2013/3/4  22:23

ローカル・サーキットの香りがプンプン  音楽

ある種奇跡の来日か?Lonnie KnightとDon Nixが一緒に来日すると言う事で、昨晩は西新宿の
知らないホール(Harmonic Hall)ヘいそいそと向った。この手では珍しく椅子のあるホール公演。
助かります。整理番号20番でしたので3列目真ん中に陣取ったが、どこでも良く見えたのでは。

定刻の18時を少し過ぎると、まずはLonnie Knightが出てくる。何故か姉さんがユピテルからの
2ndを持っていて当時聴いていた。まだまだ10代のガキんちょだったので地味な印象しかない。
数年前にCDが出た時に1stは手に入れたが、懐かしの2ndは未購入。そんな具合で聴き込みは
イマイチか。かってのジャケ写とは別人のように老けていたが、アコギの音色は素晴らしく
テクニック的にも優れたギタリストなのでちょっとビックリした。歌声もSSWらしい感じで
とっても良かった。結構、最新アルバムからとか、新曲とかを沢山歌っていたようだ。
まあ古い曲をやっても分からなかったかもしれないのだが(汗)。但し「1973年にテキサスに
行った時に一人のSSWに会ったんだ」と話した時はピンときた。Towens Van Zandtだ。
だとすれば.....予想した通り"Pauncho And Lefty"が歌われたのは嬉しかったね。1stでも
歌っていたこの曲はEmmylou Harrisなどもカバーしているが、個人的にも上位に位置する
楽曲である。丁寧に歌うあたりはLonnieの穏やかな性格のなせる技か。終始ジェントルな態度で
歌い続けた60分。ミネソタのSSWは北からの風に耐えうる芯の強さを感じさせ好感が持てた。

10分程度の短いインターバルで今度はDon Nix一行が出てくる。当初はソロのような噂だったが
来日が近づくにつれてバンドで来るとアナウンスがあり、期待が膨らんだのでした。
出てくるメンバーを見ると、「あれあれLonnie Knightがいるじゃん」。何とエレキを持った
Lonnieは最後までバックアップとしてDonに付き合ったのでした。かっても一緒にやったのか、
それとも東京でリハして付き合わされたのか、いずれにしてもLonnieさん良い人だ。Donに
ソロを促されれば、ちゃんとギター・ソロも弾いていた(爆)。しかしアコギ程の魅力をエレキには
感じなかったのが本音である。そしていかにも南部男らしい髭に黒縁メガネの男は、随所に
スライドも混ぜ、ボーカルも取るなかなか肝となる奴だった。そしてブラシで叩くドラムスと、
現地調達の日本人ベーシスト。Donが連れてきたベーシストは成田で入国できなかったらしい。
てな感じで急造のバンドだったが、その為に南部のローカル・サーキットの香りも高まり
結構好きでしたよワタシ。それを率いる親分Don Nixもちょっとヘンテコな堅物親父だったな。
足を大きくストンプしたり手を開いたりと酔っているやら本気やら。しかし観客がなかなか
自分のペースにならない苛立ちも随所に伺えた。「ゲームをやろうぜ、勝ったらCDやるぜ」と
言っても誰も乗ってこない。あきらめて最前列の客に投げてやる始末。それでも3回目には
強引にやっていたけれど(爆)。思わず「チキン!」なんて言葉もでちゃったが、日本人は
シャイなのよね。歌はお世辞にも上手いとは言えないが、ゴスペル・タッチのスローな曲は
ワタシ好みでした。こういった辺りはDan PennやDonnie Frittsに通じるホワイト・ソウルですね。
「Freddy Kingのブルースをやるよ」とか言えば会場は盛り上がるし、ガキの頃にBB&Aで
慣れ親しんだ"Black Cat Moan"が歌われれば思わず体が前のめりになる。「レオン・ラッセルの
シェルターでは色々問題があったんだ。その1stから」と言ってやったのは"Golden Mansions"
だったろうか。スワンピーな"Plastic Flower"とかもゴキゲンでしたね。B級ロックもまた楽し。
ラストは"Going Down"で一騒ぎ。アンコールに出て来たと思ったら、"Going Down"のreprise。
もはや急造バンドのストック無しってことか(爆)。何だかんだ言っても結構楽しかったゾ75分。
0

2013/3/4  21:14

復活  

家が近づくにつれて大きなアンテナが目に入ってきた。「嗚呼、工事の人が来たんだな」と
思った次第。TVのスィッチを入れ、チャンネルを進めるとどの局もちゃんと受信できる。
10日間余りだったが長く感じましたね。普通に見れるものが、見れないのは気持ちが悪い。
懸案事項が一つ解消されたので気持ちも晴れやか。これで今晩の「すぽると」で香川の
ハットトリックが見れるというもの。
0

2013/3/3  9:27

バルサ失速?  スポーツ

六本木から戻り、風呂に入ってTVの前に鎮座。地上デジタルは難視聴でもBSは関係なし。
やっとTVの調整も月曜に来てくれることになりホッとしている。もとい、国王杯との連荘となる
クラシコは夜中0時と早い時間なのが嬉しかった。マンUとのCLを控えるレアルはロナウド、
エジル、ケディラをベンチへ置く。この辺りは策士モウリーニョらしい。もはやリーガでの優勝は
難しい、彼の視線は国王杯とCLの優勝にしか向いていない。先の国王杯でもし敗れていれば、
ホームのサポーターの目を気にして主力の温存は難しかったかもしれないが、勝利した為
それが可能となったことは喜ばしい。シャビ・アロンソも不在でメンツ的にはちょっと小粒。
バルサはCLのミラン戦は1週先だが、プジョル、セスクをベンチへ置く。何よりも痛いのが
シャビの故障離脱。彼とイニエスタが中盤を自在に扱い、メッシがフィニッシュするのが
彼らのパターンだからね。故障と言えばレアルのカシージャスの不在もクラシコでは寂しい。
そんな駒落ちのクラシコだが、前半は早々のベンゼマの得点、メッシの同点弾とそれなりに
見せてくれたが、後半はボールキープ率は高いものの、メッシが消えてバルサに得点の匂いは
なくなっていた。そんな中、ロナウドとケディラを投入したレアルは徐々に好機を作り
コーナーキックからのセルヒオ・ラモスのヘッド一閃で勝利を得ることになった。ラモスは昔の
長髪の金髪をなびかせた時代の方が好みなのですが(笑)。終了間際にバルサのPKらしい
シーンもあったが、笛は吹かれなかった。モウリーニョほくそ笑んでいることでしょうね。
強豪相手とはいえ、ここ4試合で3敗を記したバルサはCLの勝ち上がりに黄色信号点灯です。
バルサは監督が病欠で不在なのも厳しいね。ベンチ采配も含めて試合が成り立つのだから。
試合終了後、GKのバルデスが主審に強烈に異議を唱え、イエローに続きレッドカードを貰った。
今年でバルサとの契約更新しない事を表明しているバルデスだけに、「俺の最後のクラシコを
盗みやがって」位の事を言ったんじゃなかろうか。ポイント差から見てもリーガ優勝は間違い
無いだろうが、ここ終盤に来てバルサは不安材料に満ちている。

今朝、マンUの香川がハット・トリックをした事を知った。いよいよエンジンかかってきたかな。
次戦のマンUvsレアルのCLが楽しみですね。
0

2013/3/2  23:00

寂しい....  音楽

本日、Billboard東京でMaria McKeeのLIVEを見て来ました。最近ご一緒する事の多いI浜氏と
かぶりつきの席と言う良い環境だったのですが....。Lone Justiceで弾けまくっていた姿も
遠い昔となりました。二人で来ると聞いた段階でちょっと心配だったのですが、Susan Ottenは
ハーモニーを付けるだけの人で、演奏はMariaが弾くアコギもしくはピアノだけとちょっと寂しい。
プリミティヴと言えば聞こえが良いが、かなり単調だった。アコギ1本で聴くと割とカントリー
っぽい感じがした。Bandでの彼女が好きだっただけにちょっと肩すかし。ピアノで歌う
Richard Thompson"Has He Got a Friend for Me"やNeil Young"Barstool Blues"のカバーは
変化球でちょっとは面白く、又、Lone Justiceの"Shelter"等が聴けたのは嬉しかったのですが。
アンコール・ラストの"Life Is Sweet"までの75分余り、終始地味な感じは否めなかった。
楽しそうにMCかましてたけれど客席とは少し温度差があったのでは。このままフェイド・アウト
してしまうには輝く原石の時代を知っているだけに残念だ。今一度バンド・サウンドを望みます。

0

2013/3/2  7:02

痛快!西部劇  映画

タランティーノの新作「ジャンゴ〜繋がれざる者」を見て来た。マカロニ・ウェスタンの
テイスト一杯に、タランティーノらしく迫力ある戦闘シーンに血のりや死体の数々とそれらしい
画が続いていた。予告編でも見たようにディカプリオは主演ではなく、ジェイミー・フォックスが
黒人のガンマン役で主演だった。まあ、ある種ブラック・ムービーって感じもする。
相変わらず音楽の使い方も巧み。Jim Croceの"I've Got A Name"が出てきた時にはドキっと
したな。タランティーノも終盤のジャンゴを護送する役で出演し、見事にダイナマイトで
爆死している。このあたりのカメオ出演はいつもながらヒッチコックへのオマージュか。
てな訳でいかにもタランティーノらしい映画を休日前の夜に楽しんできたのでした。
デカい画面でみるガンファイトは迫力十分でした。今年の映画1本目。さて今年は何本見れるか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ