2010/7/29  23:06

ちょっと風邪気味...  

今週早々から、ちょっと風邪気味である。左の鼻がつまったり、鼻水が出たり。
市販薬を飲んでいたが、今日は喉が腫れっぽくて、体がだるいので診療所で薬をもらってきた。
そんな具合で、マリーナ・ショーもベン・シドランも行かずに自重していた。含み資産か(笑)。
土曜にはFuji Rockへ行くからね。明日には気合(+薬)で全快に持っていくとします。
1

2010/7/28  22:23

京浜ロックフェスティバル2010 出演者発表  音楽

なのに、あの人の名前がない.....Levon Helm。無料の投げ銭と聴いた時からダメと思ってた。
ということで、気を取り直して発表となった人を見ると。

SHEENA&THE ROKKETS、あがた森魚、久保田麻琴&鈴木茂、越路姉妹、SAKEROCK、
スカンク兄弟と原田郁子、東京ローカル・ホンク、トクマルシューゴ、にせんねんもんだい、
オニ(ex.あふりらんぽ)、ラキタ、清水宏、東京天水連が現在のラインアップ。
う〜ん、少し小粒ですね。リハビリ中の茂、愛しの原田郁子、ボガンボスも連れて来てねラキタ
このあたりですかね。追加の出演もあるんでしょうね。期待してます。

ということで10月は盛りだくさん。10/1のNed Dohenyに始まり、10/4 Mose Allison、
10/8 Geff & Amos、10/9 CHABO、10/10京浜ROCK、10/11 World Beat 2010と集中してます。
あと、Billboardで鈴木祥子とかDr.Johnもあるのよね。ま、先に楽しみがあるのは悪くない。
0

2010/7/27  22:53

アーリー・チェックインでサンアントンへGo!  音楽

日曜にオースチンのラディソン・ホテルへメールを出した。「オースチン空港へ12時に着くので
ホテルへは13時には着く。13時にアーリー・チェックインさせてくれないか」と。
今日、メールの返答が来た。「13時までに部屋を用意しておく」と。これで決まった。
Texas Tornadosを見にSan Antonioへ行こう。15:45のGreyhound Busに乗れば、17:25に
San Antonioに着く。アラモへ行ってから、リバーウォークを歩いて、メシ食ってから
会場のSum's Burger Jointへは充分間に合うだろう。開演は20:30か。と言うことで先程
チケット買いました$23.25。約2千円か、安いね。帰りは日にちの変わった8/14の1:55。
Austin着は3:40か。Bus Depotからはタクシー乗って帰るか、1番バスを待つか。

初日は結局シカゴにいるつもり。火曜は無料の現代美術館へ行って、テラスで行なわれる
これも無料のJazzでも聴いてから、ホワイトソックスの野球を一番安い席ででも見ますか。
それからUncommon Groundって店で演奏する女性SSWでも見るつもり。これもFree Charge。
Jessica Robbinsってお姉ちゃんだが、ちょっと聴いた感じは悪くなかったね。
まあブルース・クラブへ行くのもありだが、いずれにしても初日はあまり暴走しないつもりだ。
0

2010/7/26  22:31

銀河系から巨大な星が消える日  スポーツ

昨日、レアル・マドリードのグティの退団会見が行なわれた。そして今日にはラウルの
退団会見も行なわれるという。共にユースの時代からの生え抜き選手であり、長くレアルの
栄光の歴史の中にいた。バルサと共にレアルは有力選手を買いあさり、共に年齢が33才と
なった今、ロナウドやカカに押し出されるように退団となった。しかしラウルの得点感覚は
スペイン史上最高のものであり、グティのパスは天才の名を欲しいままにした。
まだまだできる彼らであり、戦いの場をグティはトルコへ、ラウルはドイツに求めるとの噂だ。
まだ昨年中村俊輔がいたころの、エスパニョール戦で見せたグティのスルーパスは凄かった。
今年5/2にサンティアゴ・ベルナベウでオサスナ戦を見た。残念ながらラウルはベンチ外
だったが、グティは後半途中から出て逆転勝ちに貢献した。グティがピッチに入った時の
歓声の大きかった事。だれもが生え抜きの選手に対する思いは強い。彼は引退後、レアルで
何かできればとも会見で話したらしい。ラウルは会見で何を話してくれるのだろう。
イエロがいなくなった時も寂しかったが、彼らのいない次のシーズンは寂しすぎるゾ。
0

2010/7/25  14:47

Soulへの溢れる愛  音楽

暑い夏、用事がなければ週末は部屋で冷房かけて音楽かけて本読んだり、ビデオみたりと
怠惰な生活が一番です。午前は冷房は控え、多少は汗かいてもエコしませんとね。
適当にカートに入れておくと、忘れた時にブツがやってくるので、いつでもそこそこ
未聴なCD、ビデオ、本などの資産は豊富です。先週も金曜に3個まとめて着てました(汗)。

今春にJacksonと来日したSheryl Crowの新作「100 Miles From Memphis」が届いた。
amazon.jpで810円。ええんかい、こんな値付けで!
ホーンが鳴る曲が多く、コーラスもソウル風味とロックというよりもソウルっぽい曲が多い。
表題曲のようにメンフィスから100マイル位はなれた程度のソウル。あ〜こういうの好きです。
彼女流ブルー・アイド・ソウル・アルバム。ラストのボーナス曲でJackson5"I Want You Back"を
やってるように、ツアーのバック・コーラスも勤めたMichael Jacksonの一周忌に合わせ
たのかのようなリリース。ソウルへの感謝と愛情溢れた1枚で、なかなか素敵です。


0

2010/7/23  6:29

ロック度高し  音楽

中野サンプラザで初めてのクラムボン体験。開演の18:30に間に合うが、結局は15分押し。
サポートがいるのかと思っていたら3人で出てきた。リズム隊とキーボード。ビックリした。
Youtubeなどで動画も結構見たのだが、ライヴはアバンギャルドで音圧も凄くロックしていた。
これは予想以上だった。原田郁子のボーカルにまかせることなく、ミトと大助のリズム隊の
たたき出す音がうねっている。スロー、ミディアムな曲は予想の範囲だが早めの曲は
ニューウェイヴっぽくもあり、普段聞いている音楽とはちょっと違った感じだった。
ただ悪い意味でなく良い意味で。本編ラストなんてもはやプログレの域に達していた。
3人のMCも暖かく、仲良しバンドの感じもうかがえる。観客も若い、最初から総立ちで疲れた。
130分余り、ゲストのラッパーの2曲もあり、知らない曲が大半だが飽きることはなかった。
3人組なれど結構引き出しの多いバンド。9月は野外ということで、さらなる開放感が
生まれる可能性もある。それまでにもう少し聴き込むとします。
0

2010/7/21  22:30

clammbonに参戦  音楽

矢野顕子をはじめとした天然系のボーカリストにまいってるワタシです。最近では二階堂和美。
そしてクラムボンの原田郁子もそんなひとりである。と言いつつ彼らのCDとか持ってない。
いったいどこで聴いてるんだ(笑)。彼女の出た舞台見に行ったのは去年のことだったろうか。
7/22のサンプラザと9/5のオープンシアターEAST、ヤフオクに入れておいたら両方落ちました。
それも3,500円と2,500円と結構安価でした。もちろん席はそんなに良くないがGoodです。
とりあえず明日行ってきます。夏休みだからか18:30と早いスタートなので、18:00に速攻で
出てなんとか間に合うか。10分位押してくれると助かります。郁子、ミト、大助のトリオに
サポートでギターやキーボードも入るのだろう。まあ、じっくり聴いてきます。
ここんとこYoutubeを少し眺めてるが、これからも少し予習します(爆)。

0

2010/7/20  23:29

Lilithがこけて悩み増大  音楽

Lilith Fairのスケジュールが縮小されて、ワタシの来月のアメリカ行も視点が定まらない。
はっきり言って困ってます。こんなことならNashville近辺に居たのに......。
と言うことで8/11 CSN/Tom Petty@Atlanta、8/12 CSN/Tom Petty@Nashville、
8/15 Jackson Browne@Atlantaそして8/15のMLB@Atlantaと最初の予定と何ら変わってない。
8/10@Chicagoは相変わらずメジャーなものはない。まあ、White Soxの野球とかBlues Clubに
行くのも悪くない。しかしちょっと足を伸ばしてMilwaukeeまで行けば、Dave Mason/
Steve Miller Bandなんてのがある。行くのは可能でちょっと惹かれるが、Chicagoの宿は
キャンセルできないから5.2千円位捨てることになる。$100の持ち出しってとこか。
チケットも良いとこ残ってないし、少しもたつけばデブメは見れないだろう。
これは初日だけにムリしない方が、後々良いかもしれないと思ってる。出でよChicago Live!
で Lilithにだまされた格好のAustinである。8/14はLilith流れのCorinne Bbailey Raeが
La Zona Rosaであるのでチケット押さえた。Fuji Rockに来るのだが7/31じゃないしね。
まあ2,500円位だから良しと。8/13にCactus CafeでButch Hancockを見つけてまず一安心。
ここで止めておけばよかったのだが、さらに検索しちゃったらSan AntonioでTexas Tornadosを
8/13に見つけちまったのが運のつき。Augie Meyers and Flaco JiménezにDoughの倅の
Shawn Sahm。San Antonioまで2時間弱だから、Chicago-Milwaukeeと同環境。
こちらも行けるだけに困ります。おまけにAustinの宿がキャンセルできないのも同条件。
ただしこちらは夜遅くもBus便があるので、泊らずにAustinに早朝へ戻るのは可能だ。
朝帰って土曜の昼まで寝ててもいいかも。Butch Hancockは8/14もやるから、
Corinne Bbailey Rae捨ててこちらへ行く手もありか。これはかなり惹かれてます。
持ち出しは$65ってとこですから、ChicagoはおとなしくしてAustinでのアクションが濃厚か。
まあ、2.3日良く考えるとします。



0

2010/7/19  17:10

3連休ももう少しで終了  音楽

いや〜のんびりしてます。今日は巨人も勝ったし。しかし投手陣の夏バテは続く。
あと2試合でオールスター中断になるので助かります。ここで少し休んで建て直しと。

昨晩はTOMO先生とFuji Rockミーティングがてら、大井町のグルーバーズ・パラダイスで
コンフントJを聴きに行ってきた。旧知の酩酊爺さんの店であり、こんな機会にでも
稼がせてあげないとね。本格的なTex-Mexはなかなか聴けないが、関西特有のユルイMCと
共にボタン・アコーディオンやバホセストの音を楽しませていただきました。結構飲んだので
お店にも貢献したでしょ(笑)。店もそろそろ1周年。帰りは寝込んで一駅乗り越して戻る有様。
そう言えば会場に来ていたM原A子さん、下北の店をたたんだそうです。商いは難しいね。

「野球もサッカーも両方好きなのって珍しいよね」とTOMO先生に言われたが、「そんなこと
ないでしょ。まめおさんもボール蹴ってたらしいですよ」なんて返していた。
ワタシは右足ぶっ壊れて持久力ないもんで15分しか走れないから、するのは間合いのある
野球が好きでしたね。まあ、早くから文系となっておりますが(笑)。
W杯だけのにわかファンも多いし、Jリーグができたからのファンも多いが、年長の人は
大体が1968年のメキシコ五輪での銅メダルがそのきっかけではないだろうか。釜本は凄かった。
当時はメキシコ五輪を目指していたのは、川崎のぼるの「アニマル1」のレスリングだけと
思っていたのでしたが(爆)。当時、ワタシは10才、日本リーグでのTV中継も良く見るように
なりましたね。今や辛口評論家となっているセルジオ越後も、もちろん覚えてます。
その前にヤンマーに釜本の相棒としてネルソン吉村ってブラジル帰化選手もおりました。
東京12チャンネルのダイヤモンド・サッカーでW杯や世界のサッカー見せてもらって、
ペレなんか知ったのか。1970年のメキシコW杯の準決のイタリア戦でベッケンバウアーが
脱臼した腕をテープで固定してイタリアとの延長を戦った試合が印象強い。
当時の西ドイツはごっつかった。1FCケルンで晩年のゼラーやオベラートが来日したのも
夢のようだった。1974年のW杯で優勝した西ドイツチームがワタシの心のベストチームです。
相手のオランダのクライフも凄かったが、マークするフォクツのしつこい守備で守りきった
決勝戦はLIVEで夜中に見ていた。
今日もナンバー誌を読んでいたが、同誌はW杯は週刊として速報記事を送り続けた。
その姿勢や良しである。ネットの記事で読めるものも増えているが、長尺の記事などは
やはりゆっくりと誌面で読みたいものである。同誌は写真もいいからね。
しかしサッカー記事以上に泣けたのが、ナンバーノンフィクションだ。これはいつも
目頭ウルウルさせられるものが多いが、巨人の坂本を育てた光星学院の野球部監督の物語。
泣けます。ああ、やっぱり野球もいいじゃん(爆)。

0

2010/7/17  21:57

梅雨明けの3連休  

嬉しきかな3連休。しかし暑い!午前中はガマンするも午後はクーラーつけて、
買い置きのCDかけてレココレなんぞを読んでいた。300円台DVDの「わが街」も見ましたね。
amazonでセールの格安DVDがあると、時々拾い上げている。これもそんな1枚だ。
劇中でWarren Zevonの曲が2曲使われていた。ベルリンでグランプリ取ってる1作だが、
ローレンス・カズダンの結構地味な作品ですね。

CDはこんなの聴いていた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Sharonちゃんは久しぶりの他流試合で本領発揮。この人、歌伴としても最高のアコを弾く。
特に旧友のWaterboysとは最高のコラボ。Mike Scottもこういう感じでもっとやればいい。
Crowded HouseはいつもながらのRockin'Pop。Kathyはもう少し聴き込まないと味が出てこない。
へ〜、彼女ってBilly Veraの妹なんだ。Cropper & Cavaliereの2作目はシングル集並みの
3分間ミュージック。前作以上にFelixのソウルが響くアルバム。まだまだ枯れてません。
9月の来日が楽しみです。コットンクラブでも1日やるのでそちらにエントリーしました。
Cropperも連れてきてくれないかしら。そしてHotTuna。ブルースをやりながらもスピリットは
ロック!"See Child"で聴けるJormaのアコギの音のきれいなこと。きっとJackもベースを
リード・ギターのようにブイブイ弾いてるんだろう。彼らを見たのは89年の復活エアプレイン。
そういやツナは見たことないな。JormaはThe Bandと来た時に初めて見た。彼らとの競演は
まさに用心棒って感じで、スライドギターが鋭い刀のように見えたものでした。

明日の夜は大井町でコンフントJという関西のTex-Mex聴きながら、TOMO先生とFuji Rock
ミーティングとしゃれこむ予定です。
0

2010/7/17  6:55

もっとダミ声かと思ってました  音楽

昨日、表参道FABでHirth MartinezのLIVEを見る。暑い一日であったが、彼の歌声はクール。
お酒も入って気持ちよく聴けた。ジャズやボサノバっぽい曲の数々をギターと共に奏でる。
途中、キーボードを叩く場面もあったが、押並べてギターでしたね。もっとダミ声の印象が
あったが、Dr.John程ではなかった(笑)。アメリカではどんな音楽活動をしているのでしょう?
こういった人を今だ呼んでくれる日本て、良い国だな。1部65分、2部50分てとこでした。
0

2010/7/14  22:10

事前TKO  

本日、John Smithのショーケースへ吉祥寺のStar Pine's Cafeへ赴く。開場時間は過ぎており
ソバ食ってから19:00少し前に会場入り。既に座席は満席で後ろのスペースで立ったまま
ビールを飲んで待つ。開演の19:30を過ぎても始まらず、立見スペースも混雑してきた。
すると生あくびが止まらない。これは悪い兆候である。次第に頭がボーツとしてきて
立っているのが辛くなってきた。既に10分が過ぎたが、今だ始まる気配なし。
しょうがないので場所を離れ、ステージが見えない空いたスペースへ移動。
休憩するが気分が良くなる兆しはない。初めてではないので自分では分かる、休憩して
呼吸を整えるのが大切だ。こんなとこでぶっ倒れるのもいやなので、会場を離れる。
まあ残念だか、フリーのショーケースだからあきらめもつく。特別思い入れもないからね。
そのまま帰ってきました。本日、1ラウンドTKOどころか試合開始前の棄権です(爆)。
今は体調戻ってます。明後日のHirth Martinezは何とかなるでしょ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ