2013/2/6  21:15

2013年初戦  スポーツ

W杯予選に向けてのサッカー日本代表の本年度初戦。欧州選抜とも言うようなスターティング・
メンバーで時代の流れを感じます。まあ、国内組はオフですから外したらしい。前半は繋ぐが
シュートは少なかった。それでも岡崎の得点で1-0、後半も本田と岡崎の2点目と3-0の完勝。
もはや格下の相手では危ないシーンは少ない。両サイドの内田と長友もシュートを打つようになり
進化を見せてくれたが、交代で入った酒井も良い動きで底上げが感じられる。大津は少し
気負い過ぎだったようだ。しかし香川のゴール前でのワンタッチのパスは効いている。
一発で得点の匂いを感じさせてくれる。体調も良さそうなので来月の予選も頼もしく感じる。
交代で入った乾も素晴らしかった。何よりトラップの技術の高さを感じる。ワンタッチで
良いポジションにボールを置けるので、次の動きがホントにスムーズです。そしてシュートの
意識も高い。香川、清武、乾のセレッソ・トリオで2列目を組む日がそのうち来るかもしれない。
いずれにしても初戦としては上々。次のヨルダン戦でW杯行を必ずや決めてくれることだろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ