2011/5/31  22:45

昨年のMusicaresのLIVEがリリース  音楽

受賞者へのTribute LIVEはメンツも豪華でいつも楽しみ。受賞者は愛すべきベテラン達だし
カバー演奏するのも同年代か音楽的に近い後輩たちなのでハズレは少ない。
輸入のブルーレイは1,861円とお手頃価格で嬉しいね。初っ端からKeith UrbanとJohn Fogertyが
爆音で"Rockin' In The Free World"を奏でる。この親子のような二人の共演はオーストラリアで
見たことあるが相性良しです。オルガンをBooker Tが弾いているがギターには勝てずな感じ。
JacksonやJTも出ているが、今一つ自分の持ち味と曲が合ってないような気がしたな。
"Heart Of Gold"を歌うJTはバック・コーラスのメンツの豪華さの方が目立っていた。
ビッグ・ネームの連中よりもワイゼンボーンを弾きながら"Ohio"を真摯に歌うBen Harperや
"Lotta Love"をデュエットするJason Mraz&Shawn Colvinに魅かれる。Benは"Heart Of Gold"を
日本公演で歌うのを聴いたことがあるが、以前からNeilをリスペクトしているのだろう。
他にもどんどん泥臭くなっているNeilとはFarm Aidの盟友John Melencamp、ハモリの乗りの悪い
Neko Case&Sheryl Crowなど見所多数(爆)。もちろんCSNも出ています。ああそれなのに
それなのにNeilは演奏することなく、スピーチだけなのが返す返す残念。マイナス1点ですね。
本編が始まる前のBridge School Benefitの過去のビデオを見ていると、いつかはこれにも
行ってみたいという気を強くしたのでした。



0

2011/5/29  9:29

LIVEに行こうよ!  音楽

5月の予定も終わりですので、ちょっと早めに6月の予定です。フジロックやサマーソニックでの
来日予定はそれなりに盛況ですが、まだまだ外タレの一般公演は少なめ。気になるアーチスト
となるとさらに少なめ。原発問題が鎮静化しないと今年はなかなか厳しいのかもしれませんね。
また夏にでも遠征するにして、今年はドメスの人達をあらためて聴くようになるのかも。


★大貫妙子 6/1@ブルーノート東京 自由6,300円

クリックすると元のサイズで表示します

アッコちゃんに続き、「クラブを救え!」とばかりに大貫女史もブルーノートへ登場。
この日は1ステージということでフル・レングスで楽しめそうなのが嬉しいね。


★坂本真綾 6/3@国際フォーラムA 指定6,300円

クリックすると元のサイズで表示します

4月の延期公演は土曜から金曜へ変更。まあヤフオク2,100円落札の2階ですし、
文句は言うまい。声優の余芸を超えたステージを見せてもらうとしましょう。


と言うことで手持ちはこれだけ。頭3日で終わりは寂しい。6月にはHeatwave、ソウルフラワー
なんかの最近LIVEからご無沙汰しているものもあるので、この辺りに行ってみますか。
外タレ日照りの日々はいつまで続くやら......
0

2011/5/28  22:13

いつまでも続く異常気象  ニュース

早々と関東地方も梅雨入り宣言、そして台風2号が上陸の気配。雨が続けば被災地の復興も
送れるだろうし、良いことはない。まあ自然とケンカはできないので成るようにしかないが。

今日のウッドストックの講義は予習の成果が出ちゃって、かかる曲も結構当たっちゃいました。
これは下手に予習しない方が楽しみがあるのかも。しかしこの辺はやはり体に沁み着いていて
心地良い。レボンとリックのリズム隊が付くと、誰のバックでもバンド風になるのは再発見。
健太氏言うように、二人はロビーと違い、上昇志向がないので不変ということですか。

これから一眠りして3:30に起きてCLの決勝を見ないと。マンUが先制してくれないとつまらない。
バルサにはメッシという飛び道具があるからね。パクチソンがどれだけしつこく守備ができるか
注目してます。勝負事だから絶対はないが、バルサ有利は動かない気がする。これで欧州
サッカーも終了。日本人選手も話題を呼び楽しいシーズンでした。これから移籍市場に入るが
どれだけ成り上がれる奴が出るのか楽しみです。若い奴もまた何人かは海を渡ることだろう。
しかしキリン・カップのメンバーでベテランが遠藤だけになったのはちょっと驚きだ。
秋からのW杯予選はどんなメンバーで戦うのでしょうか。ザッケローニの手腕に期待してます。
0

2011/5/27  23:02

明日の講義が楽しみです  音楽

明治大学リバティ・アカデミーの4回目は萩原健太氏による「ウッドストック・ロック」。
これ一番のお楽しみであります。かって彼の地を訪問したことがあることはワタシの自慢です。
但しベアズビル・スタジオまでは到達しなかったのですが(汗)。レココレの特集94年4月号、
マガジン増刊「ウッドストック・サウンド」、「小さな町の小さなライブハウスから」、
ウッドストック・マップ等の手持ち資料を見直しているが、予習には少し時間が足りないようだ。
少し関連CDでも持って武装して出かけてみますか。
0

2011/5/26  8:37

飲みすぎました.....  音楽

昨晩は新丸子にあるDerek And The Dominos(凄い店名!)に行き、Tim Eastonを聴いてきた。
18:30過ぎに会社を出たので19:00の開場にはとうてい間に合わず、1時間位かかって到着。
初めて行く店は楽しい。小ぶりなバーで実直そうなマスターが迎えてくれた。
メールでやり取りしていたこともあり、カウンターの一番前を確保していてくれた。
見れば石浜氏が既に来ており、迎えてくれた。まずはBlookly Beerで喉を潤し、話をしながら
開演を待つ。招聘元のGoatee松本氏と暫し雑談。「ウチにも来てよ」と盛んに勧められる。
「鎌倉は遠いからね」と及び腰に話すと、「横浜からすぐよ。僕らも東京までLive行くしね」と
切り替えされる。「前回Timはウチでの2日、まったく違うセット。1曲も同じ曲なし」なんて
くすぐられる。「そりゃ凄い、Dylanなんてものじゃないね」と言うが、多分行きません(爆)。
石浜さんは前回もGoateeへ行っており、惹かれているようでしたね。

10分押しの20:10より演奏は始まった。新旧の曲やカバーも織り交ぜ1部は約1時間。
ギブソンのアコギに時折ハーモニカを吹きながらの演奏は、ソロだけど聴かせてくれる。
声に何ともRockを感じるワタシです。客のリクエストに応え、早々に我がフェバリットの
"Poor Poor,LA"をやってくれたのは嬉しかったね。休憩中に同曲の入ったCDにサインを
もらったのでした。
しかしここまで急ピッチにビールやバーボン・ソーダを6〜7杯飲んでいたので、2部が始まると
早々に船を漕ぎ出すありさま。2部はあまり記憶のないまま1時間を過ごした。やれやれ(汗)。
目の前で演奏するミュージシャンには扱いにくい客なれど、店には優しいワタシです。
いつでもどこでも店への貢献度は高い。ということで演奏を堪能したとは言えないかも?

帰りは中目黒から日比谷線で長々と寝ていた。目が覚めてもまだ着かないのだから遠い。
こりずにTimさん、また来てね。
2

2011/5/24  22:34

ANA系のLCC来春登場  旅行

満を持して登場する全日空系の格安航空会社「ピーチ」の発表が本日あった。就航は来年3月。
但し関空を起点としての国内線及び韓国等の近隣国際線との事で、関東在住者には少し残念。
駐機料の高い成田や羽田は今だLCCの空港になりえていない。まあ、JetstarやAirasiaが
就航しているので、今後風穴が大きくなる可能性はあるだろう。成田の滑走路が増えた時が
チャンスか。気長に待つとするが、今の問題は高騰する燃油料だ。暫くはマイルのタダ旅行も
使いながらローバジェットを続けてゆくことにしよう。
0

2011/5/22  18:43

マリリン・モンローのBOX  映画

午後からの雨模様の予報通り、3時頃から強い雨が降り出す。こんな日は手持ちの映像でもと
マリリン・モンローのDVD-BOXから「ショウほど素敵な商売はない」を見る。
クリックすると元のサイズで表示します
このBOXはヤフオクで中国だか海外の出品者から4千円もしないで買ったはず。
定価26,040円の12枚組。これで半分の6本目となる。前半期は助演と言うべきものも多く、
これもはっきり言って助演作です。しかしどれも金髪でチャーミングないでたちは不変だ。
演技は初期は大根だが、だんだん良くなっていくのを見るのも楽しい。次は「帰らざる河」だ。
この作品は家族愛を謳ったボードビリアンものにミュージカルの要素を振りまき、古の
ハリウッド作品らしくてとても良いね。最後もハッピーエンドだし。音楽はアルフレッド&
ライオネル・ニューマン。言わずと知れたランディ・ニューマンの素晴らしき叔父さん達だ。
ランディも映画音楽大家の血を立派に引き継ぎ、そのフィールドでも大活躍している。
彼のリメイク作「Randy Newman Songbooks Vol.2」が最近出たが、1曲目の"Dixie Flyer"を
聴いていると、昨年バルセロナ郊外で聴いた時のことが思い出される。決して声も良くなく
上手い歌い手でもないが、彼の叩く鍵盤に乗ると不思議な味わいが生まれるのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/21  7:42

何だこいつは(怒)  音楽

今月の来日を原発問題でキャンセルしていたJD Southerが再びBillboard東京の来日に
Upされている。何考えてるんだコイツ。ということは嫌がっていたのはKala Bonoffなのか?
いずれにしても8/15.16は夏休みを取って渡米するつもりであり、行けそうにないぜ。
0

2011/5/18  22:09

Tom'sの次回はまたまた  音楽

Marc Ribotでした。麻田人脈からするとこの辺になってしまうのでしょうか。
最近じゃあアッコちゃんのとこのギタリストも務めるマーク、「はて?ちゃんと見たことあったか」
と思い、8/4@渋谷クアトロに行ってみるつもりはアリアリ。6,500円で送料・手数料無料ってのが
今回の売りでしょうか。ベースにBlad Jonesの名前がありますね。偽キューバ人も良いですが
例のBuddy Millerの弦プロジェクトだったらもっと良いのにと思ってしまう嫌な客であります(爆)。

0

2011/5/17  21:25

交流戦始まる  スポーツ

開幕が遅れたということで早くも交流戦に突入。各チームとも新戦力が出てきており
今年は楽しみが多い。我が巨人軍も新戦力というか主力が負傷続きで知らない顔が出ざるを
得ないと言う状況はトホホ。それでも二死無走者からの楽天を逆転とはもうけものの一勝。
恵まれない澤村も負けが消えたので、巡りも良くなるのかも。昨年のようにパにボロクソに
セがやられることはないだろう。明日は田中なのだろうが、坂本との同期生対決が楽しみです。

それに比べ、予想したとはいえサッカー日本代表の南米行き中止はガッカリでした。
0

2011/5/16  23:36

Wolfgang's Vault  音楽

ビル・グレアムの遺産を放出するかのように過去の主催LIVEの音源を提供するWolfgang's Vault
であるが、いつのまにか映像も提供している。結構知らないBandも多いが、貴重なものも
少なくない。やはりここはLast Waltzだろう。今月のレココレでも渡辺真也氏が「この映画で
日の目を見ない相当量のフィルムがまだ眠っている。それをぜひ見てみたい」と記述している。
映画用ではなく会場の記録用と思われるモノクロ画像だが、ポエトリーリーディングや
敬愛するJoni Mitchelleの未公開映像なんかも見ることができる。メモリの問題か、しばしば
フリーズするのが玉にキズだが少しずつ見ていこうと思っている。

http://www.wolfgangsvault.com/the-band/video/
0

2011/5/15  9:18

明治大学リバティ・アカデミー  

先週から始まった明治大学の公開講座「アメリカン・ミュージック再発見」に出かけている。
毎週土曜日午後3時から旧知の鈴木カツ氏に今回は萩原健太氏も加わり楽しさを増している。
前回は「サザン・ホワイト・ソウル」で昨日は「ロックンロール」。6/11までの6回講義だが
知らないことも多々あり、音楽マニアとしても楽しめる内容だ。多分にサクラも意識しており
なるべく質問などもするよう心掛けているが、ロックンロールの創世記はイマイチ不勉強で
昨日はじっくり聞き耳立てていただけでした。いかんぞ自分。まあ酒席の話とは異なり、
少しだけアカデミックに過ごしております。アフター・スクールも軽く一杯やりながら補習授業。
これもまた楽しいのです。こんな所で授業料の元を取ろうとしている自分がケチ臭い(爆)。

本日、足立区長及び議員選挙。この間都議選あったし、他の区議選も4月にあった。
任期の問題もあるのだろうが、こんなに間近で何回もやるのは税金の無駄遣いに思えてしまう。
区議さんて近いはずなのだが、なんかよく人となりや主張が見えにくい。配布された議員の
プロフィール等を見ながら投票する人を決めたので、後ほど投票してくる。棄権はしないのが
自分の主張ですから。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ