2010/1/14  20:45

黄金世代の逆襲はあるのか  スポーツ

ワールドカップ・イヤー、Bチームはもういいでしょうと昨日対ベネズエラ戦と
東アジア選手権の代表が発表になった。イエメン戦でのハットトリックの平山が
入ったのは予想通りだが、注目するのは鹿島の小笠原でしよ。
ドイツW杯以来、ほされていたとしか思えない小笠原がこの時期に召集。微妙です。
小笠原だけでなく、海外組の小野と稲本も清水と川崎に移籍。黄金世代といわれたメンバーも
虎視眈々と南アフリカ行きを狙っている。誰もが実績から言えば現在の代表組と遜色なし。
これから半年の実績で逆転代表入りも可能とは考える。年は関係ないでしょ、どれだけ
機能するかが肝心。「代表0勝3敗」なんて雑誌も出るくらいだから、まだまだ変化は必要だ。
ベスト4のお題目はいいが、出場チームの中では最下層に属するのは事実だという事も
自覚しないと。まだまだ黄金世代は必要だとワタシは思っているのですが。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ