2013/3/18  21:39

WBC終幕  スポーツ

平日の午前中なんて見られない時間に、ひっそりと日本のWBCが終わった。良い投手は
簡単に打てないと言う事か。ドミニカに負けるならともかく、プエルトリコに負けたのは残念。
セミファイナルまで行けたので、日本の力はまずまず見せられたのでは。前の2大会だって
薄氷の優勝だったのだから。いつもいつも優勝するのは虫のよい話っていうもの。
でも、やっぱり決勝戦には行きたかったよな、残念!次はサッカーのW杯予選を応援しましょ。
0

2013/3/18  20:28

ポップな奴ら  音楽

昨晩は代々木Zher The ZooでHicksvilleを見て来た。実際にはホフディランとの対バン。
ホフディランは初めて見るが、ワタナベイビーと小宮山雄飛のデュオはこちらもポップで
なかなか良かった。いつもHicksvilleの真城めぐみがバック・ボーカルを務めているのだが
この日はバックも付けずに、二人のギターとキーボードで務めていた。1曲だけトランペットの
サポートが入ってましたか。共にMCよりも歌ってる時の声にパワーを感じた。知らない曲でも
ポップな曲には反応するワタシです。最新作「2 PLATOONS」からの小宮山の歌う"ドライブ"が
一番良かったな。結構テンション高めに行われた55分。彼らのファンも多いようだった。
しかし若いファンが多い上に女性比率も高く、少し場違いを感じておりました。

10分程度の転換でHicksvilleの3人が出てくる。まずはイベント・タイトルの"バンブークラブ"から
歌い始めた。小暮氏のリーゼント風は変わらないものの、中森氏はパーマをあてチリチリになり、
真城は赤く髪を染めていた。何か年を感じる3人だが、自分らも話していたように珍しくも
LIVEが続いており、演奏はこなれている。真城の歌はコーラス・セッションでも引っ張りだこ
のように、やはり上手いしイイのです。最近は公式リリースは少ないが、どうも手売りでCD-Rは
出しているらしく、知らない曲も結構やっていた。その中には小暮氏がアイドルに書いた曲
ってのもあった。歌詞はちょっと若者向けだが、曲は彼らが歌ってもおかしくないものでした。
それでもワタシは懐かしい"夜間旅行"に魅かれてしまう。こういう胸キュンなポップ・ソングを
もっと歌って欲しいんだ。だから"月光浴"とか"夢の涯て"が聴けないのはとっても寂しい。
本編ラストはデビュー曲とも言っていい"ライダー"。いや元気一杯、初心忘れずってとこですか。
アンコールではホフの二人と一緒にまずはホフの曲、そしてオオラスはヒックスビルの
"バイ・バイ・ブルース"が演奏された。ワタナベイビーにもソロを歌わせた後者は楽しかったね。
アンコールも含めて80分。次は4/1にLIVEがあるようだが、この日は行けません。5/18に真城が
うつみようこ、伊東ミキオと渋谷でやるLIVEには行こうかと思ってます。数は少なくとも
解散などせず、時々思い出したように3人で集まってくれたら嬉しいです。
すぐに帰ってきちゃったけれど、物販コーナーでCD-Rを買えばよかったかと少し後悔してます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ