2011/2/18  22:35

Princess Taylor  音楽

そう呼びたくなるようなキュートなステージ・アクション。初来日からちょうど1年となる
同日の2/17にTaylor SwiftのLIVEを武道館で見てきました。「あんな娘っこも聴くのかい」と
蔑まないでね。可愛い上に、楽曲は自作というPop CountryのSSW。いまだ21歳の若さであり、
ステージングの勢いはすごい。18:40頃に着くとステージでは日本人が歌っていた。
オープニング・アクトがあると聴いていたが、開演前の時間にやることになっていたらしく
助かりました。ラストにThe Bugglesの"Video Killed The Radio Star"をやったのだが、
昨年トクマル・シューゴもやっていたことを思い出した。The Bugglesって結構影響大なのね。
しかし周りを見ると若い娘が多い。昨年も思ったが、女性に好かれるタカラジェンヌのごとし。

19:12に客電が落ち、カーテンが開くと2段になったステージの上段で彼女が歌いだす。
曲は最新アルバム「Speak Now」からの"Sparks Fly"だ。このアルバムはカントリー色を薄め
ロック・フィーリングたっぷりな曲が多いが、この曲もギターがよく鳴っている。バックは
リズム隊にキーボード、ギター3本にフィドルとコーラスという8人の大所帯。フィドルの女性と
Taylorがギターを弾く時は、フロントに5本のギターが並ぶ。でも、最近は彼女あまりギターを
弾かず、ハンドマイクで髪を振り乱しヘッド・バンキングを繰り返す。それ見て娘たちが
嬌声を上げる。あ〜若いって素晴らしい。次の"Mine"で彼女の弾く赤いレスポール綺麗でした。
新譜のツアーとうことで新譜からの曲が続き、Pop CountryというよりもRockのコンサートの趣。
ピアノを弾いたバラードの"Back To December"は本日初めてCountryっぽかったが、
"Better Than Revenge"はBon Joviの曲みたいで、終盤のツイン・リードの心地よいこと。
その間にお召かえでしたね。以後、お着替え多数。青いドレスに着替えポニーテールにまとめ、
女性3人でオールディーズっぽくせまる"Speak Now"の彼女本一で綺麗でしたね。
そのまま客席へ降り、アリーナ後方のミニステージへ移動。まってました、ここにくるだろうと
見ていたが、ここが南東の自席からは結構近いのだ。ここで彼女はウクレレを取り、前作の
タイトル曲"Fearless"を歌う。そしてアコギに持ち替え"Fifteen"と続く。「う〜ん、Countryっぽい
曲の多い前作の方が好きかな」と思って聴いてた。次の"You Belong With Me"を歌いながら、
メイン・ステージへ戻る。しかしこの曲キャッチー。新譜から再び数曲やり、アンコールを
1曲やって幕。曲数は相変わらず少ないが、初来日が60分だったことを思えば、90分
やってくれたし成長した姿も見て取れた。何より大きいステージでも堂々としたステージ・
パフォーマンスを見せることに驚かされる。グラミー取ったし、この1年で場数も踏んだか。
新譜のツアーなので以前の曲はあまり聴けなかった。そんな具合で我が愛すべき
"Should've Said No"が聴けなかったのが心残り。「Countryも捨てないでねTaylorちゃん」(爆)

0

2011/2/18  7:47

Good News & Bad News  ニュース

デルタ航空からメールが着て、スカイマイルズの有効期限が無くなった旨が伝えられた。
ノースウェストと合併以来、使い難い会員システムとなっていたが、とりあえずは放置でき
一安心。アメリカ往復する位の貯蓄はあるが、少ないマイルで行ける日はほんのわずか、
デルタも羽田からロサンゼルスやデトロイトへも飛ぶようになったので、うまく使いたいものだ。

昨日、米書店チェーンのBordersのチャプター11申請が報じられた。日本で言う会社更生法。
事実上の倒産である。米航空業界などほとんどの会社がこれを受けており、再建の道はあるが
どうだろう。電子書籍やamazonに押されての事だけに、店舗減らしても難しいとの声が大きい。
CD店舗に続いての悲しい事件だ。アメリカ行けば大きな都市には大体あり、時間を見ては
伺っていた店舗だけに残念至極。日本もこんなこことには追随したくないですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ