2011/11/10  22:32

羽田の本格国際化から早1年  旅行

昨年12月にANAでLA経由Las Vegasを利用したが、深夜発早朝帰着は自分には合ったプランで
使えると思ったが、世間ではそれ程好まれていないらしい。特に外国のエアラインは深夜枠は
駐機する時間が長くなり、コストパフォーマンスが悪く参画に二の足を踏む会社が多いようだ。
そういや昼間の枠は近距離のアジア諸国にしか解放されていない。新参のエアアジアは
別として欧州は英国航空、アメリカはデルタ航空とハワイアン航空位しか外国のエアラインは
飛んでいない。これらは昼の時間が解放された時の既得権狙いで我慢しているらしい。
そんな具合でデルタは結構ディスカウントしている。ただしオイルサーチャージが高いのが
今の時代は辛いね。もっとバンバン乗り入れてくると思っていただけに残念だ。
ここは日ごろから羽田に駐機しているANAやJALにもっと飛ばしてもらうしかないか。
それぞれアライアンスに加盟しているのでコードシェアとして外国各社は枠をもらって
リスクヘッジするのが得策なのかもしれない。その点デルタのスカイチームは独自に
飛ばなければならないか。いずれにしてもこの時間帯が無くならないよう祈ってます。
来年のEuro2012には深夜枠で飛ばないと都合が悪いからね。
0

2011/11/9  19:55

本音はいずこに  音楽

少し前にWilcoの新作「Whole Love」を聴いた。

クリックすると元のサイズで表示します

前のZepp公演で手数の多いドラムスを中心としたもの凄い音圧に圧倒され「もうついてけない」と
思ったのだが、新作出るとつい手を出してしまう。それもリミテッドを選んでしまうのが悲しい性。
しかし来日公演は絶賛されてましたね。今年のFuji Rockはどうだったんでしょう?
1曲目の"Art Of Almost"はまさにワタシがおののいたサウンド。「嗚呼...もうダメ」と思ったら、
音圧のキョーレツなのはこの1曲だけで、あとは割とフォーク・ロックっぽく楽しんで聴けるものも
多い。曲によってはペダル・スチールも聴こえてくる。懐かしやオルタナ・カントリー(死語?)
って感じ。なんかつなぎ留められちゃった感もありますね。彼らの本音はいずこに。
それでもLIVEは怖くていけないかな(爆)。

それにひきかえJayhawksの新作「Mockingbird Time」は安心して聴ける。

クリックすると元のサイズで表示します

Son Voltを加えた3組がオルタナ・カントリー三羽烏と思っていた。皆、90年代をたくましく
生き抜いてきた。実際はJayhawksは一度解散し、近年のGary LouisとMark Olsonの迎合が
遂にバンドとして復活したのが嬉しい。以前から二人でバンド・スタイルとしてやる時は
Jayhawksを名乗っていたが、昔のメンバーも迎えて空白を感じさせない。これもリミテッドで
もちろん買いましたよ。Wilcoが演奏命ならJayhawksはMarkとGaryのボーカルのからみが
肝だろう。歌モノ好きのワタシにとっては、彼らのサウンドは手放しで歓迎です。
WilcoもSon VoltもLIVEを見た今となっては、早くJayhawksのLIVEも見たいものです。
来年の4月はオーストラリアに行くようなので、ぜひ日本にも来てほしいが、ムリかな?
祈!来日。

0

2011/11/7  22:16

社会保障はどこへ向かう  ニュース

先ほどまで「TVタックル」の年金の話を見ていた。最近では68歳年金支給開始プランも
紙面を賑わかし人々の不安をつのらせる政治家たち。自分達は議員年金で安泰なのだろう。
こんな世の中だから、無借金で小金持ってる奴が強い。会社でも10年位前からアウトサイダー
気味に扱われており、蕨の関係ない会社に出向してから区切り区切りを目標として働いている。
まずは45歳、次いで年金積立期間の勤続25年、50歳と積み重ねて来て今年で勤続30周年だ。
来年の副賞旅行を過ぎれば、早期リタイアしても良いように貯蓄計画は10年前からしている。
当初の希望は海外生活だったのだが、世界的に不況渦となっているからかリタイアメントビザを
発給している国もそのハードルを高めにしている。ただ単にその国にある程度貯蓄している
だけではもはやダメで、固定的な収入を求める国が多い。投機、不動産、年金などとなるのだが
その点年金の支給が遅くなるのは致命傷だ。どの国も不良外人なんて引き受けたくないだろう。
その上、家のバア様が癌になったりして出難くくなったのも痛いね。まあ、こうなったら
日本に本拠をかまえ、時々ロングステイという感じがベターなのだろうか。いずれにしても
7月に再び異動となり、来年の9月に経理システムの入替があることを考えれば、再来年一杯は
少なくとも務めることになろう。こう見えて結構責任感は強いのである。まあ、ズルズルと
定年までいるかもしれないし、大きな事は言えません。来年からはオマケの会社生活位に考え、
よりストレス感じない様にやりたい。有給休暇も今以上に使うか(爆)。自分の未来は自分で
面倒見る位に考えないと。寂しいけれど今はそんな時代になりつつある。
0

2011/11/6  7:50

熟練の味  音楽

昨日はMFQ(Modern Folk Quartet)のマチネ公演に行ってきました。何度も見てますが
コーラス・ハーモニーとかは年をとっても衰えるものではなく素晴らしかった。

「どこに隠れていたんです」とフロア・リーダーのミサちゃんに突っ込まれる。確かに店に
来るのも数年振りか。帰りの精算の時にも「そんなに間を空けずに来てね」と言われてしまった。
了解です。まあ、来ればそれなりに飲み食いするので悪い客ではなかろう。

定時の13:30になると麻田氏が出て来てメンバーの現況をMCして始まった。ジェリーは
ジョン・セバスチャンとラビン・スプーンフルのリユニオン・ツアーをし、ヘンリーは
相変わらず写真を撮ってるらしい。昔、日本のSWITCHで出した写真集をアメリカで
出し直したようで、この日も販売していた。日本版を持っているので買いはしなかったが。
サイラスはハワイで悠々自適、あれ、チップは何してたんだったかな?いずれにしても
一緒にはそんなにやってないのだろうが、始まれば昔の歌声が響く。愛すべき70年代カバー集
「Highway70」からは全然やってくれず、ちょっと寂しかった。しいて言えば"噂の男"が
70年代か。日本に子供の時に住んでいたヘンリーが紙芝居をやったのがちょっと面白かった。
ジェリーのギター、チップのベース、サイラスのウクレレ、ヘンリーのバンジョーが基本の
演奏で、サイラスはお馴染みのミュージック・ソウ、ヘンリーはクラリネットも吹いた。
三つ子の魂百までも。昔取った杵柄は今も衰え知らずでした。まあサイラスは70中を過ぎて
かなり年取っちゃって小さく見えたのはしょうがないか。一番若いチップでも60中は過ぎている。
まあこういった演奏とボーカルのスタイルは年も関係ないので、体が続けばいつまでも
できそうだ。今回が最後の日本ツアーと噂されるが、気が向いたらまた来ればいいでしょ。
90分ちゃんとやってくれたもの。こういった素敵な爺さま達にワタシも憧れます。

その後本屋やCD屋を徘徊し、夕刻からTP'SのOFF会へ合流。昼から飲んでいたので、
10時過ぎの一時会で珍しく退散させていただきました。
0

2011/11/5  0:40

ちょいと出し惜しみでんがな  音楽

数日前に届いていた「The Bridge School Concert」のDVDを先ほどまで見ていた。
初めてImportcdsで買ってみたが、2分割され最初のCrosby & NashのDVDは2週間も前に
出荷されてたのに来たのは一緒、何故や?おまけにC&Nは別会社の伝票と共に2枚入ってた。
カードは1枚分しか計上されていないし、張りつけられたシールも1枚分だったからまあいいか。
以前ohanaさんに教えてもらっていたのだが、ここも安いよ。基本送料$5で1枚毎に$1.99かかる。
枚数買えば薄まるからamazonとそんなに差はないよ。てな訳で、amazonのUS.UK、CDWOW!
何かと見ながら安いのあさってます。もちろんamazon.jpとHMVも狩猟場です。
と言う事で「The Bridge School Concert」のDVDは送料込1,600円位で買いました(喜)。
しかし3枚組なれど1枚はベネフィットの意義と紹介、子供たちとのバックステージの姿であり
演奏場面も2枚各60分の計2時間とケチ臭い放出でしたね。もちろん演奏は最高です。
第1回1986年のBruceやTom Pettyは当時西新宿のブートビデオで嬉々として見ていたので
懐かしかった。6時間位出してくるのかと思っていたので、かなりガッカリ!我らが兄貴
JacksonもCSNYも無しか(泣)。しかし25年分ですから、80年代のお姿は皆若々しい(爆)。
CDは若干曲が違うようなので、こちらも買うかまようところであります。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/11/3  9:05

完璧なエンターテインメント  音楽

昨晩はAdriana CalcanhottoのLIVEを見に行ってきた。久しぶりの18:30開始ということで
18:00終業早々に事務所を抜け出し有楽町のよみうりホールへ。平日のLIVEは19:00じゃないと
ちょっとつらい。近場の有楽町でよかった。しかし始まったのは18:50。ソバでもかっ込んで
くるんだった。女性比率がそれなりに高い。さすがMPB(Musica Popular Brasileira)です。

ギター、コントラバス、ドラムスのアコースティック・トリオを従えてAdrianaは黒っぽい衣装で
出てきた。シックです、そして音も以前来た時のおきゃんでケタケタ笑う姿とは違っていた。
一貫して凛としたたたずまいで歌っていた。ちょっとシャンソンの人みたいな感じもあった。
新譜「サンバの微生物」の楽曲を中心としているための演出なのだろう。ポルトガル語なので
はずかしながら曲名はイマイチなのだが、耳に聞き覚えのある曲が続く。しかしそんな中でも
食器をスプーンやナイフでパーカッション化したり、拡声器をもちいたり、ヘアドライヤーで
ギターのモライスの譜面を飛ばしたりと随所に視覚的にも訴える。そして帽子やカーニバルの
お面を使ったり、時折見せるダンスはブラジルっ子の真骨頂と完璧なエンターテインメント。
もちろん歌もすばらしいのだ。もう少し行っちゃうとケロヨン声になる所だが、この日は
シックな雰囲気保つために抑え気味だったかも。本質は下町娘じゃないかと思ってるのだが。
そして特筆すべきはバックの連中の鋼のようなしなやかさ。特にドラムスのドメニコは最高だ。
バスドラとスネアしかないのだが、タイコの淵も使いながら気持ちの良いパーカッションを
叩きだす。各種スティックを使いまわすが、素手でスネアを叩くとそれはコンガに聞こえた。
途中スタッフのおじさんが、何度も彼女に紙ふぶきを振りかける。そしてアンコールが終わると
彼女は客席へ向かい、その紙ふぶきを投げかけた。それは彼女なりの聴衆への感謝の証
だったのではないか。プリマドンナのように足を組み、深々と何度もおじぎをする姿が印象
深かった。最初から最後まで完璧なショウの100分でした。やっぱりAdrianaはカッコイイ!

クリックすると元のサイズで表示します ← まさにこの姿でした
0

2011/11/2  0:15

Bergenfest  音楽

2009年にJackson Browneを見に立ち寄ったノルウェーのBergenfestであるが、
来年は6/21-24の日程になっている。Euro2012を見た後で寄るには良い日程だ。
どういうメンツになるかは分からないが、結構アメリカからもSSW系やSoul系の
ミュージシャンが出ている。メンツによっては再訪するのも悪くはないかもね。
それでなくてもフェスに来る奴らは他のヨーロッパ諸国もツアーするので、
どこかで捕まえる事は可能だろう。てな訳で夢想は果てしなく続くのです(爆)。

只今、夏にLAのAmebaで買ったRickie Lee JonesのDVDを鑑賞中。老魔女してます。

0

2011/11/1  19:54

LIVEに行こうよ!  音楽

11月を迎えたっていうのに思いのほか暖かな日々であります。これならまだまだ外へ出易い。
残すカレンダーも2枚ですが、まだまだLIVEへは行きますよ。今月はこんな感じです。


★Adriana Calcanhotto 11/2@よみうりホール 前売6,000円

クリックすると元のサイズで表示します

まさかの再来日!4年前の来日もインテリジェンスと気さくさが良い感じにブレンドされた
楽しいLIVEを見せてくれた。ポルトガル語は良くわからないが、時々ケタケタ笑う様がステキ。
今のブラジルの音を聴かせてもらいましょ。SSWの奏でるサンバもまたよしです。


★MFQ 11/5@BACK IN TOWN 前売7,350円

クリックすると元のサイズで表示します

TOM'S怒涛の4連荘のラストを飾るModern Folk Quartet久々の来日。お付合いして完走です。
大好きな70年代のカバー集「Highway 70」から沢山聴かせて欲しいものです。お昼のマチネに
行きますが、昼から飲みますよ〜。


★くるり 11/15@Zepp Tokyo 前売4,800円

クリックすると元のサイズで表示します

5人組のバンドに戻ったくるりを2年ぶりに見に行きます。ヤフオク半額です(爆)。


★Mayer Hawthorne 11/16@Billboard東京 カジュアル4,500円

クリックすると元のサイズで表示します

フィリー・サウンドみたいなスウィートなBlue Eyed Soulを歌うメイヤー君、いいよネ。
前回のLIVEもちゃんとバンドでやっていたし、今回も楽しみにしてます。CD聴き込まないと。


★Yvonne Elliman 11/19@Cotton Club 自由5,500円

クリックすると元のサイズで表示します

懐かしさ一杯のイボンヌ姫。バックも4人連れてくるようだが、間違ってもハワイアンには
なるまい。Kaki Kingの時に割引券もらったので2,000円Offの5,500円で見れるのがラッキー。
その分ビール飲んで店に貢献するとします。


地味ながらも楽しみな11月であります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ