2010/1/3  21:20

そろそろ始動  

皆様、あけましておめでとうございます
お年賀メールなど戴いた方にもこの場を借りましてお礼申し上げます。
今年も健康に留意して1年過ごせればと思います。たまには遊んで下さいね。

三が日はタラタラと正月らしく暮らしております。
それでも昨日は西新井大師に初参りにも行ってまいりました。
早いもので明日から仕事、週末にはLIVEにも顔を出すつもりです。
今年も内外と足繁く通うつもりです。今月の予定は明日にでもカキコします。
今年の音盤初聴きはTheComplete Motown Singles Vol.1でスタート。
それからAli Ollie Woodson、Phillip Mitchell、The Marvelettesのソウル系、
Kris Kristoffersonの5枚組と酒飲みながら聴いていました。

重松清の「星をつくった男−阿久悠と、その時代−」を読み始めたので、彼の作詞集
「続人間万葉歌」も改めて聴き始めた。前編は今だヤフオクで落札できませんが、
残り香とも言えるこの続編もなかなかいいんですよね。本も読みながら時々グッとさせられた。
今の邦楽って歌詞が耳に入ってくるものって少ないですよね。何かチマチマしているし。
そういう点で作詞家でも作曲家でも職業作家が確立していた歌謡曲って素晴らしかった。
横文字のない歌詞も新鮮です。きれいな日本語推進委員としては古の歌謡曲にも耳を
貸すことをお勧めいたします(笑)。
先程、ロバート・パーカーのウェスタン「ブリムストーンの激突」を読み終えたが、
同氏のスペンサー・シリーズ最新作「プロフェッショナル」までは到達できなかった。

TVはほとんど見ずに本読む意外では「ブレードランナー」のDVD BOXを見ていたが、
これもボリュームが凄くて、今だ5枚中3枚しか見れていない。まあ、じっくり行きますか。

元旦恒例の天皇杯サッカーはガンバ大阪のアグレッシブさがたくましかった。
特に遠藤は素晴らしかった。これ見るとボランチよりももう1列高い位置で代表でも
やらせたくなる。スピードはさほどないが、ボールの持ち方とバランスがいいんだよね。
年末のNumber誌でもW杯の展望をしていたが、ポジションのテストも時間のあるうちに
やっておくべきである。同誌で言及していた長谷部の右サイド・バックも面白い。
イエメンにはB代表で向かったが、だれか新戦力が出てこないかと期待はしている。
今年の6月に南アフリカへ行くことはないが、夜な夜なTV観戦を楽しむつもりです。
今朝のバレンシア戦に中村俊輔は後半途中から出たが、今ひとつ核には成りきれていない。
5月にバルセロナへ行くつもりですので何とか自分のポジションを確立していて欲しいものだ。
代表としても試合に沢山出てないと、いくら中村俊輔でも使いにくいでしょ。

ということで今年も1年趣味人として生きたいです。もちろん仕事もちゃんとしてますので(爆)。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ