2011/6/30  23:08

今週末はトンプソン祭り  音楽

Richard Thompsonが好きなのです。彼のHPではLIVE盤が何枚もリリースされており、
アメリカでLIVEを見た折に会場で1枚ずつ買い集めていたが、最近ではLIVEを見る機会もなく
未聴盤は増えるばかりであった。そんなCDをHMVのネットショップで見つけ、セールの時期に
3枚ばかり買ってみた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

3枚目の「Faithless」を聴き終えないうちに、こんなのが出てしまった
クリックすると元のサイズで表示します

かって「Small Town Romance」として1部が世に出ていた82年のSolo LIVEが唐突にリリース。
そしてCD WOW!から届くのに間髪を入れず、CD3枚+DVDという凄いボリュームのBBCが続く
クリックすると元のサイズで表示します

そして一緒に買ってAmazon.UKから届いたのが盟友Sandyのデラックス盤
クリックすると元のサイズで表示します

ここまでRichが揃えばお祭り状態。と言うことで週末には我が家でトンプソン祭りを挙行です

Billboardで多くのミュージシャンがリスケージュルされるのを見るに至っては、
「リッチ早く帰って来いよ〜」と心の叫びを上げるワタシであります。

1

2011/6/28  22:18

LIVEに行こうよ!  音楽

結局6月は3本追加して5本のLIVEに通い、それなりに楽しませてもらいました。
楽しむと共に考えさせられるLIVEも多く、「今の日本はヤバイ」とふと我に返る日々です。
まだまだ梅雨の続く7月ですがLIVE市場は相変わらずの日照り続きであります。
8月に遠征を予定しており、それまで家に居て小金を貯め込むとしますか。あ〜閉塞状態!


★ヒックスヴィル/堂島孝平 7/10@ザーザズー代々木 前売3,500円

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

3月の震災による延期公演。今年はヒックスの連中もやる気十分でちょっと嬉しい。
お仲間の堂島クンとPopな歌で辛気臭い世の中を明るくして欲しいものです。


ということで7月は予定がこの1本しかない(爆)。まあ何か探して追加するとは思いますが。
手持ち資産も沢山あるので引きこもりの7月でも、またそれも良しとします。
0

2011/6/28  0:10

宮間の一発で初戦辛勝  スポーツ

女子W杯初戦の対ニュージーランド、6分に大野がインターセプトして永里にスルーパス
これが決まった時は「今日は何点取れるのか」と思ったが、そんなに上手くは行くはずもなし。
体格にまかせロングボールを放り込むニュージーランドにワンチャンスを生かされ、ヘッドで
あっさり同点。それから取れそうで取れずに前半終了。芝のせいかパススピードが遅く
カットされることが多かった。あの澤でさえ、まともに球が足についてない感じだった。
そのためか分からないが大野に代えてドリブラーの岩渕を入れたのが転機でしたね。
彼女が突っかけたドリブルで正面のFKを奪い、それを宮間の正確なキックがネットを揺らした
のでした。この選手はアメリカでも活躍したが、視野の広い戦術眼に長けた良い選手だ。
澤だけでなく攻撃のタクトを振れる人材が出てきたのが日本女子の躍進へと繋がっている。
ニュージーランドのように単調な攻めを繰り返す相手なら、静かに試合を終えることは
今の日本にとってはそれ程容易な事ではなかったようだ。次のメキシコ戦に勝って、早々に
決勝トーナメントを決めたいものだ。しかし目標のメダルを取るにはBグループを
首位で抜けるのが組み合わせ的にも大事なようである。まずは目先のメキシコに勝つことに
全力を注いでもらうとしよう。しかし女子も上手いよ、ホント。
0

2011/6/26  23:38

コステロのSpectacleは最高のTVプログラムだ  音楽

終末にAmazon.usからElvis Costelloがホストの「Spectacle Season2」が届いたので
早速見てみた。Season1も面白かったが、2もなかなかいけている。Costelloとゲストの
インタビュー場面が主力で、英字字幕で追っかけているがまあ6割程度の理解力か(汗)。
Costelloは結構早口で、聞き取りが辛いッス。ゲストはU2のBonoとEdgeに始まり、
Songwrighter Circle的なSheryl Crow、Neko Case、Ron Sexsmith、Jesse Winchester、
Levon Helmを囲んでといった趣のNick Lowe、Richard Thompson、Allen Toussaint、
何故か女優のMary-Louise Parkerの単独出演、SSWなLyle Lovett、Ray LaMontagne、
John Prine、大物らしく前後編のBruce Springsteenとどの回も結構なメンツ。
NekoがJesseの歌を聴いて思わず感涙したり、NickのThe Bandへの熱き想いなど
良いシーン満載。LIVEシーンが見所だが、多彩なゲストに色々と突っ込むCostelloの
博識(オタク)さにも改めて驚かされます。ボリュームが凄いので、演奏シーンだけでも
また見ないとね。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2011/6/26  11:28

ついに読了「春嵐」、ありがとうパーカー  

今朝から続きを読み始め、たった今読了した。「ああ、終わったか」と一抹の寂しさ。
それはスペンサーと共にジェッシィ・ストーンとサニー・ランドルとのシリーズともお別れである。
巻末の訳者あとがきには、「スペンサーはエース・アトキンス、ジェッシィ・ストーンは
マイケル・ブランドマンが引き継ぐ」旨が記されているが、ホントなのかしら?
まあパーカーもレイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーローものの続編を
書いたことがあるし、あり得ない話でもないか。ただ、真の彼らの物語は完結としておきたい。

そしてこの日のBGMにはKate and Anna McGarrigleの

クリックすると元のサイズで表示します と クリックすると元のサイズで表示します を選んだ

奇しくもパーカーとケイトは昨年の1/18という同じ日に亡くなっていたことに気付く。
永遠の命なんてありはしないが、共に数々の作品を世に残した功績は称えられるべきだろう。



NYCのグラウンドゼロにほど近い場所で、彼女たちとエミルー・ハリスで歌うこの歌を
聴いたことは決して忘れません。
0

2011/6/25  22:10

黒い歌声に包まれながら頁をめくってゆく  

朝、掃除を終えアイス・コーヒーを飲みながら「春嵐」のページをめくり始めた。
作者の不在も関係なく、いつものようにスペンサーとスーザンがそこにいる。

まずは3枚組のこいつをBGMとしてかける。
クリックすると元のサイズで表示します
Nina SimoneはJazzだけでなくPopな楽曲も積極的に歌っていた。ホントに自由な感じ。
言ってみればCassandra Wilsonのお姉さんみたいな立場の人だろうか。51曲DVDも付いて
送料込で約2,300円とはお買い得。今はそのDVDを見てます。素敵です。

そしてお次は荒々しい3連スライド・リフが個性的なブルースマン
クリックすると元のサイズで表示します
Elmore Jamesはブルースと言うよりもロック・ギターだと思ってます。凄すぎる.....
これも2枚組41曲で送料込で約650円。安すぎです(爆)。

5〜6時間もCDかかっていたのに今だ100頁弱を残している。間に一眠りしてました(笑)。
阪神vs巨人なんかも見てたからね。しかし交流戦明けの巨人は連敗スタートで4位へ陥落。
いただけません。まともに打線は機能してないし、守備はポロポロ。泣くな投手陣。
出でよ孝行息子。

と言うことで残りのページは明日読むことにします。さて明日は何かけましょうかね。
0

2011/6/24  9:18

勝ち抜ければ良しの2次予選  スポーツ

深夜未明のサッカー代表戦対クウェートを見る。前半1-0でリードした段階で一安心していたが
後半2点取られてちょっとヒヤヒヤさせられた。バックスがセーフティー・ファーストで
クリアボールが繋がらず、押し込まれる場面が多かった。気候のせいもあるのだろうが
バックスのクリアがもっとボランチに収まらないと厳しい。前線も復帰した永井のスピードが
全然生かされていなかった。このチームは山村と清武が現状でのベスト・プレーヤーか。
いずれにしても2次予選はホーム&アウェーの総得点で決まるのだから、1点差負けでも
勝ち抜く作戦は悪いものではない。但し、アウェーで劣勢を跳ね返して引き分けに持ち込めれば
自信が付いただろうからその点では残念だった。最終予選はどんなドローになるか分からないが
必ずロンドンへ行ってくれるものと信じてます。
週明けには女子のW杯も始まるので、こちらも楽しみにしてます。
0

2011/6/23  20:26

再びの....流浪  

今の部署も今月末まで、またまた健保もぶっ飛ばされて関係会社巡りの旅。
嫌なことがあれば、それは身から出た錆。だれも恨むもので無し。
まあ夏休みもしっかりと取らせてもらえるようなので、今夏のアメリカ行きを
妨げられるものではなさそうだ。そう考えると悪くないのかも。
旅に出られずストレス溜まる方が嫌ですもの。また来月から一からやるとします。
0

2011/6/23  0:13

勝負に惜しいはないけれど....惜しかったゾ伊達サン  スポーツ

「ドロー悪すぎ」と思った2回戦での対ヴィーナス・ウィリアムス。しかし伊達さんはさすがだ。
1セット取った上、ファイナル・セットも互角の接戦で3時間以上の戦い。しかしここで
勝てないのも勝負の世界らしい。「あ〜番狂わせをやらせてあげたかった」。
試合後の観客の大きな拍手は彼女に送られたものも多かっただろう。ただし彼女は勝つために
試合をしているので、接戦でも負けてしまえば楽しくないに違いない。まあ、このチャレンジ
見ている方は十分楽しませてもらっているのです。若手も頑張ってね。

彼女が本日試合をしたウィンブルドンのセンターコートですが、ここで1998年にワタシも
ヒンギスやサンプラスの試合を見ているのが自慢です。フランスW杯の日本vsジャマイカの翌日
パリから飛来し、長いこと並んでセンターコートのチケットが買えたのでした。
中日の土曜日で割引の日でしたね。リサーチ能力を駆使しているのは昔も今も変わりません。
0

2011/6/21  22:51

このアルバム、カッチョエ〜  音楽

15年位前から組んでるユニットらしいが知りませんでした。カナディアンのバンドである
Blackie And The Rodeo Kings。Colin Linden、Stephen Fearing、Tom Wilsonの3人組。
ColinはBruce Cockburnのギタリスト兼プロデューサーとして有名ですね。
Rosanne Cash経由で新作「Kings And Queens」の噂を聞き購入。一発でハマりました。
カントリーなのだろうが所々でThe BandのRichardみたいな音も聞こえる。同郷なればこそか?
そしてアルバム・タイトル通りに素敵な女性ミュージシャンとのデュエット・アルバムに
なっているのがたまらん。知らない人も数人いるが、慣れ親しんだ歌声がかしこから聞こえる。
いや、ご機嫌ですこれ。カントリー、カントリー・ロック好きにはたまらないと思います。
ぜひ下の映像で聴いてみてね。

クリックすると元のサイズで表示します





5

2011/6/21  7:51

No Nukes再び  音楽

8/7にShoreline AmphitheatreでNo Nukesのコンサートが開催されることが決まりました。
Jackson Browne、Bonnie Raitt、Graham Nashらが再集結するらしい。現在国会議員の
John Hallも来るのかな。彼らがどんな声明をだすのかにも注目してます。


0

2011/6/20  22:36

ロング・グッドバイ  

訃報から早1年半余り。ロバート・B・パーカーの遺稿「春嵐」が発売となり一昨日購入した。
オビの「さらば、スペンサー ありがとう、パーカー」の文字が悲しいぜ。
スペンサー・シリーズも38年目の完結とあるが、ワタシも30数年は付き合っているだろう。
実際に読み始めたのは3作目の「失投」だったはず。メジャー・リーグものと思い図書館で
手に取ったが、思わぬハードボイルドに惹かれ、「ゴッドウルフの行方」へと遡り、以降は
借りるのではなく律儀に買い続けている数少ない作家だった。淋しくなります......
終末にゆっくりとページをめくりたいと思います。これで本当のお別れ、さらばパーカー!

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ