2011/7/31  22:13

アルトマンの群集劇  映画

何年も前にBSで放映され撮り溜めしていたロバート・アルトマンの「ザ・プレイヤー」と
「ナッシュビル」を見直してみた。しかしアルトマンのおっさんは、娯楽作には程遠い
捻り回した問題作をいつもリリースしていたもんだ。メジャーの会社もそれを許していたとは
良い時代だったですね。職人監督ってのも段々住みにくくなっているに違いない。
この人の作品は主たる出演者が多く、とかく焦点を定めにくいように思う。「群集劇」等と
言われるが、普通だったら褒め言葉とは言えまい。「ザ・プレイヤー」はティム・ロビンスが
主演だが、エキストラ的な有名俳優やウィーピー・ゴールドバーグ、ライル・ラベットなんかの
キャラが立ち過ぎている。本来はティムの気持ちのアップ・ダウンが見せ場なのだろうが。
そして「ナッシュビル」はナント今週末にリバイバル公開されるらしい。ビデオ化もされておらず
この録画をワタシも大事にしている。ナッシュビルでの大統領選のキャンペーンを核にしての
カントリー歌手とその周りの人々の人間模様。場面がコロコロ変わるので分かりにくいし、
最後は銃に撃たれてロニー・ブレークリーは死んでしまうし、ほんとトホホです。
しかしキース・キャラダインの"I'm Easy"が聴けるだけで、この映画は永遠です。
監督ってわがままじゃなければ作風って生まれやしない。その点からロバート・アルトマンて
人は名監督なんだろう。結構彼の作品を見ていることに今更ながら気付いたしだい。

0

2011/7/31  7:22

相変わらず追い風の日本サッカー界  スポーツ

2014年のサッカー・ブラジルW杯のアジア最終予選の組み合わせが決まった。
シードの日本はウズベキスタン、シリア、北朝鮮とC組に入るが、五輪組と同様
組み合わせに恵まれた感は強い。ホーム&アウェーですので中東がシリア1ヶ国というのは
助かるし、他の中東勢よりも力は劣ると見ている。韓国なんて他の3ヶ国はみな中東勢(笑)。
北朝鮮とはドイツW杯予選の時、ラフプレーでアウェー戦がバンコクでの無観客試合となり
本選出場を決めたことを思い出す。今度は平壌へ行かなきゃならないのが不気味です。
ライバルはウズベキスタンになるのかもしれない。いずれにしてもホーム戦をしっかり勝ち
アウェーで引き分け以上の成績を収めて行けば、まずは日本の本選出場は固かろう。
準備不足のザック・ジャパンに取っては、まずは追い風と言える組み合わせになった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ