2011/10/31  21:56

三本の矢の如く  音楽

昨夕、渋谷のマウントレーニア・ホールでDr.K(徳武弘文)の還暦記念LIVEを見た。
しかし会場はジジ、ババで一杯でしたね。ワタシもその一人ではありますが。ここんところ
TOM'SのLIVEの客入りは悪くない。地方は分からないが、先も期待できる興行になりつつある。
ここはちょっと名のある人を呼んで、大きめのホールで勝負してみないかと思うのは、
ワタシだけだろうか。

17:10頃に前座の2世達が出てくる。ギターはこの日の主役の徳さんのJr、ペダルスティールは
尾崎Jr、マンドリンは誰のJr?のTARO、そしてギター、ボーカルがブレバタの岩沢兄Jrの
Aisa。「場を暖めに来た」とたったの20分演奏して去って行った囚人たち。しかしAisaは
CHABOの3Gにも出ていたが、おじさんミュージシャンに可愛がられそうなキャラで特だね。
演奏は良し悪し判断する前に終わっちゃった感じ。しかし男どもは愛想無さ過ぎだね。

15分程休憩し、麻田さんのMCに呼び出されDr.Kバンドが出てくる。この間もStanley Smithの
時にお見かけしたが徳さん、ちょっと老けたね。まあ還暦だからしょうがないか。
頭赤めに染めてたのもその為か?バックはリズムセクションとキーボード、そして尾崎Jrの4人。
主役のギターメン達に場所を譲ったためか、バンドの連中は後方で少し窮屈目でしたね。
徳さんが1曲弾いたのち、早くもジェリー・マッギーを招き入れる。彼のソロって知らないが
ベンチャーズっぽいところはあまり見せず、渋くかつ流麗にギターを弾く。そして渋いノドも
何曲かで披露してくれた。JJ Caleの"After Midnight"とかいいッスよね。ジェリーが出て
来てからは徳さんもソロを分け合うよりも、どちらかと言うとパッキングすることを楽しんで
いるかのようだった。またそんな事も言っていた。"Goodtime Charlies Got The Blues"の
心地よさよ。しばらくするとこんどはマーク・ベノが出てくる。見た目は隣の家のおじさん
みたいな奴。しかし歌はまだまだいけてます。気が付けば尾崎Jrはステージを降り、代わりに
コーラスのAisaとChihanaが出ている。マークは"Franny"から歌い始め、ほぼ歌いっぱなしで
美味しいポジションでしたね。特に「テハーナの曲」と言って歌った"Hey There Senorita"は
TEX-MEXでジェリーのギターがホントに素晴らしかったのでした。そしてもう1曲"Lost In Austin"
では再び現れた尾崎Jrのペダルが天にも昇る心地良さ。さっきまで下手なスライドみたいに
弾いてたのが嘘のよう。そしてマークの歌は泥臭く、時にはソウルフルに若き日のレオン・
ラッセルを彷彿させるもの。間にChihanaがドブロで1曲歌ったのは、麻田さんの押し込みでしょ。
まあ、場の雰囲気には外れてないのでOkです。陽のAisaに対して、陰のChihanaって感じかな。
アンコールではオリジナルではジェリーがギターを弾いていたというモンキーズの"Last Train to
Clarksville"も飛び出して盛り上げ、次いで出演者総出で大団円。ステージにはコーラスで
オックンも加わっていたが、TAROは居なかった。相変わらずの変わり者か、はたまた
別のステージへと渡り歩いたのかは分かりません。これで終わりかと思いきや、ジェリー、
マーク、徳さんの3人でもう1曲やってくれました。1時間55分、バラエティに富んでいて、
いやなかなか楽しかった。主役のはずなのに徳さん、結構遠来のお客二人に気を使ってました。
三人ともサム・ピックを使っていたのが共通点でした。終了後はTOMO様医療チームに合流して、
反省会で二部も無事に終えました。休みの日の時間の早いLIVEは、時間を気にせず飲めるので
結構好きです。

0

2011/10/31  21:22

負けた〜  スポーツ

3−1でヤクルトのファイナル進出決定。もう、こうなったら頼むから中日も破ってくれ。
それに引き替え巨人打線はだらしない。ラミレス、谷は来年は居ないんじゃないの。
若手も線が細い。坂本は一度坊主になって出直しだろ。阿部、長野以外は大減俸!!
0

2011/10/30  22:12

巨人逆王手  スポーツ

徳さんの還暦LIVEに行っているうちにCSの第2戦が終了した。パは西武が連勝、セは巨人が
一矢を報いて1-1のタイで第3戦にもつれこんだ。9回まで2-1とは昨日に続いて息苦しい
試合だったようだ。高橋由伸のタイムリーでてなかったらどうなったことやら。
明日の第3戦に巨人が勝ちぬいて欲しいが、これはどちら有利とは言えないね。
てなことで徳さんのLIVEのレポは明日カキコしますんで。
0

2011/10/29  22:55

凄いぞKaki King  音楽

本日、コットンクラブでギタリストKaki KingのLIVEを見てきた。テクニシャンである。
きりっとした顔つきの美人であるが、それ以上にタッピング奏法を駆使したギターは
聴くだけでなく見る価値もある。右手も左手ももの凄い。日本語しゃべるのが楽しいのか、
MCで日本の印象なんかを日本語交えて話していたね。最近のアルバムではボーカル曲の
比率が高いが、この日はオール・インストだったのがちょっと残念だった。
あと、座って演奏したのでちょっと見難かった。それでも誰もが彼女のハンド・ワークに
くぎ付けだった。ギターはアコースティックを4本位使っていたが、珍しい7弦ギターは
フレットが斜めに付いていた。12弦ギターはトイ・ギターみたいな小ぶりなものだったが、
これがなかなか良い音で鳴るのである。あとはお馴染みのオベイションとかを使っていた。
1曲ごとにギター・テクニシャンが調弦していたが、音に対するこだわりは強そうだ。
最近はバンドでエレキなどを使いロックっぽい演奏もしているが、バンドで歌を歌う姿も
見てみたいものです。ラップ・スティールとかも使っているはずだ。この日は1ステージと
言う事で、80分程演奏したがインストだけでもだれずに見せたのは大したものだ。
てな訳で彼女の演奏力に圧倒されて帰ってきました。

0

2011/10/29  9:50

来年もヨロシク  音楽

昨晩飲み過ぎて強烈な二日酔い。会社の連中と別れてから隣村のWoodstock Cafeに
寄ったのが悪かったか。既に相当飲んでおり、満席なのでABEちゃん追い返してくれれば
いいものを、カウンターの端っこに席作ってくれた。ビール2本で音楽に反応してると、
隣席のご夫妻と話し込んでいた。羨ましいことにこの間のNo Nukes行ってきたらしい。
「ショアライン遠いよね」なんて簡単に返せるので話も弾む。この辺り仕事に関係ない
ムダな知識も悪くないのです。となると当然のようにジャクソンの話なんかで盛り上がる。
来年のヨーマ・コウコネンへ行くようなこと言ってたので、もしかするとお会いするかも?
ただ......今朝目を覚ますと「はて?どんなお顔だったかしら」の有様。悲しきかな呑み助。

メール・チェックしてたらBillboard東京の来年1月にダニエル・ラノワとスザンヌ・ベガの
来日が決まっている。ここんとこ立て続けにストライクを投げ込んで来るね。来年もヨロシク!
さて一眠りしますか。
0

2011/10/27  21:41

2月炎上  音楽

チカーノ・ロックの3兄弟が真冬の日本を熱くする。ちょっとオーバーですか(爆)。
2/7@クアトロでLos Lonely Boysの初来日決定!しかしこれ行くと平日の3連荘になるな〜。
かってAustin City Limits Festivalで見たが、Los LobosなんかよりもずっとPopな感じ。
何とも血の熱さを感じる奴らだ。2月のラッシュはいつまで続くやら。



0

2011/10/27  20:45

運命の一日  スポーツ

プロ野球のドラフト会議が開かれ、巨人の単独指名が噂された東海大の菅野を日本ハムが
横からかっさらっていってしまった。いやぁ、やられた。しかし昨年も斎藤を引き当ててるし、
近年でも中田翔やダルビッシュとかこのチームは勝負強い。まあ、ルールだからしょうがないが
菅野のおじいちゃん原貢氏(辰徳の父)はガッカリしてるだろうな。あんまり年寄をいじめなさんな。
菅野もガッカリだろうが、日本ハムも良いチームだから行って欲しいよね。しかし原監督、
決まっていたこととはいえ、ここは自分でクジを引いて欲しかったぜ。たとえ外れても。
0

2011/10/26  21:03

SoulなSoule  音楽

この人を知ったのは結構最近のことである。ユニオンで中古盤のThe Country Soul Revue

クリックすると元のサイズで表示します

を買ったら、妙にソウルフルな歌声が聞こえた。それがこの人、George Souleであった。
いやぁ、ど真ん中のストライクボール。名は体を表す、ソウルとは恐れ入った。但し綴りは
S-O-U-L-Eである。Dan PennやEddie Hinton等のようにホワイトソウル、その筋では
知られた人らしいが、ワタシは恥ずかしながら知りませんでした。気に入れば買うとばかり
"Take A Ride"と"Let Me Be A Man"の2枚をHMVでオーダーし後者が昨日届き聴いた。

クリックすると元のサイズで表示します

染みるな〜、もう1枚来るのがとっても楽しみ。と言っているそばからネット検索してみたら

クリックすると元のサイズで表示します

これに3曲入っていた。ワタシ.....これ持ってます(汗)。 反省(笑)。

0

2011/10/25  22:47

ちょっと違うんじゃ......  映画

12/21に映画「ワイルド7」が公開になると聞きつけ、公式サイトへ行ってみたがガッカリって感じ。
オレ達の飛葉大陸はいずこへ....売れているからって瑛太じゃねえだろ。大昔にTVでやってた
小野進也の方がらしかったぜ。望月三起也先生、よくOKしたもんだ。ハードボイルドな
内容の中にも義理人情たっぷりな世界は懐かしの昭和。派手なアクション作だけじゃ、
あの世界は描けやしない。昔の漫画も20巻位までは買っていたはず。段ボール箱ひっくり返し
見直してみるか。文句は言いつつも、検証に行かねばと思ってしまうワタシです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/23  17:04

Bridge School Benefit Concert 2011  音楽

本日ネットで中継していることを知り、昼飯食ってから16:30頃までつないでチラチラ見ていた。
最初に見たのがEddie VedderとBeckのラスト"Sleepless Night"。Eddieも良く出ているようだが
Pearl Jamとかは自分の守備範囲でないので聴かないが、結構社会派で硬派な奴と見ている。
Gramのカバーだけにもう少し早く見てればと悔やまれる。しかしアコースティックなLIVEの割に
転換が長すぎる。チャリティなので、趣旨や意義を説明したいのも理解できるが。過去のLIVE
シーンを楽しんでるのも最初だけ、そのうち飽きてくる。まあCDとDVDの発売も控えており
宣伝して寄付金集めるのも大事なのだろう。次いで出てきたのがMumford & Sons。
イギリスのバンドだけどバンジョーをフューチャーして泥臭い感じもあり良いバンドだ。
CD持ってるが、最近こういったバンドがアメリカ以外からも結構出て来ているのです。
オジサンの耳にも引っかかる音です。スマッシュで呼んでくれないものか。Neilとも1曲やった。
"Dance,Dance,Dance"だったかな? そしてNeilとはFarm Aidでも盟友となっている
Dave Matthewsが次に出てきた。ギタリストのTim Reynoldsを引き連れてピアノも弾いていた。
もとからバンドでもアコギを弾くDaveだが、このTimとのユニットは何度もやっているが、
今一つ面白さを感じ得ないのだ。ここでもNeil出てきたが、はて?何やったっけ。
そして楽しみなArcade Fire。今年のグラミーも取っているし、旬なバンドだ。彼らもカナダの
バンドだが、フィドルを入れたりしてアーシーな感じだ。ボーカルにはもっと泥臭くやって
欲しいが、コーラス・ワークなどバンドとしてはまとまている。Avett Brothers、Fleet Foxes
なんかも含め、ワタシの守備範囲の若い連中が出て来てます。こういう機会にちゃんと
聴いておくのは必要だろう。そしてオオラスは当たり前のNeil Young。"Comes A Time"に
始まり、"Suger Mountain"、"Long May You Run"、"Heart Of Gold"なんかを歌っていた。
エンディングは出演者全員でYoungbloodsの"Get Together"。終了は現地時間0:30頃か。
安全に行くなら、日曜のマチネ公演かなんて思っちゃいました。まあ、そのうち行きたいね。

0

2011/10/22  21:11

巨人シーズン最終戦  スポーツ

既に順位も決まったレギュラーシーズン最終戦ではあるが、見所も多く面白い試合であった。
澤村の先発にはビックリしたが、200イニング投球させて内海に勝ちをつける二兎狙い。
澤村はちょっきり200イニングを達成したが、村田に2発を浴びて防御率1点台を守れなかった。
しかし外角低めの速球をライトスタンドに運ぶ村田は凄い。プロの凄みを感じる打席だったし
本塁打を20本に持っていく執念も凄い。それは巨人の阿部にも通じる。阿部も20本に達した。
1点負けていた9回に、マートンとの首位打者争いで温存していた長野が代打逆転満塁本塁打で
内海に最多勝をプレゼントできるという巨人ファンに最良の終わり方。長野も犠飛でも打率が
下がらない場面に出せたとは何ともついてました。来週からCSも始まるが、今しばらく
野球も楽しめそうである。

0

2011/10/21  21:10

出るぞ!RandyのBBC LIVEが  音楽

2008年にBBCオーケストをバックに行われたRandy NewmanのLIVE盤が11/8にリリースされる。
CDだけじゃなくてDVDとのダブルパック。Thank You Nonesuch !楽しみにしてます。
昨年5月にバルセロナ郊外でソロのLIVEを見たが、これはオーケストを従えてのもので
壮大な美しさが満喫できることだろう。但し、ここでのセット・リストにはワタシがウルウルした
"Dixie Flyer"がない。個人的なものとして心に秘める嬉しさと共に再び聴けぬ寂しさも感じます。
最安のCDWOW!1,300円で予約を入れました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ