2009/12/5  0:43

More Blow Up David  音楽

仕事を終え開演の15分前にブルーノートへ滑り込む。ところが前の方にまだ空きが有り
右側の一番前の席に運良く座る。ポテトとギネスが届くとすぐに客電が落ちる。
10分押しでスタート。スタイリッシュにDavid Sanboneはきめているが、顔は歴戦の勇者のごとく
年輪を感じる。その演奏も幾分枯れを感じる。ベー、ドラにギターとキーボードをバックに
ブロウする。しかしイマイチ抑えた演奏に聴こえたのは気のせいだろうか。
バックが抑えた演奏の時は心地良く聴こえるが、バックが目一倍奏でる時は随分と引いた
演奏に聴こえたものだ。「もっとブロウしてよデビッド」と叫びたいものでした。
聴衆は押並べて好印象のようだったが、ワタシはもっと吹けるだろうと感じていた。
ということでイマイチでした。75分。アンコールでリッキー・ピーターソンが歌うブルースの
バッキングは結構いけてましたね。

ブルーノートを後にし、池袋の定例会に合流。小規模になった今日だが、毒ガス吐いて
23時に散会、家路に着く。

あと1時間もすれば来年のW杯の抽選会がある。明日は休みだしこれ見てから寝るとしますか。
0

2009/12/4  0:28

さんざんでした  

12月に入って仕事でてんぱってます。ワタシ位事務処理能力の高い男はいないと思いつつも
今日も少〜し残業になってしまいました。でもって帰途につけば、竹ノ塚駅で人身事故があり
電車はノロノロ運転。やっと北千住に着けばバス停は長蛇の列。こんなシーンは珍しい。
電車が北千住止まりらしく、バスに活路を求めた人で溢れてる。やっと乗れば今度は駅前の
ロータリーから日光街道に抜けるまでが大混雑。ということで2時間もかかってやっと家に到着。
まあ1年の内にはこんなこともありますか。疲れました......。
明日はブルーノートにDavid Sanboneを聴きに行って来ます。
0

2009/12/2  20:09

ついに中国進出?  音楽

ヒッチコックを見直そうかと思い、アマゾンを叩くとBOXUが2,500円なんて安値で出ている。
みればどうも中国からの出品のようだ。倉庫のデッドストックかお得意の海賊物かは不明だが
案内には国内正規盤とある。他にも見れば興味あるものが随分とある。送料が1点当たり
400〜800円程度かかるが、まとめて落札すると送料もボリューム・ディスカウントとなる。
そんな具合で何回かに分けて結構買い込んでる今日この頃。安物買いのなんとやら。
ほとんどビョーキ。年末年始と埋もれて眠るか(爆)。
「吉田拓郎 歩道橋の上で」(800円)、「ヒッチコック・コレクションBOX7枚組」(2,500円)、
「ブレードランナー25周年5枚組」(2,500円)、「マリリン・モンロー12枚組」(3,501円)、
「ディバーテッド3枚組」(1円!)など。ほとんどまだ見れてません(汗)。

なにより嬉しかったのが「続・人間万葉歌~阿久悠 作詞集 CDBOX5枚組」だ。
続編の赤箱の方だが1,400円に送料入れても1,900円。今、封を開けて1枚目を聴いている。
昭和の大作家は下手なカタカナや英語を使わずに機微のある日本語詩を綴る。
たまに聴く歌謡曲も良いもの。ことのほか新沼謙治の歌う「おもいで岬」がイイ。
こんな良い曲だったかとあらためて思ったしだい。小林旭、石川さゆり、森進一といい歌一杯。
分厚いライナーブックと共に楽しんで聴くとしよう。重松清の記した「星をつくった男
阿久悠とその時代」という本も買っちゃったので、これも年末年始のお楽しみ。
残念ながら前作の青箱は何度かトライするも落札できずにいる。まあ、3千円以下で
落札しようとしてるからムリもあるか(笑)。まあ何とか今年中にはね。
それでも飽きずに中国詣でをする毎日です。
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ