2011/7/11  22:16

ヒックスヴィルと堂島孝平  音楽

週末に梅雨が明けた。そんな熱い中、昨晩は代々木で震災の影響で3/12から延期となっていた
ヒックスヴィルと堂島孝平のLIVEを見てきた。しかし女性が多くてオジサンは恥ずかしいくらい。
ファン比率は堂島クンの方が遥かに多かったに違いない。ワタシは彼のLIVEは初めてでした。
当初から時間が1時間早まったことを気にして、最初はトークで過ごし本編は18:30にスタート。
小暮氏の発案の「4 Way Shuffle」と言うことで、各人が色々な組み合わせで演奏するという
イロモノ企画。ただし堂島ソロもヒックスでのコーナーもちゃんとやってくれた。
過去にもいろいろと一緒にやったこともあるし、お互いPopな感じに共通点があるため、
違和感なく時が過ぎるのでした。カバーも"地球はメリーゴーランド"(by GARO)、
"Rock Your Baby"(by George McCrae但しTomatosの日本語カバー)、小沢健二?等盛り沢山。
堂島クンが真城姉さんに書いたという"リトルバード"、ヒックスヴィルと堂島孝平名義で
リリースの"南の島のハメハメハ大王"なんて珍品も飛び出しました。「こち亀」の主題歌
"葛飾ラプソディー"も飛び出し堂島クン絶好調。ブルースハープも結構上手にブローし、
終盤での小暮氏のキレ方も凄かった。そして真城姉さんの相変わらずのMCの突っ込みのよさ。
しかし姉さん結構歌間違えるが、堂々としているのも姉さんらしいところ。アンコールラストで
「今日はやらないのかな」と思っていた"バイバイ・ブルース"が聴けたので満足度もアップ。
あっという間の2時間30分。仲良し4人組なのでまたやってくれることだろう。
小暮氏は4人でフェスに出たいなんて言っておりました。屋外での解放感も良いかもね。

これで今月のLIVEは終わりかも......
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ