2011/2/1  20:34

LIVEに行こうよ!  音楽

早ェ〜、もう2月じゃないですか。1月7本と初っ端からすっ飛ばしたからと言う訳ではないが
2月は現状3本とスローダウン。しかし2月が終わるころには結構増えてるかもね。
相変わらずヤフオクでdigしてます.......


★Al Jardine and His Endless Summer Band 2/19@Billboard東京 カジュアル6,500円〜

クリックすると元のサイズで表示します

真冬のHot SummerはBeach Boysサウンド全開。これ、結構楽しみ〜。


★MioFou/渋谷毅&小川美潮 2/20@渋谷・公園通りクラシックス 予約3,500円

クリックすると元のサイズで表示します

ムーンライダースの耽美派詩人、鈴木弟ふーちゃんと美尾洋乃のユニットMioFouに
渋谷さんのピアノと美潮さんの歌が対バンですので行かねば。


★Daryl Hall & John Oates 2/26@日本武道館 8,500円〜

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜好きですこの二人。元祖ブルー・アイド・ソウル、年は取ったがまだまた素敵。
ヤフオクで5千円落札でハッピー、おまけに端っことはいえAブロック。
この日はTP'SのOFF会も、天辰さんのイベントもあるが、武道館でHOと一緒に歌ってきます。


Taylor Swiftもまた行きたいッスよ!
0

2011/2/1  18:47

長友佑都の成り上がり人生  スポーツ

何かある移籍期限の最終日、しかし長友のインテル移籍はビックリでした。噂ではユベントス
だったが、それ以上のビッグクラブ。今年は低迷しているがセリエAを五連覇中の名門クラブ。
チェゼーナも半年くらいで大金を得たようで、良い買い物だったようだ。今期中のレンタルとも
3年半の完全移籍とも情報は交錯しているが、いずれにしても長友が掲げる「世界一の
サイドバック」へまた一歩ステップアップしたようだ。しかし、この男の成り上がりぶりは凄い。
ほんの数年前は無名の明大の選手だったのに、北京五輪、南アW杯を経てついにセリエAの
最高のクラブまで上り詰めた。まさにあっぱれな成り上がり人生。母子家庭の母親もさぞや
お喜びのことと心中察します。しかし選手はチーム戦術や監督に左右され、力を発揮することが
できない場合がよくある。2年前にインテルのファンから「イブラ〜」と大声援を受ける
イブラヒモビッチの雄姿をサンシーロで見たが、翌年移籍したバルサでは監督とそりが合わず
皮肉なことに今はインテルの宿敵のACミランで活躍している。まあ、無尽蔵のスタミナを誇る
長友はその馬力で生き場所を見つけることだろう。風貌からしてミニゴリラ、イケてます(爆)。
そして半年でリーグを変えなかったこと、監督が親日家の元鹿島のレオナルドである点も
代理人のチーム選択の妙がある。条件はそろっている、あとは左サイドを駆け上がって
エトーやスナイデルへクロスを上げるのを見せてもらうだけだ。活躍を楽しみにしよう。

そしてもう一つの大きな移籍は、フェルナンド・トーレスだろう。ここの所一時の輝きがくすみ
スペイン代表でもエースFWの地位をビジャに譲っている。ラウルから代表の座を奪った
ポテンシャルはこんなものではないはずだ。リバプールからチェルシーへの移籍が良い機会に
なることを祈りたい。チェルシーも2トップを組むであろうドロクバやランパード、テリーなど
ワールドクラスの選手が沢山いる。さて、Fトーレスの覚醒はあるのだろうか?

今年のGWもロンドンから欧州をさまよい歩く予定だが、4/30にロンドンでアーセナルvsマンU、
チェルシーvsトットナムの試合がある。4/29にロンドン入りなのでどちらか見るつもりで
画策しているが、前者のカードの方がはるかに高そうだ。後者だってロンドン・ダービーだし
両者共CLの16強に残っている好カードだ。前者は2年前にCLの準決勝をマンチェスターで
見ている。したがって今度はチェルシー。Fトーレスも加わって楽しみ倍増ですもの。
しかしまともにチケット買えるはずもなく、会員になってViagogoあたりで買うのが関の山。
で、ここはトーマスクックのホテル・パッケージを買おうかと考えている。一番安いガトウィック
近郊のホテル1泊付、スタジアムツアー付で約2万円、2泊付で約2万7千円てとこか。
サイドラインの上の段らしいが、チケット定価でも約1万円だから、ホテル代の高いロンドンを
考えればお手頃です。そして翌日はMary Gauthierを検索して引っかかったCathedral Quarter
Arts Festivalへ北アイルランドのBelfastへ向かおうと思う。ガトウィック空港から飛べば
宿からはすぐで体にも優しい。そして3日間フェスを楽しみながら、U2の"Bloody Sunday"で
お馴染みのロンドンデリーへ昼間遠出してみるのも良いだろう。「Oh! Belfast Cowboy」と
Van Morrisonを歌ったのは、The BandのRichardだったか。そして5/4の朝にヒースローに戻り、
日本への帰国便にトランジットすれば完璧(笑)。まあ、CLの勝ち上がりによっては4/30の試合が
前後されるリスクもあるが、そこはギャンブル。Belfastのフェスはだれが出るのかわからないが、
Maryは彼女のHPによると5/1にブッキングされているらしい。このフェス知らなかったので
5/2にロンドンでのClive Gregsonを抑えていたが、£11(約1,500円)だからまあ捨ててもいいか。
これに抑えてないが5/3のオックスフォードでのMike & The Mechanicsが有力だった。
でもBelfast行の方が旅人的には惹かれるのです。あと、4/30プレミア後の夜として近々新譜が
リリースされるRon Sexsmithをロンドンのバービカンホールで抑えている。固まったね(笑)。
ロンドン起点でのサッカーと音楽漬けの放浪の日々も早3年目。初年度はノルウェーとイタリア、
昨年はスペインとフランス、今年は本家イギリス。残りのソウルへのエアーは捨てちゃおうかと
思っていたが、楽しいのでやはり来年のチケット買い出しに行こうかと思い直している。
だとすれば日本人の増えているドイツ・ブンデスリーグとなろうか。来年の欧州選手権は
時期的に微妙だからGWに行くのも悪くない。まあこちらはもう少し熟考するとしますか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ