2011/9/2  22:30

予選は勝ち点3こそが全て  スポーツ

本日のW杯アジア3次予選対北朝鮮戦、ロスタイムでの吉田のヘディング一発での辛勝。
これだから初戦は難しい。北朝鮮には一度も良い形を作らせなかったが、ゴールの遠いこと。
特に前半はシュートが少なすぎ。もっと李にボール当てれば良いと思うが、周りでボールを
回し過ぎ。香川もボール持ちすぎの感も強かった。後半になってボランチの長谷部と遠藤が
前がかりになって、やっといい形になった感じ。特に長谷部は似合わないドリブルも使っていた。
そしてハーフナー・マイクを入れることによってサイドからのロングボールを放り込む事によって
得点の匂いも強まった。今まで日本になかった190cm超の長身は同点や1点負けている時の
オプションになりそうだ。但し、頭に当ててのこぼれ球をこの日は上手く使えなかったのは残念。
吉田へのアシストはまたも清武。このオリンピック世代の代表はこのままA代表に居座るかも
しれない。セレッソ大阪での香川とのホットな関係も有利と言える。その点ではボーホムで
名を上げつつある乾も同じだ。故障者が何人も出たが、日本も層が厚くなってきたものです。
今日の苦戦をかてとして9/6の対ウズベキスタン戦に臨む事でしょう。
しかしワタシは大ボケでした(汗)。今日の今日まで今日から最終予選が始まり、グループ1位に
なれば、ブラジルへ行けるものと思っていた。それなのにグループ2位までが最終予選進出。
あ〜しらなんだ、恥ずかしい。誰か突っ込んで〜な(爆)。

明日はなでしこの五輪予選の日韓戦。初戦はニュースでしか見てないが、駒落しの中盤が
余り機能せずタイに苦戦したようだ。まあ結果は3-0だが宮間入ってからの3点だからね。
明日からはベストメンバーを組むだろうから良い試合を見せて欲しいよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ