2011/10/16  19:35

巨人意地の3連勝  スポーツ

金曜からの中日3連戦に3連勝して目の前での胴上げ阻止。今更2位になれるとは思わないが
これからCSを勝ち上がっていく上では、中日にプレッシャー与えたのと違うかな。
どちらかというとヤクルトとの試合の方が手強そう。もう少し眠っていてくれるのを期待します。
公的にも優勝が懸かり、土日と当日券が売れたようで満員の盛況となったことが嬉しいです。

そして楽天の田中勝ったね。完封で19勝目か。ここは星野監督「もう一丁行くぞ」と田中に
声かけてあげないと。ハンカチ世代のリーダーは投の田中、打の坂本で決まりでしょ。
0

2011/10/16  10:32

渋谷三連投最終日はニカさん@WWW  音楽

三日間渋谷へ通い、違った場所でのLIVE観戦です。最終日の昨晩はお初のWWWで
二階堂和美を聴いてきた。しかしこの場所は以前は映画館で昔、Neil Youngの映画を見た
記憶がある。七月に出した「にじみ」のリリースツアー。12月まで30本余りをやるらしい。
それもバンド・スタイルで。彼女はカバー・アルバム「ニカセトラ」辺りからLIVEも
見るようになって、3度程見ている。とにかく自然体.....というか天然ボケ(笑)。
広島在住で実家のお寺を手伝い、僧侶の真似事もしている。都会のアカにまみれていない
というか、歌にも書き物にも純なものを感じる。この新作「にじみ」は和モノとしては最高だ!
バラエティに富んだ曲調は既知感を持つものもあるが、全て彼女のオリジナルでびっくりする。

ということでソールド・アウトのLIVEは10分押して19:10に始まった。満員の観衆に
感激したのか、暫くMCを続けアカペラで一節歌ってからスタートする。最後に彼女が
明かしたが、「にじみ」を曲順に17曲全曲演奏。バンドということでギターを弾くことは
ほとんどなく、ボーカルに専念した。しかし歌詞もしみじみ聴かせるものが多い。
歌は真摯だが、MCは相変わらず天然、そのギャップも楽しい。"女はつらいよ"は以前にも
生で聴いていたが寅さんのパクリ的な題名と曲調だが、聴くほどに味わい深く目頭がウルウル
するしだい。いや、これ名曲です。そして"説教節"は都はるみを思わせる唸りを入れた演歌か?
そして"いつのまにやら現在でした"は上々颱風を思わせる音頭。日頃洋楽中心に聴いてるが、
やはりワタシも日本人なのです(爆)。黒瀬みどりのピアノが心地良い"ネコとアタシの門出の
ブルース"は西田佐知子のオリジナルと言われたら信じちゃうような曲。物憂げなボーカルは
ニカさんらしくないか。新境地か?それでも能天気な"あなたと歩くの"や"Push Down"も
あるのでメリハリついてましたね。かってカバーした"蘇州夜曲"のテイストを持つ"萌芽恋歌"は
大陸(中国)的な雰囲気たっぷり。これも泣けるくらいに美しい名曲です。しんみり度200%
って感じ。"お別れの時"はサンバなのだが、エロい3人のサンバダンサーが出てきたのには
びっくりした。彼女たちも一緒にツアーして回るのかね。昨年から音楽仲間である藤井よしえ、
レイ・ハラカミを亡くしている彼女だが、明るい曲調なれど裏に隠した思いは大きいのだろうと
勝手に推測する。で 素晴らしい17曲だったのだが、アンコールとしてスチャダラパーが
出て来て、一緒に"今夜はブギー・バック"をやったのだが、会場の熱狂とは裏腹にワタシは
冷めていた。ラップってやはり苦手。もちろん歌も入るが、ここはニカさんバンドで終わりで
よかったよ。これってワタシが会場の皆さんと世代が違うことから起こるギャップ。
これは反主流派のワタシに罪があるのです。嫌なら帰ればいいってこと。しかし心情的には
−1点になっちまう。2時間5分ノンストップでやってくれた。素晴らしい!

決して美人ではないニカさんだが、この日は今までで一番輝いて見えた。曲によっては
オペラ歌手みたいな雰囲気もあった。神々しくもあり、彼女はこの瞬間は菩薩だったのである。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ