2009/12/15  1:28

オー カナダ  音楽

宇田師匠のDJに顔を出してきた。久々にLuke Gibsonが聴けたのが嬉しかった。
このアルバムがリイシューされないかと願ってます。彼がいたケンジントン・マーケットは
リイシューされてるというのに、何とかならないのか。カナダ特集ということで何枚か持参し
K.D.Langなどをかけてもらった。明治大学の先生がフランス語の曲の講義をした後で
すかさずChris Stillsの"Fanny"をかけてもらった。これってThe Bandの"Weight"の
フランス語バージョン。それなりに受けてましたね。Kathleen EdwardsやLucinda Williamsの
LIVEを3度ずつ見てることを自慢して帰ってきました。結構酔ってます。もう寝ます。
1

2009/12/13  23:15

Singer-Songwriter Circle  音楽

アメリカで何度か見ているスタイルにSinger-Songwriter Circleというものがある。
SSWが数人ステージに上がり、順番に歌い継いでゆくものだ。時に他の人がコーラスや演奏を
サポートするものもある。時々不思議な化学反応が見られ、こういった時に接するのは楽しい。
今年Bostonで見たEmmylou Harris、Patty Griffin、Shawn Colvinのステージもこれである。
今「Legends & Lyrics Vol.1」なるDVDを見ているが、これもそんな映像を納めた1枚だ。
出演してるのはKris Kristofferson、Patty Griffinそして元AlabamaのRandy Owenだ。
RandyはAlabama時代の曲をアコギでネイキッドに歌う。Krisも最近はパーマネントの歌手に戻り
渋い歌を聴かせてくれる。今年リリースした新譜でもJohn Prineのように枯れた声が聴ける。
これも結構お気に入りの1枚になっている。そしてPattyは近年のお気に入りのSSW。
この映像でも愛すべき"Up To The Mountain"やDixie Chicksが歌った"Top Of The World"が
聴ける。アメリカ行かずに茶の間で見られるのが嬉しい1枚でした。

0

2009/12/13  18:52

週末はいつもお疲れ  

本日も部屋の掃除で腰が痛いです。天井掃きをすべく部屋の荷物を外に出すのが一苦労。
出したら出したで、整理をしながら戻すので時間が凄くかかる。気持ちキレイになった
気はするが、捨てなければ根本的に物量は変わらない。LDプレーヤーを廃棄したのに
ディスクはまだあるし、何年も見ていないビデオは邪魔なだけ。しかしこれをダビングするには
相当の時間を要する。こまめに見ながらダビングするのが一番なのだろうが、なかなかね〜(笑)。
二ヶ月ほど買わずに整理することも必要かもしれないが、それに反して先週もカートに入れた
荷物が何件か届く有様。こんな悩みを持ってるのはワタシだけではないはずです(爆)。
それではTVでも見ながらCDをソフトケースに詰め替える作業でもしますか。
今週末に賀状と窓拭きをある程度できれば、楽しく旅に出かけられるはず。

明日は隣村の御茶ノ水はWoodstock Cafeで、U田師匠のDJがあるようなので行くつもりです。

0

2009/12/13  6:17

何のためにスペインまで  スポーツ

ビルボードから戻り一眠りして4時に起きる。バルサとエスパニョールのダービー戦を見る。
中村俊輔はベンチ・スタート。前半はエスパニョールはいいとこなしで、ほとんどバルサが
ボールをキープする。PKの1点だけで済んだのはまだ運がよかった。バルサのパスサッカーは
ほんとに美しい。ただしメッシを負傷で欠いており、ツメが今ひとつか。イブラヒモビッチは
もうすっかりフィットしている。大型だか足元が柔らかい有能なFWだ。今年の5月にインテルで
見ているが、チームが代わっても変わらずよい仕事をしている。ミラノで「イヴラ〜」と
叫んでいたファンは残念がっていることだろう。交換で入ったエトーも良い選手だけどね。
そんなイブラヒモビッチもスウェーデンがW杯予選敗退で南アフリカへ行けないのです。
前半はそんな具合で1-0でホームのバルサがリード。エスパニョールに3枚のイエローが
出ていたので、後半は中村の出番もあるかと思ったのだが......3枚の交代に名前なし。
試合も1-0のまま終了。これじゃあ何のためにスペインまで行ったやら分からない。
レアルやバルサと対峙するのを楽しみにしていたのに、どの試合でもスタメンを外れている。
そしてこの日は出番なし。チーム自体も5連敗で監督ポチェッティーノの更迭も噂されている。
ここは監督が代わって再びヨーイドンの方が、中村にはチャンスかもしれない。
レアルともバルサとも、もう1度は対戦することができるのだから。このままシーズンが進めば、
リーガに移籍した意味がなくなっちゃうから。まずは地味に練習で信頼を勝ち取るしか
方法はないのだろうが。
0

2009/12/13  5:41

あっという間に終了....  音楽

麗蘭のビルボード公演。予想された以上のサプライズは感じられなかった。
ドラムスが変わって古い曲もアレンジ変えてリフレッシュとチャボは言うものの、
それ程の変化はなし。まあ、いつも通りにMCを交えて続けてゆく。
しかし通常3時間を越えるLIVEをしてきただけに、クラブでの2ステージは辛い。
本編約1時間、着替えを含めての長いブレイクの後のアンコールを入れても90分が精一杯。
ノリの良い"Get Back"で終えたが、あっという間に終わっちゃった感じ。
そんな具合で大好きな"今夜R&Bを..."もやらずじまい。不満だ。昨年から"時代は変わる"を
やらなくなったのも不満だ。1年間の新聞読みをかっては楽しみにしてたんですけど。
あれやると長くなるからムリなのは分かるけれど.....欲求不満が残るLIVE。
チャボはまたビルボードでやりたいようなこと言ってたが、来年は是非AXに戻って
長々と聴かして欲しいと切に願う。

0

2009/12/12  18:37

WILCOのチケット確保  音楽

本日、WILCOの来日公演の前売日。高い手数料のe+をぶっ飛ばせと、スマッシュの直営店
岩盤へ乗り込む。10時開店の前に着けば渋谷バルコ・パート3の前にはもう列ができている。
ちょっとあせりましたが、彼らはセールなのか開店と同時に上の階へと上がっていく。
ワタシは地下へ降り、岩盤へ行くと2人しか並んでいない。ということで指定席は
扱っていないものの、1Fスタンディングを難なくゲット。余計な手数料のかからない6,800円。
昔は朝刊見てウドーのバンまで整理券もらって、乃木坂までチケット買いに行ってたものです。
何となく懐かしい行為でした。やはり足で稼ぐのが基本ですよ、基本。

その足で湘南新宿ラインで大船まで。親父の墓掃除がてら、姉さんに立て替えてもらっていた
香典代を払いに行ってきました。いい天気で暑いくらいだが、昨日の雨で枯れ葉がへばり付き
掃除が思いのほか大変でした。まあ、建立者として名を留めている身ですからしょうがない。
姉さんはギックリ腰をやったといってちょっと辛そうだった。まあお互いいい年ですからね。
相変わらず家や庭に手をいれ、金掛けてるのにはあきれる。庭は寄付でやったそうですが。
お茶飲んで話してても来客が絶えずで、1時間程度で退散16時には帰ってきた。
ぴあを見たら、指定はないもののWILCOのチケットはまだ残っていた。売れてないのかな?

それではそろそろビルボードへ麗蘭を見に行くとしますか。

0

2009/12/12  7:26

そろそろ年末恒例ベスト10  

まだまだ片付けものも多いが、12/22から香港へ旅に出る予定ですので
そろそろ今年のベスト10の下書きも始めないとと思ってます。
今年は映画もそれなりに見てるのでベスト5は選べるかな。
あと恒例のCD新譜と再発・発掘、DVDにLIVEとあります。
帰国後まとめて出すか、その前から五月雨式に出すかは未定。
いずれにしても今年を振り返ることはしておきますので。
0

2009/12/10  21:19

良い曲満載  音楽

昨晩は渋谷クアトロにDiane Birchを見に行ってまいりました。入口付近にマキさん発見。
懸賞当選のロハということで羨ましいね!遅れてきたヒデさんと共に見てました。
19:30という変な時間帯に、前座にMat KearneyなるSSWが急遽合流との不安なニュース。
思いの外満杯の会場。クアトロでこんなに混雑するのに出くわすのもほんとに久しぶり。
カウンター席も椅子をはずし、翌日に追加公演も出る人気だ。もっと大きな会場の椅子席で
見たいというのが本音である。定刻の19:30に出てきたMatはアコギを抱えて歌いだす。
どっちかっていうと東海岸のSSWみたいなノリである。声はCostelloみたいなちょっと
蓄膿っぽい感じ。ま〜可もなく不可もなし、平均点でしょうか。ワタシ的には今二つ。
35分はちょっと長く感じました。ピアノを弾いたときには、Dianeのバンドのギタリストが
サポートしたが、これがまた蚊の泣くようなチープな音でがっかりでした。

横にあったエレピを中央に移し、5分程度でDianeが出てきたのには驚いた。転換早や!
バックはチープなギタリスト君にリズムセクションにトランペットが1管加わり、彼女は
ピアノとエレピを弾いて歌う。これがなかなか素晴らしいかったのです。CD聴いてても思ったが
捨て曲がない。ワタシの今年のベスト10入りは決定的だ。そこはかとなく感じるCarole King
風味のポップ・サウンド。時にそれはゴスペル・タッチも秘めている。
スローな感じの曲から後半は弾けた感じの"Vaientino"などで会場を盛り上げた。
アンコールでは季節柄"Jingle Bells"も歌い、最後はスワンピーな"Don't Wait Up"で締めた。
Leon RussellのShelter Peopleみたいで何ともカッコよかったね。でも1枚しか出してない
新人さんだから75分はしょうがないか。なかなか良い曲書く人なのでこれからも楽しみです。



会場では情報通のJk氏にも遭遇。逢うなり「Dylan来春濃厚」と囁いてきた。
今までもFuji Rock、昨年のJCBと濃厚説を囁かれてきたが、今度は三度目の正直となるのか、
はたまた二度あることは三度あるになるのかは分かりません(爆)。しかし決まれば高いよ。
Dylanは二つのプランを天秤に掛けて取ったほうをGoらしい。さて日本へは来るのか。
国内三ヶ所ツアー・プランのようであるが。ワタシは今年ウェールズのカーディフで6.7千円位で
見てるからね。高い金払って見る気はあまりしない。ピアノ弾く後姿だったけど(笑)。
どうせなら自分と関係ない場所でやってくれた方が助かるよな〜。
ということでヒデ&マキといつものように反省会して帰ってきました。

ヤフオクに入れてた12/13矢野顕子は落札せず(涙)、12/17の鈴木祥子が落ちました。
大滝トリビュートでカッコよかった祥子さん。Rockするってんでこれもまた楽しみです。
1

2009/12/10  0:49

これも青春の1ページ  

一説によるとサッカーとF1のネタは不評とのことだ(涙)。
しかしこれもワタシにとって大事な青春の1ページ、これからも書きますのであしからず。
来年のGWにはバルセロナに行って中村俊輔のエスパニョールとバレンシアの一戦を見ると
心に決めている。また、その頃にRandy Newmanがヨーロッパツアーをするのを発見。
5/4にバルセロナでの公演もあるようだ。旅程を変更して1日滞在を伸ばせば見ることができる。
変更費用が1万円ほどかかるが、これは変えざるをえないだろう。週末にBAにコンタクトを
取ることとしようか。

素敵だったDiane BirchのLIVEについては今晩書くことにします。
0

2009/12/7  22:13

さらばお世話になった雑誌たち  旅行

週末の小掃除でF1関連の古い雑誌にサヨナラを告げた。ソニー・マガジンで出してた
観戦ガイドには90年代初期に初めて訪れた海外のサーキットでは結構助けられている。
当時はまだまだインターネット前夜、数少ない雑誌や単行本は貴重な資料だったのだ。
何せ初めて行ったF1がスペインのバルセロナ。会社の10周年表彰を使って、勇躍
アメリカ経由で乗り込んだのだ。確か初めてだったのでJALのワールドプレイガイドで
チケットは買ったはず。マドリードのJAL支店で受け取り、夜行電車でバルセロナへ向かった。
雑誌によれば市内から電車で行けると書かれていたはず。カタロニア・サーキットまでは
アクセスも良かった。それは中嶋悟の最終年だった。決勝レースを見た後で、エスパニョールの
サッカーも見てからマドリードへ戻った。

翌年はマイアミ経由でブラジルのサンパウロへ飛んで、インテルラゴス・サーキットで
F1を見ている。この時も近くまで地下鉄で行ってシャトルが出ていると書いてあったと
記憶しているが、普通の路線バスに乗って行った。ポルトガル語の表示を勘を頼りに行った。
土、日と現地のダフ屋と筆談でのチケット交渉は冷や汗ものだった。倍位出したのだろうか。
当日券はなかったようだった。決勝レースは土砂降りとなり、何台もの車が1コーナー付近で
スピンを繰り返しリタイアしていった。後列からスタートしたアイルトン・セナは奇跡的に
生き残り、地元で優勝を遂げた。ウィニング・ランの途中で観衆がなだれ込み、セナは
セーフティー・カーに箱乗りしながらグランドスタントに帰ってきた。
ウソのような話だが空には虹がかかりセナを祝福しているようだった。これには感動した。
そんなセナも数年後にはサンマリノで悲劇の死を迎えている。その後サンマリノへも赴き
セナの後継者となったシューマッハーがフェラーリの地元で勝利するのを目にしている。
「F1サーカスを回れば15ヶ国は行けるか」と始めた旅だが、あとはイギリスとカナダしか
行けなかった。そんなF1も寂しい話しか聞けなくなってしまった。日の丸も遠くなった今
来年はどんなレースが見れるのでしょうか。正直心配しております。

0

2009/12/6  15:32

連日お掃除でお疲れ気味  

師走の声を聞いて初めての週末ということで、せっせとキャビネを中心に大掃除に入ってます。
CDやDVDも少し整理して中古屋へ送付。たいしたモノはありませんのでご心配なく。
事前に書くと「リスト送ってちょうだい、欲しいのあったら買いますから」なんて人が出てきて
面倒なのでこれはなしにしました。本日も古着を3点ばかり、近くにできたリサイクルショップに
持ち込む。550円.....まあ良いんです多分着ないものですから、限られたスペースは有効に
活用しないと。それでもさっぱりしないので、昨日から再びCDのソフトケース詰め替え作業に
入ってます。そんな具合で資産の消化にもなかなか入れずじまい。
疲れたので今日はこれでお終い。CDかけてウィスキーでも舐めながら本でも読むとします。
今週末は墓掃除がてら大船の姉さんの所へ行く予定。天井掃きと賀状までかかれればベター。
0

2009/12/5  9:05

W杯ドロー決定!  スポーツ

眠い目こすってグループリーグ抽選会を見ていた。
「お〜オランダと同組か。この間の前半なみの力続けば楽しみ、でもちょっとキツイ」。
「あ〜カメルーンきちゃった。南米の弱そうなとことやりたかった。エトー止められるか?」。
「ポルトガル来ないでくれ〜、デンマークでヨカッタ。このチーム良く知りませんが(笑)」。
ということでオランダ、デンマーク、カメルーンと同組のE組。まあ最悪とは言わないが
厳しいことには違いない。初戦のカメルーンに負けたらアウト。引き分け以上で目が残る。
オランダ3戦全勝で三つ巴になるが、オランダ2勝してカメルーン戦となると操作できるから。
だから日本は一戦も落とすつもりなく戦わないと。初戦勝てれば面白いのだが。あと半年か。

各組ではA組メキシコ、フランス、B組アルゼンチン、ナイジェリア、C組イングランド、米国
D組ドイツ、オーストラリア、E組オランダ、日本(希望)、F組イタリア、パラグアイ、
G組ブラジル、ポルトガル、H組スペイン、チリを押す。
韓国、カメルーン、コートジボワールなんかもチャンスは一杯か。G組の北朝鮮は辛い組だ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ