニカルなものだろうから、「ファーゴ」が一番彼ららしいのかもしれない。

こんな格安DVDは常時ストックされていて、天気の悪い週末には良い友達となっている。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/6  21:45

待ってました  

「人は心の中の檻に獣を飼っている」なんて、我が青年期に結構な影響を与えた
北方謙三のハードボイルドの諸作品ですが、ある時期から時代物にうつつをぬかし
すっかりハードボイルド作品から遠ざかっていた。
そして唐突にリリースされた「されど時は過ぎ行く」。”ブラディー・ドール・シリーズ”と
”約束の街シリーズ”の続編であり、登場人物も懐かしく本日一気読みでした。
昔の正統派ハードボイルド風味やニューシネマ的な袋小路の青春な感じは薄れており、
登場人物達の会話のやり取りがハードボイルドを気取りながらも妙に温かい。
もはやジャンル分けすることのない小説という表現だけでよいのだろう。
「水滸伝」や「三国志」の方が稼げるのかもしれないが、ホーム・グラウンドへも
時々帰ってくれるのをワタシは待っている。次はもっと短いサイクルでね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/6  9:51

インフルエンザは沈静化したのか?  ニュース

ここんとこ話題から遠ざかりつつあるが、新型インフルエンザは沈静化しているのなら
いいかげんに政府発で声明を発表してもらいたいものだ。
何せ、弊社では5月に渡航の自粛令が出ており、発祥地へ行ったものは帰国してからの
10日間のマスク着用を義務付けている。人の楽しみ奪うなよって感じですわ。
GWにヨーロッパから帰国した時に、早速渡航先と日程の提出を人事から求められた。
これってかなりな個人情報だと思うのですが......。沈静化の発表が待ち遠しい今日此の頃。

昨日、ポルカでの待ち合わせの前にFree Flow Ranchへ立ち寄る。深田BOSSは今年の
秋の連休にアメリカへ行くそうだ。ダラス経由でオースチンまで車で疾走するようだ。
「オースチンはどこ泊ります」と尋ねられたので、「ダウンタウンにはあまり安いところが
ないから、街道沿いのモーテルですかね。裏通りにBUSも走っていて帰り道はタクシーでも
$50位で泊れますから。ただFesとかの時はタクシーもつかまらないからね。あとは北の
大学の方になるのかな」なんてトラベラーとしてひとくさり。
「そのころいいLIVEがなくて」なんてお話になっておりましたが、Texas地区はイマイチでも
ワタシが考える東地区は結構好みが組める。あ〜早くUSAへ自由に行けるようにして頂戴。
5連休に2日前倒しで行けるのが望みです。

9/17 Aretha Franklin@New York
9/18 Loggins&Messina@Glenside
9/19 Dave Matthews Band@Camden
9/20 Joan Osborne@Glenside

NYにIn-Out陸路でPhiladelphiaを根城に3本、悪くないと思うのですが。
チケット買っちゃって自分を追い込むのも一つの考え方か。Daveはもう芝生席しかないし。
まあ、その前に欧州旅日記を書くのが先ですね(笑)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ