2013/3/18  20:28

ポップな奴ら  音楽

昨晩は代々木Zher The ZooでHicksvilleを見て来た。実際にはホフディランとの対バン。
ホフディランは初めて見るが、ワタナベイビーと小宮山雄飛のデュオはこちらもポップで
なかなか良かった。いつもHicksvilleの真城めぐみがバック・ボーカルを務めているのだが
この日はバックも付けずに、二人のギターとキーボードで務めていた。1曲だけトランペットの
サポートが入ってましたか。共にMCよりも歌ってる時の声にパワーを感じた。知らない曲でも
ポップな曲には反応するワタシです。最新作「2 PLATOONS」からの小宮山の歌う"ドライブ"が
一番良かったな。結構テンション高めに行われた55分。彼らのファンも多いようだった。
しかし若いファンが多い上に女性比率も高く、少し場違いを感じておりました。

10分程度の転換でHicksvilleの3人が出てくる。まずはイベント・タイトルの"バンブークラブ"から
歌い始めた。小暮氏のリーゼント風は変わらないものの、中森氏はパーマをあてチリチリになり、
真城は赤く髪を染めていた。何か年を感じる3人だが、自分らも話していたように珍しくも
LIVEが続いており、演奏はこなれている。真城の歌はコーラス・セッションでも引っ張りだこ
のように、やはり上手いしイイのです。最近は公式リリースは少ないが、どうも手売りでCD-Rは
出しているらしく、知らない曲も結構やっていた。その中には小暮氏がアイドルに書いた曲
ってのもあった。歌詞はちょっと若者向けだが、曲は彼らが歌ってもおかしくないものでした。
それでもワタシは懐かしい"夜間旅行"に魅かれてしまう。こういう胸キュンなポップ・ソングを
もっと歌って欲しいんだ。だから"月光浴"とか"夢の涯て"が聴けないのはとっても寂しい。
本編ラストはデビュー曲とも言っていい"ライダー"。いや元気一杯、初心忘れずってとこですか。
アンコールではホフの二人と一緒にまずはホフの曲、そしてオオラスはヒックスビルの
"バイ・バイ・ブルース"が演奏された。ワタナベイビーにもソロを歌わせた後者は楽しかったね。
アンコールも含めて80分。次は4/1にLIVEがあるようだが、この日は行けません。5/18に真城が
うつみようこ、伊東ミキオと渋谷でやるLIVEには行こうかと思ってます。数は少なくとも
解散などせず、時々思い出したように3人で集まってくれたら嬉しいです。
すぐに帰ってきちゃったけれど、物販コーナーでCD-Rを買えばよかったかと少し後悔してます。

0

2013/3/17  7:07

シンガポール行近づく  旅行

火曜深夜というか水曜未明に、羽田からシンガポールへ飛ぶので昨日は準備に取り掛かった。
先週の内にAsiatravelから来ていたメールでチェックしたら、チャイナタウンのホテルが1泊
五千円代で出ていた。そこならLIVE会場のFort Canning Parkからも20分位で歩けそうなので、
予約していたホテルは無料キャンセルが可能なので変更しました。グレードに大差はないので
安いのは魅力です。LIVEの終演が0時を大きく回るので歩いて帰れない所では困りますが、
それもOKだ。TAXもあり7千円を少し切るだけになるが、円安で予約時よりも多く返金され
3泊で五千円位の節約になりそうですね。宿は寝るだけだし、悪くない選択だと思ってます。
まあ、部屋はどちらにしても狭いようです(爆)。

丁度旅行中はRestaurant Weekらしくランチとディナーを多くの店でセット・メニューとして安く
提供するようだ。旅行の日程と照らし合わせ、初日のランチとディナー、帰国日のディナーを
予約してみた、ランチは2,000円、ディナーは2,800円てとこでしょうか。残りの日はホーカーズ
なんかで過ごすとします。チャイナタウンにいるので中華も食べると思いますね。

観光的には、ボタニックガーデン、ホランダ・ヴィレッジ、水族館、マリーナ・ベイ・サンズ、
タイガービール工場には行くつもりで、工場見学は予約しました。あとはオーチャードや
ラッフルズ周辺を散策すればタイム・オーバーか。シンガポールのサッカー・リーグも
開幕しており、3/20にアルビレックス新潟のシンガポール・チームの試合があるのを発見。
これJ1新潟の下部組織で純粋な日本人チーム。500円位で見れるようなので行ってみるつもり。
スタジアムも地下鉄で行けるようでアクセスも悪くない。19:30キック・オフなのでディナーは
17:30のスタートで予約した。18時前にディナー予約できるところは少なかったが、割かし
宿に近い所でフレンチの店をRestaurant Week対象で予約できて良かったです。

これで準備OK。今日荷造りすれば、後は出発を待つばかりか。
0

2013/3/14  20:10

お〜 Fuji RockにMumford & Sons降臨  音楽

フジ・ロック出演者第二弾にMumford & Sonsの名前があるじゃないか。野外で盛り上がりそう。
見たいなこいつら。それに加えAimee Mann、Ron Sexsmith、Suzanne Vega、Daniel Lanois、
Gary Clark Jrなんて地味だがワタシ好みの連中が名を連ねている。結構惹かれます。
0

2013/3/13  7:41

少し期待外れか....  音楽

楽しみにしていた旧友再会Emmylou Harris & Rodoney Crowellの「Old Yellow Moon」だが
残念ながら可もなし不可もなしの平凡な競演に終わった感が強い。これはというキラーチューンが
ないのよね。Rodoneyも共作を含め12曲中4曲しか書いてないし、どうしてなのかな?
当時の香りはするが、新たに訴えるものがない。どう見ても先にリリースされたKelly Willisと
Bruce Robisonの新作の方が、デュエット・アルバムとしては優れていると思える。
まあ、LIVEは新旧の曲を演奏するので良いのだろうが、アルバムは期待していただけに残念。
もう少し聴き込んで、新たなる良さを探すとします。
0

2013/3/11  22:08

余裕を感じます  音楽

昨年に続いてのPaul Bradyの来日。会場は同じ吉祥寺のStar Pine's Cafeだが、今年は1日伸び
3日間公演。昨年は初日に行ったのだが、2日目の方が良かったらしく、今年は東京楽日の昨晩
3/10に見て来ました。昨年の2日目に飛び入りした山口洋が今年は3日間出演のアナウンスが
あるのも楽しみであった。ビールを3杯程飲み開演を待つ。体調的には花粉にやられて、目も鼻も
イカレた状態。そんな時でも酒を飲むのは、店に優しい男の真骨頂である(笑)。

定時の18時になると客電が落ち、Paul御大が現れる。顔にはマスクをつけている。東京で
沢山の人がマスクをしているのを見て、ふざけてつけてきたのだろう。御茶目な親父ですね。
アコギを取り歌いだしたのはHank Williamsのカバー"You Win Again"だった。
沢山のオリジナルがありながらカバーから始めるとはチョット意外でした。1部は一人で演奏を
続け、曲によってはヒロシのブズーキを弾いたり、ピアノでも数曲歌ってくれた。結構、彼の
ピアノもイイ感じで好きですね。"Dancer In The Fire"素敵でした。そしてギターを弾く物腰は
柔らかく、時々セクシーにも感じるのが不思議だ。お客がどこまで英語を理解してるかは別として
マイペースでMCをかましてくる。まあ日本のお客にも慣れてきたのか、余裕綽々って感じでした。
"Nothing But The Same Old Story"を軽く歌ってしまったのはちょっとガッカリ。あの曲は
もっと気張って歌ってくれないとな。"Nobady Knows"等も歌って50分で1部終了。

15分程の休憩を挟んで2部はヒロシとの共演からスタート。アイリッシュ・ミュージックに
含蓄の深い山口洋だけに、御大のギターに上手いことギターを重ねて行く。Dolores Keane の
ゲストでギターを弾いてるのを見てからどれ位経っているのだろうか。「ヒロシなかなかやるな」
とばかりに御大も所々にこやかな2部であった。"Blue World""Paradise Is Here""Rainbow"
"Steel Claw"と、はて?1部でやったのか2部でやったのかはイマイチ記憶が怪しい(汗)。
2部の途中で1度ヒロシは下がり、やはりヒロシの持ってきたフラマンやピアノをソロで奏でた。
本編ラストは再びヒロシとの"Crazy Dream"で終えたが、個人的にはホンイチだった気がする。
大きな拍手に迎えられて戻ってきた二人は、まずは"Smile"を演奏し、そしてやっぱり出ました
"The Homes Of Donegal"。ヒロシもHeatwaveで収録しており、御大に促され日本語詞で一節
唸ってくれた。音楽は簡単に国境を超えるものなのです。Paulはティン・ホイッスルをイントロで
吹いてみせた。"The Lake Of Pontchartrain"を歌ってステージを降りたが、大きな拍手に応え
Paulは一人で戻ってさらにもう1曲歌ってくれた。もっともっと沢山の曲を歌ってくれたのだが、
曲名はイマイチ思い出せない。あっ、"The Island"は出なかったか、残念。
ヒロシは「俺ばっかり楽しんでスミマセン」と言っていたが、イエイエ良いサポートをして御大を
良い気持ちで歌わせてくれて有難とさん。二人ともチューニングにはエレアコにシールドを
刺すのだが、演奏の時は外しているのが印象的だった。Paulの声ってホントに野太い。
大地にどっかりと根を張りめぐらした大木のような人だ。2部は85分もやってくれたのでした。
やっぱ一人より二人が良いですよ。ヒロシのサポートのご祝儀として4/4同所でのHeatwaveの
チケットを買ってお店を後にしました。中の熱さに比べ、おもてのなんとも寒い事。


0

2013/3/9  23:05

Come With Sara  音楽

Jackson Browneの夏のソロ・アコースティック・ツアーに今年もSara Watkinsが帯同する。
何か気に入られちゃったのね。お姉ちゃん好きのJacksonだけに心配です(笑)。歌も歌えて
フィドルも弾けるので、パートナーとしては悪くない。昔、MemphisのフェスでNickel Creekを
見た事あるが、なかなか上手な姉ちゃんです。この組み合わせで日本にも来ませんかね。
そう言えばこれも仲良しのDawesの連中も4月に新譜がでるようで、こちらも楽しみです。
LAの伝承者たちの今後にも注目してます。




Lindaの居たStone Poneysの曲ですね
0

2013/3/9  6:48

Timbre Rock & RootsのOP Act  音楽

今月3/21.22に開催されるシンガポールのフェスTimbre Rock & Rootsのオープニング・アクトが
発表になった。予想通りローカルなミュージシャンらしい。もはやビッグ・ネームは有りえない。
3/21がRaw Earth & Kara Grainger、3/22がMike's Apartmentとなっている。
Raw Earthはシンガポールのブルース・バンドでKara GraingerはオーストラリアのSSW、
Mike's Apartmentはインドネシアのオルタナ・ロックと紹介記事にある。まあ、ローカルな
ミュージシャンなので体を温めてくれればOKでしょ。両日ともスタンディングで6時間超の
長丁場ですので、足がパンクしないよう昼間から精力的に歩き回るのは少し控えるつもりです。
0

2013/3/9  0:02

崖っぷち残った  スポーツ

いゃぁ日本よく勝ったな。台湾に何度も追い詰められた末に延長10回4-3でうっちゃり。
8回に追いついたのに復調したと思った田中が3連打で再び逆転。しかしこの無死1.3塁を
山口がゼロで抑えたのが大きかった。そして9回の二死からの鳥谷の二塁盗塁のギャンブル。
そして井端のタイムリー、ベテラン良い仕事してます。痺れるね。もっとあっさり勝って
欲しいが、スマン何度か負けを覚悟した。負けると次はこの間負けたキューバだから辛かった。
こんなに苦労したのだから、次のオランダには圧勝してアメリカ行きを決めないと。
総力戦で勝ったので気持ちが高ぶったのをプラスと考えよう。待ってろよサンフランシスコ。
0時近く迄試合が伸びたので、東京ドームのお客さんが家へ無事に帰れたかが心配です(笑)。

その裏番組となってしまったなでしこは、野球の合間にチョロチョロ見ていたのだが
現在のフルメンでドイツに1-2と連敗してしまった。こう見ると宮間のセットプレーって
凄く精度が高くて得点の確率が高いとあらためて思う。まあ、今大会は経験を積む場として
残りの2試合を大事に戦わないともったいない。初代表の田中美南が同点ゴールを奪うなど
若い人の伸びしろに期待です。

ということでWBCは免れたが、なでしこは結果にガッカリと再び言わざるを得ないか。
0

2013/3/7  19:08

今や最強の夫婦もの  音楽

Kelly WillisとBruce Robisonの新作「Cheater's Game」が良いのです。

クリックすると元のサイズで表示します

かってのRosanne CashとRodney Crowellを思い出させるような溌剌さ。カントリーとフォークの
微妙なバランスが心地良い。なにより夫婦間のラブラブさが音楽に溢れている。
子沢山の育児のせいか、余りテキサスからKellyが出ることはないが4月にSF対岸のBerkeleyの
フォーク・クラブに出演するのを見つけた時は、ホントに行こうかと思っちゃいましたよ。
毎年12月のクリスマスシーズンには二人でクリスマス・ショーのツアーをしているので
一度見に行きたいと思ってます。それまでこの新譜をしばらく楽しむとします。

0

2013/3/7  0:01

結果にガッカリV  スポーツ

野球に続いてはサッカー。新生なでしこの初戦だが、主戦のレギュラー陣が遠征に参加して
いなかったり、スタメンで出なかったりとテスト的な意味合いが強かった。
しかしいつものようにパスが回らないのでゲームを支配できない。球際も弱く、相手のFWに
ドリブルで振り切られて失点を重ねた。佐々木監督もこれ以上試合を壊したくなかったのか、
高瀬と鮫島を前半から入れてきた。以降、ボール・ポゼッションは上がるものの、良い形での
フィニッシュには繋がらなかった。久しぶりにミスの多い完敗である。まだまだレギュラーと
控えには、大きな差がある事を痛感した。先発で出たリヨンの大滝以外は新人で目を見張る
動きはなかったな。シーズン前だからか川澄にもいつものキレとスピードが見れなかった。
次のドイツ戦は必死にやらないと、今まで築いてきたなでしこブランドにキズか付くというもの。
出でよ中盤での汗かき役。佐々木監督への孝行娘は現れるのでしょうか。
0

2013/3/6  22:50

結果にガッカリU  スポーツ

TVの具合が悪かったのでWBCの試合を初めて見た。しかし日本は小粒だな。序盤のチャンスで
得点が取れないうちにキューバにドカンドカンとやられて、あっという間に6-0。ピストルで
大砲に立ち向かう様で勝機なし。最終回に四球をからめて3点取ったが万事休す。3-6と完敗。
幾ら2次リーグ進出が決まっているとは言え、必死さが感じられない。打線がイマイチだけに
投手が最小失点で抑えて守り勝つシナリオにならないと。日本でこれじゃあアメリカで
ホームラン打つのは期待薄。前途多難です。取りあえずアメリカ行くのを目標として、必死に
やって下さい選手の皆様。
0

2013/3/6  7:49

結果にガッカリ  スポーツ

今朝行われたCLのマンUvsレアルは2-1でレアルが勝利して8強へ進んだとの事。
ルーニーも香川も先発を外れたとの事......ファーガソン監督何を考えたか?
1-0でリードした後にレッドで10人と不利になったのは残念でしたね。
日程の問題もあるが香川はまだまだ絶対的な信頼を得てないと言う事ですか。
それでもルーニーも途中出場だからしょうがないか。しかしレアルは調子が上がっている。
夜の「すぽると」ででもダイジェストを見るつもり。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ