2012/2/29  23:44

明暗の別れた代表戦  スポーツ

男子のW杯予選対ウズベキスタンと女子の対ノルウェーのサッカーWヘッダーを見る。
男子はベスト・メンバーなのに0-1で敗戦。間合いが悪いというか、1歩の出足で負けていた。
海外組の疲労なんかは弁解にならない。それよりシュートを撃とうとする意識に欠けている。
これじゃあ昔と一緒。ゴール前でもパスを繋ぐだけでフィニッシュまで行かないもどかしさ。
香川は撃ったが、相手のブロックにことごとく阻まれた。まあ、前半の岡崎のバーを叩いた
シュートが入っていたら変わってたろうが、タラレバじゃダメでしょ。ハーフナーも李もシュート
撃ったのか?それよりダメだったのが長谷部か。途中で細貝に代えるべきだったのでは。
宮市使いそびれたのも残念。香川が下がってボールの起点になっていたのが嫌な予感だった。
それって遠藤の役目だろうに。これで最終予選の第一シードは難しくなりそう。だとすれば
確実にオーストラリアか韓国に当たることになる。それよりもウズベキスタンに1引き分け1敗と
相手に日本組し易しと思わせたことに問題がある。最終予選で同一グループに成らない事を
祈りたい。ホーム&アウェーではホームの勝利は必至。スカウティングをしっかりして、
最終予選にはあたらないと。今が底として、6月からの最終予選でどう盛り返すか楽しみです。
M気でもっ見て行くとします(笑)。

その点、女子は底力が付いている。1点先取されるも、最後には2-1で勝利をおさめている。
まだまだ澤の調子は上がっていないが、さすがに宮間の精度の高いキックは群を抜いている。
そしてフランスで腕を磨いた鮫島は攻守に安定感を増していた。ポゼッションは高まらないし、
ミスも多かったが、新しい選手を試しながら勝利したことは評価できる。米国戦が力量を図る
試合となろう。ポルトガルのアルガルベ杯は勝つ以上に沢山試合をこなすことが大事でしょ。
0

2012/2/29  21:48

マイアミのおばちゃんは陽気でパワフル  音楽

2月も追加で行ったので、昨日のBetty Wright@Billboard東京で二桁の10本目。はっきり言って
オーバーペースです。しかしムリして行ってよかった。2部構成から1部構成になったことから
かなり厳しい状況で来るのかと心配していたが、そんなことは全然なかった。良くしゃべるし
根本明るい人なのだろう。下世話さもたっぷりだが、体から元気が溢れていた。オバちゃんと
思いこんでいたが、まだ58歳ということでまだまだ歌えますよ。頭はアフロで爆発していた(笑)。
バックはベース、ドラムス、ギター、キーボード、パーカッションに3人の女性コーラス。
娘がいたり、兄貴がいたりとファミリーバンド的なノリがなかなか良い感じ。
去年出た「The Movie」ってのも良いアルバムでそこからも"In The Middle Of The Game"や
"Surrender"なんかを歌ってくれた。しかし良くしゃべる。「ザディコ大好きなのよ」と言って
出てくるのはAllen Toussaintの"Shoorah Shoorah"。明るいSoulも素敵です。かと思えば
最近亡くなったWhitney Houstonの"The Greatest Love Of All"をバック・コーラス達と歌うなど
周りの良く見える人ですね。だからこそ若くしてJoss Stoneを世に出すことができたのだろう。
十八番の"Clean Up Woman"では途中にJames Brownの曲を挟みながら長々と歌ってくれた。
いや、盛り上がりましたね。本編が終わり、客電が灯って終了のアナウンスが流れるが
何と彼女たちは戻って来てくれた。アンコールはMichael Jacksonの"Rock With You"のカバー。
懐深いな〜。いや、素晴らしい。近くの席の女性は「Bobby Womackよりこっちの方が良かった」
なんて話してたな。時計を見れば100分もやっていた。これは1部構成の価値ありでした。
途中、店のスタッフから時間が伸びているとキーボードの人に告げていたようだが、それでも
もう1曲、さらにアンコールとやってくれたに違いない。会場の盛り上がりと彼女の高揚感が
そうさせたのかもしれない。そういった点でもLIVEの醍醐味を見た感じがする。
これだからLIVE通いは止められまへんな(爆)。

0

2012/2/28  22:57

ドライヴ感抜群のペダルに驚嘆!  音楽

「音が大きいですよ」とはお店のスタッフの弁。ステージ真ん中にペダルスティールが陣取り
何故かその前の座席は外されている。だからと言う訳ではないが、かぶりつきで見れるのを
一番前のテーブルなれど、一座席後ろに位置した。昨日のRobert Randolph公演の会場入りの
シーンでした。TOMO先生と同席するのも今月4回目。もはや半年分は消化したかも(爆)。
Robertのプレイを今は無き新宿リキッドルームで見たのは、7.8年前のことだろうか。
その時もビックリしたが、この日もあらためて彼のペダルの豪放さに度肝を抜かされた。
カントリー系のペダルではなく、教会系のセイクリッド音楽のペダルが起源と言われる彼だが
ジミヘンなみの凄まじさだ。リズム隊とギターの3人を引き連れ、時にあまり上手くない
ボーカルも交えるが、表情豊かなインストプレイを延々と続けても飽きさせない。右手を
空手チョップのように叩くしぐさを見せたり、ペダル本体を前に倒したり回したりと豪放だ。
これで前のテーブルを外していた意味も分かるというもの。気持ち前傾にセットし、噂では
弦は13弦もあるらしい。予想通りの爆音だが、ノイジーでは決してないのが素晴らしい。
そして"The March"では客席から女の子をステージに上げ、一緒に踊ったりしていた。
白眉はアンコールでの"Purple Haze"か。やはり彼はジミヘン系のギタリストだ。
そして前席の外人女性からビアグラスを受け取ると一気に飲み干し、スライドバー代わりに使う。
いや、見せてくれます。そしてラス曲では"Maggie's Farm"も織り込みながら、ベース、ドラムスと
楽器回しを見せてくれた。これは昔も見ており、開演前にもTOMO先生に話していたのです。
いや、やってくれたって感じですね。リズム隊の連中も器用にペダルを弾くのには感心しますよ。
終始フルスロットで弾き倒してくれた95分。終演後にサムピックやドラムスティックを前席の
女性たちにプレゼントしていた。手を出すもこちらには目もくれやしない。女性は得でイイネ。


0

2012/2/26  10:47

午後から飲み通し....  音楽

木曜の夜にBobby Womackへ行く前にWoodstock Cafeに寄ると、A部マスターが「明後日
LIVEやるんだけど今19人集めたのよね」と囁く。どうも来てほしいような口ぶり。
場所は水道橋の東京倶楽部と言う事で定期券の範囲。おまけに14時からのマチネ公演。
1月のAnyの皆さんとの新年会の帰りに寄ったら少し歌っていた玉野井氏とのジョイントとの事。
優しき私は「夜はダメだけど昼なら行ってもいいよ」と昨日、足を運んで参りました。
2杯付でチャージ2,100円とまずまず良心的なお値段。お店に優しいワタシとしてはナッツに
さらに2杯オーダーしてお店に貢献してきました。しかし何か昼間と言う事でお店も商売っけなし。
後から旧知のシドさんが来たので一緒に見ていた。マスターは結構MCも朴訥にこなし、
英語曲に勝手に歌詞つけたり、知られざる日本のフォークシンガーの楽曲を歌っていた。
最初はギターとマウスハープでソロ2曲、それからはベースとドラムスが入ってバンドスタイルで
約50分。途中ブルースハープが1曲入り、後半はピアノでロケット・マツが一緒にやった。
そういやマスターが「ロケット・マツとは昔一緒にやっていた」って言ってたな。マツさんは
PANTAのバックやパスカルズで見たことあります。マスターの人柄の現れた優しい音であるが
「ドラムス叩き過ぎ」とシドさんと話してた。音がでかくてボーカル殺すよ。HM出身で、
目いっぱい叩かないとリズムキープできないとは、マスターの弁。しかしちょっとな。

玉野井氏はブルースなのかと思ったら意外にフォーキー。ギタリストと二人で自作の曲を
歌っていた。結構良い声で、70年代のアングラ・フォークの人みたいな印象を受けた。
彼も50分位やって終演。時々Woodstock Cafeでもやっているので、機会があったらまた聴こう。

で 場所をWoodstock Cafeへ移して打ち上げするって言うので、夜の時間にはまだあるので
シドさんと共に参加。夜Karla&JDへ行くと言うと「いいな"Water Is Wide"」としつこい位に
言われちまった(爆)。彼女はAdeleアレルギーらしいが、「最高じゃん」と答えると「なんで〜」と
帰してくるのが可笑しい。重なる所もあれば反対の事も少なくなかったが、Kathleen Edwardsが
好きらしく、「3回観たぞ」と言ったら、「いいな〜」と返してくれてご満悦でした。
こちらもCropredyへ行ったことがあると聞いてびっくりした。Fairportのお祭りは憧れですもの。
そんなことを話しながらお茶の水を後にして六本木へ移動。マスターには「1万円」「五千円」と
冗談めかして言われたが、この辺りが妥当と二千円置いて逃げるように店を後にした(爆)。

六本木でTOMO先生とMAMIさんと合流し、近くの魚真へ行けば「7時40分迄貸切」の文字。
これはいけませんと近くのピザリアへ行けばここも満席。難民になってもしょうがないので
天狗へ逃げ込み夕食を兼ねて杯を傾ける。しかし午後から飲み通しのワタシでした。
20時までにBillboard東京へチェックインしないといけないので、そこそこで退散。
10番目の入場だったがピアノ前の一番前の席に陣取れ、一同まずはご満足。さらに2杯程飲み
開演を待つ。開演少し前に「キーノさん」と声がするので顔を上げると、あらお久しぶりの
Mr.99。やっぱりこの辺りのLIVEにはそれらしい人に会う。開演間近だったので軽く挨拶程度に。

5分押した21:05になるとJDが出てくる。スーツ姿で相変わらずのダンディ・ガイ。しかしここは
Karla Bonoffの紹介MCでJDは退場。KarlaとJDは順番にそれぞれのソロを4曲位やってから
一緒にエンディングまでやってくれた。バックはおらず、Karlaは"Lose Again"など数曲では
ピアノも弾いていたが、概ね二人ともアコギでしっとりと歌っていた。「Kenny Edwards
逝っちゃったんだな」とあらためて思いました。"Trouble Again"で大きな拍手をもらうのを
見たからか、JDは何度もおどけて"Trouble Again"を一節唸るのでした。仲良しなのね二人。
我々にとってはLindaを介して身近になった二人。一緒のステージを見れるのはおいちゃん的には
嬉しいのです。地味な"Home"とかも素敵な佳曲です。シドさん大絶賛の"Water Is Wide"もね。
JDにも必殺の"You're Only Lonely"があるが、Eaglesとの共作に素晴らしいものが多かった事に
あらためて気づく。"New Kid In Town"、"Best Of My Love"は最高だった。Lindaで馴染んだ曲も
数曲あったが、"Prisoner In Disguise"が聴けなかったのだけが心残り。70分とちょっと短めだが
同行のお二人も満足したようで、まずはヨカッタ。酒飲み通しで終盤ちょっと眠たくも感じたが
何とか完走いたしました(汗)。サイン会の列に並ぶMr.99と少し話して会場を後にした。
相変わらずシングル・レコードを持ってきている彼氏を見て、思わず頬が緩むのでした。

0

2012/2/25  8:00

残念ながら  映画

見ようと思っていた「Jエドガー」が3/1に上映終了の模様。もはや昼間1回しかやっておらず
これは断念ですね。映画は千円で見れる日かレイトショー割引でしか見る気はないから。
良くて名画座、もしくはWOWOW辺りで見ることに成ろう。スミマセン、イーストウッド監督。
0

2012/2/25  6:51

南から来た男  音楽

「私の音楽はゆがんだフォーク・ミュージックです、楽しんでください」と冒頭に日本語で
Jeff Langはつぶやいた。それが昨日のUnitでのLIVEの始まりだった。初見の彼にそう多くはない
知識で出かけたが.....いや、凄かった。ドラムスだけがバックなのだが、エフェクターを駆使した
彼のギターと共に途中から爆音のステージとなった。しかしこれが気持ち良いのだ。
ボーカルも取るのだが、歌以上にギターが語る。ドブロ、アコギ、ワイゼンボーンと基本的に
アコースティックな楽器なはずなのだが、電気増幅されエフェクターをかけることによって
ドブロとアコギは違った音色を醸し出す。ある種マジック。そして必殺のスライド・プレイ。
相方のドラマーも彼のギターに負けずに叩いて、こちらも素晴らしかった。いや音圧が凄くて
二人でやっている気がしなかった。良いもの聴けた感が強かった。115分見ていても楽しかった。
入場時に入場者サービスでCD-Rが配られ、お得感はさらに増している。今、それを聴きながら
カキコしているのだが、やはり生の方が遥かに凄みを感じるJeffさんでした。
0

2012/2/24  1:10

老いた中にもキラリと光るものを見た  音楽

Bobby WomackをBillboard東京で見て来た。バックはリズム隊にギター、キーボード2台に
3管と3人の女性コーラスの大所帯。結構なチケット代だけにこれ位居て当然か。
しかしBobbyは老けていた。そして体調も悪いのか、歩く時には杖を使い、歌う時もほとんど
座っていた。それでも曲は良いし随所に往年の歌声が聴けた。"Across 110th Street"、
"Looking For A Love "等が聴けるとやはり嬉しくなる。あ〜"I'm So Proud"は聴けなかったな。
ギターも弾かなかったか。それでも師匠Sam Cookeの"A Change Is Gonna Come"を聴くと
こみ上げてくるものを感じる。満員の観衆からは常に暖かい声援が送られていた。90分。
また体調を直して来日して欲しいと思う。厳しい意見は彼には似合わない。それだけのものを
残してくれているのだから。
0

2012/2/22  23:58

あと1点  スポーツ

欲張りな私としては、あと1点取りたかったというところ。東の最後のシュートが当たり損ね
だったのが惜しまれる。それでも4-0だから最高!この後のシリアvsバーレーンがどうなるかは
分からないが、どちらが勝つにしても1-0なら最終戦がホームなので期待は膨らむ。
それでもバーレーンに2-0に勝つのが条件だと思うが。シリアがマレーシアから4点差つけて
勝つとは思えないのですが.....。関口監督も以前はキャプテンを任せた位に信頼を置く山村が
故障上がりでシリア戦の調子が悪かったのを見るや、扇原をスタメンに使ったのがヒットです。
山村よりも攻撃の起点にもなれる選手である。縦へのパスも鋭いし、この日はFCやCKも
蹴っていた。何より山口とはセレッソでもボランチを組んでおり、コンビネーションも良い。
このまま最終戦も使われるだろう。可哀そうだが左サイドバックの比嘉はクロスの正確性がなく
このままロンドン行きが決まっても、シュツットガルトでスタメンを取りつつある酒井に
ポジションを取られるだろう。サイドは両酒井で決まりだ。いずれにしても最終戦は故障の
メンバーや海外組も召集してロンドン行きを決めてくれるものと信じております。

0

2012/2/22  20:31

本日で30分の時間延長終了  

1月から入っていた30分の時間延長が、やっと今日終わりました。18:30だと19:00のLIVEに
間に合わないんですよ。ホールでないと2nd中心に動いているが、まあこれでやっと解放された。
だからと言う訳ではないが、明日から3連荘です。明日のBobby Womack楽しみ〜。
ここんとこ出退勤にいつも聴いてます。特にThe Poetの三部作は脂がのりきっている。
歌い方ははっきり言ってがさつだが、何とも濃いSoulを感じる。"I'm So Proud"とか
歌ってくれないものかね。この曲好きなのよ。Curtisの曲とは別ものです。
3連荘に留まらず、6日で5本。強化週間です(爆)。

さあ、風呂に入って身を清めてから五輪サッカーチームを応援するとします・目指せ5-0!
0

2012/2/20  23:11

お〜ロンセク君も来るんですね  音楽

昨年のLIVEのベスト10に入れたRon Sexsmithが、我がホームBillboard東京へ登場です。
4/27.28の2Days。カジュアル5千円からと良心的な値段を考えるとソロなのかな。
昨年見たBandが良かっただけに、ちょっと心配です。是非ともBandでの来日を希望です。
この辺はOhana兄さんの守備範囲ではないでしょうか? ダニエル・ラノワも来たし、
カナダ繋がりでブルース・コバーンやキャサリン・エドワースも待ってますぜ。



CD WOW!がWOW HDとなって再出発とのこと。内容は変わらずで一安心です。
0

2012/2/19  16:25

ボチボチ行こか  旅行

昨日、大貫妙子のLIVEに行く前に有楽町のJTBへ寄ってきた。会社からの書類も降りたので
6月の旅行を決めようと思ったのだが、自分が思うようには世の中回らないものである。
JTBのネット部門のTornosで下調べし、ご丁寧に旅程案を組んでプリントアウトして行ったが
窓口の御嬢さんはちょっと反応が遅い。結局は欧州でのオーブンジョーでのインアウト、
ベルリン・ロンドン間のワンウェイしか決まらないってどういうこと(爆)。特にポーランド内の
列車が60日前にならないと分からないと言うのが困りもの。現在の値段も分からないし、
寝台車がある事も、取れるかとれないかも分からないってどういうこっちゃ?
「最悪、ユーレイルのポーランドパスを買って行くよ」と捨て台詞をするしかなかった。
これじゃあワタシが悪役だ。おまけにイギリスへは行ったことがないらしく土地勘ないんで、
こちらから説明してあげなけりゃいけないトホホ状態。結局、あちらからは提案できずに、
こちらで下調べしたホテルを検索するだけ。で タイムアウト。「次はいついらっしゃいます」
って言うから、「後はメールでやりとりしましょ」と再びの捨て台詞でメルアド書いてきた。
まあ、こちらはそれなりの旅人ですから、適当な対応では満足しないのは事実。
こんなことに1時間半もかけるつもりなかったので、上野で席に着いたのは開演5分前でした。

そんな中、6/19にロンドン近郊のHampton CourtでSqueezeのLIVEが決まったのは朗報だ。
早速予約したら真ん中2列目が買えたよ。まあ、たまには良いこともないとやってられない。
6/23にエジンバラでLIVEがなくても、サッカー3試合にLIVE4本だからお腹一杯ではあります。
0

2012/2/19  13:48

朝一仕事  

毎年恒例の母の確定申告に朝から取り掛かった。会社でも同じような事をしていて、
公私の切れが悪い事。昨年から国税庁の作成プログラムを使っており、前年データを
部分的に使えるし、計算は勝手にやってくれるので随分と楽になった。それでも相方が
ボケ老人なので、結局は昼食を挟んで13時過ぎまでかかってしまった。まあ、これだけは
ビジネスとしてやっており、1万円いただいたしだい。まだまだLIVEにも行く今月だけに
助かります。さて、これからのんびりと午後を過ごすとします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ