2013/6/30  12:55

フィジカル面での差はいかんともしがたい  スポーツ

昨日はリバティ・アカデミーとTP'SのOff会と飲み会Wヘッダーとなった。セントルイス・
カージナルスのウェアが内容にハマっているのが笑える。そんな具合で00:30に帰宅し、
TVを点けてなでしこの対ドイツ戦を見るも前半で沈没。結果を知ったまま、先ほど
NHK BSで再放送を観戦した。日本でのニュージーランド戦、イギリスでのイングラント戦に
続くドイツでの3蓮戦目。はっきり言ってフィジカル的にガス欠は否めなかった。
あの無尽蔵のスタミナを誇る川澄でさえドイツ勢に出足で負けまくっていた。そんな中でも
大儀見は力強くポスト・プレーを続けたのは流石である。同点となった前半の大野へのパスや
再度同点となった宮間のFKの跳ね返りの反応は素晴しい。但し、時間が経つにつれ彼女への
サポートを行える選手が居なくなり、孤立していたのは問題だ。宮間をボランチで使ったため、
攻撃の起点が後ろに成り、決定的なパスは少なかったように思えた。イタリアのピルロ的な
役割となったが、やはり彼女は2列目でボールを操るのがベターなのでは。
日本の体調もあろうが、ドイツはフォア・チェックの間合いが短く、ガツガツとボールを
奪いに来た。こうなるとフィジカルの不利差がまともに出てしまう。速い球離れでのパス・
サッカーに磨きをかけないと、世界の強豪に太刀打ちできない。後半は専守防衛となったが
できるなら2-2で終わりたかったが、40分過ぎから加点され2-4の敗戦。先のイングランド戦に
比べ、やられた感は大きい。こういった強豪と定期的に戦い、世界との間合いを忘れずに
いる事が今後も必要だろう。サッカー協会のマッチメークによる強化の継続が重要だ。
0

2013/6/28  22:17

サザンロックの様式美  音楽

昨晩はBillboard東京へDickey Betts & Great Southernを聴きに行ってきた。トリプル・ギターに
ダブル・ドラムス、ベースにキーボードの布陣。形式だけ見ればもろサザン・ロックど真ん中。
やる曲もAllmansばかりで、「それで良いのか?」と言う感じもしたが、こういうやり口が
ベテラン・ミュージシャンの一番生き易い方法なのだろう。実際Greggに首を切られた人であり
いまだにAllmansは暖簾を残して時々LIVEを行っている。あちらのギターがWarren Haynesに
Derek Trucksと言うのもDickeyには分が悪い。とは言え、まだまだ現役感タップリで悪くは
なかった。少し前に来日したLes Dudekとかぶってる感は否めないが、ストロー・ハットをかぶり
自分のイメージを大切にしているようだった。SGを弾き倒し、ラストの"Rumblin Man"まで
AllmansのDickey Betts意外の何ものでもなかった。75分だが、1曲が長いので曲数は少な目
だったね。追加も出た人気公演だが、これなら本家のAllmanをs見るべきだな(爆)。

本日はトッパンホールで無印良品の招待公演フレンチ・ケルトを聴いてきたが、本家の
アイリッシュと異なり、円やかな優しい音楽だった。ギター、フィドル、フルート、ハープの
カルテットだったが、ワタシにはちょっと物足りなく感じた。マスターたちの自己主張が
もっと見たかった。まあ、タダ公演だから文句は言うまい。65分位でちょぅど良かった。
0

2013/6/26  23:37

1-1なれどできは悪くなし  スポーツ

なでしこJAPANの欧州遠征、対イングランドはニュージーランド戦に続いて1−1の引き分け。
但し、できは悪くなかった。大黒柱の澤と宮間不在でも、中盤の危うさはあまり感じなかった。
CBの熊谷がボランチに入って、阪口とWボランチを組んだが縦の関係も良かったと見えた。
前線は大儀見というタメが作れるFWがいるので、2列目が飛び出し易くチャンスは膨らむ。
1点ビハインドでも大野を追い越す川澄のスプリント力で同点を取れる辺りも頼もしい。
前戦レッドで欠場の宮間不在で、プレースキックからの得点が望めなかったのは少し残念。
勝てたとは思うが、アウェーで世界の強豪と引き分けは悪くない。岩清水とCBを組んだ長船も
やれる感じを持たせたのは収穫。170cmと大型なのも好材料。次戦のドイツ戦も楽しみです。
0

2013/6/24  19:00

巨星逝く  音楽

昨日6/23にBobby "Blue" Blandが亡くなった。享年83歳の人生をまっとうした、素晴らしい
Blues Singer。ワタシこの人大好きだったんですよ(涙)。東京でも何回か見たし、ニューヨーク
でも見た。個人的にはDuke/Peacockの時代よりもMalacoに移って円やかな歌を聴かせる
時代の方が好みでした。Bluesと言うとギターと言うイメージだが、Blandはボーカルひとつで
素晴らしい世界を築いていた。今宵は"Members Only"を聴いて、彼を偲びたい。
今までありがとう、合掌。

0

2013/6/23  19:12

過去を暖め今を生きる  音楽

午後に予定していたJackson BrowneのLIVE DVDを見る。顔にはしわが増え、高音も伸びなく
なった今ではあるが基本は変わることなく、上手くキャリアを重ねている人だと思っている。
幾つになっても我が素晴らしき兄貴とお慕いしております。2010年の夏にアトランタで
LindleyとのLIVEを見て以来ご無沙汰であるが、その時に隣になった娘連れのご婦人(但し
私より若い筈)と話をしている中で「アナタここにいる誰よりも彼のファンよ」と言われたのを
嬉しく思っている。近年はソロや前述のDavid Lindleyとのツアーなど小回りの良い体制で
ツアーを行う事が多いが、長いキャリアの中で生み出してきた楽曲を、Nakedな形で届ける
事に意味を見出しているように感じている。また、ファンにとってもお決まりのセットにならない
ので、喜ばれているふしもある。このDVDは昨年アコースティッな味を生かしながらバンドでの
演奏を加えたもので、コンセプトはそう変わらないのかもしれない。Jacksonはアコギと
ピアノでエレキは持たない。そんなことからMark Goldenburgを始めとしたお馴染みの
メンバーは入っていない。但し、ギターのVal McCallum、ドラムスのFritz Lewakなどの
過去の共演者の顔ぶれも見える。"A Child In These Hills"でのValの汽車の汽笛のような
ハーモニカ・プレイを聴けば東京公演での懐かしい日々を思い出す。そしてSeanとSaraの
Watkins兄妹が演奏でもボーカルでも効いている。特にSaraのフィドルはLindleyの隙間を
埋めてくれるので嬉しくなる。Nickel Creekをメンフィスで見たのは何時の事やら。
新旧取り混ぜた楽曲も、アコースティックな演奏で聴くと味わい深い。"Late For The Sky"は
高音が出ないと厳しいからセットから外したのかな?何せJacksonはナルシスト君ですからね。
"Take It Easy"の楽器のソロ回しなども楽しいし、"Farther On"や"The Late Show"の日暮れ
の様な美しさに聴き惚れる。"Running On Empty"だけはRockせずにはおれないのはご愛嬌。
こいつはJackson一世一代のRock曲だからね。"The Pretender"と共に看板であり、鉄板。
「Jackson兄ィ一生ついて行きます。今年はムリでも、また近いうちに会いに行きますんで。」

0

2013/6/23  6:28

サムと言う名にツキはなし(爆)  音楽

7/3のSam Amidonがキャンセルになった。この間行けなくなったSam Leeに続きSamと
言う名に縁はなさそうだ。まあ、LIVEなんてこんなもの。それだからこそ一期一会。
0

2013/6/23  6:02

ポイント0これが現実  スポーツ

日本1、メキシコ2。イタリア戦に続く1点差の敗退。近いようで遠い1点、しかしこの差はでかい。
前半の香川、岡崎のオフサイドと出だしは良かったが、次第に過密日程の疲れかメキシコに
ボールを支配される結果となった。まあ、エルナンデスのハットトリックをPKストップで
阻止できたのでカッコがついたものの、できは良くなかった。しかしチャンスと見ると飛び出す
イラク戦の再現となった遠藤の落しからの岡崎のゴールは良い形だった。こういった形を
コンスタントに出せるようになりたい。0-2から一時3バックを試みるが、長友の負傷退場で
4バックにもどしたのは残念だった。本番でのオプション・チャレンジはもっと長く見たかった。
この日の細貝、栗原の出来は悪くなかったが、バックアッパーを今一つ育てられていないのが
厳しい、来月の東アジアカップで新戦力の発掘に努めるべきだ。しかし終わったなコンフェデ。
やはり世界は強い。それでもアジアで楽に勝つ日本よりも、世界でヒイヒイする日本が好きだ。
0

2013/6/22  21:55

やっと終わった...  

昨日は事務所の引っ越し。引っ越し隊長としてオーガナイズしていたので夜討ち朝駆けで
この3日は忙しかった。Sam Leeは聴きに行けないし、手持ちの音盤や映像もまた在庫増。
今日も一人で休日出勤。PCや電話の配線等に終始し、疲れ切って帰宅。
明日は今日できなかった食材の買付に掃除もしないと。早朝にはコンフェデ杯のメキシコ戦も
あるのでもう寝ますか。明日の午後にはJackson BrowneとWoddy Guthrie生誕100年記念
コンサートの映像を見ないとね。JacksonはLindleyとの2006年ライヴが7/9にWOWOWで
放送されるのでこちらも楽しみ。
0

2013/6/20  21:23

2点リードして勝たないならいったい何時勝つんだ  スポーツ

善戦、惜敗、いくらでも称える言葉はあるだろうが、あえてこう言おう「2点リードして
勝たないならいったい何時勝つんだ」と。イタリアに2点リードして、早いパスワークで
「オーレ」の声が場内にこだます中、相手の選手交代で2トップになるうちにリズムが狂い
1点取られて終了。後半早々の失点も、吉田がセーフティにやっておけばいらない失点。
これで2−2の同点となった所で時間切れで出社。逆転されて一度は同点に追いついた
ようだが、結局は3−4で逆転負け。強豪に善戦しても、勝たないとホントの自信には
ならないだろうよ。かなりガッカリな試合。これでコンフィデは予選敗退。メキシコ戦は
どう戦うのやら。そろそろ新しい血を入れて刺激を持たせれないと、W杯本番も厳しいよ。
ブラジルのこの時期の環境を知る事だけがプラス材料じゃ寂しいぜ。そんな中でも香川は
初めてと言ってよいほど輝いていた。本田、岡崎とそろい踏みだったことは光明だろう。
あとでビデオで再確認するとします。

夜のなでしこはニュージーランドと1−1の引き分け。両サイドを除いてベストメンバー
だとしたらこちらも少し寂しい結果か。どうやら宮間が退場になって追いつかれたらしい。
こちらも後ほどビデオで検証するとしますか。

サッカーの結果も悔しいが、この日の最大の汚点は明日の事務所の引っ越しを控え、
荷造り準備が思う様進まず、この日予定していたSam LeeのLIVEをスキップせざるを
得なかったことである。あ〜残念。疲れ切って21時に帰宅。まあ、年に1度位はこんな日も
あるか。給料もらってる身だからね、まあしゃんめい。明日も早出で引っ越しです。
0

2013/6/18  20:06

アメリカで揉まれて胸も膨らんだことだろう(爆)  音楽

SXSWを始めとした全米ツアーを終えて帰国したパイレーツ・カヌーの3人娘。
久々の東京公演が7/14に六本木の新世界であるとの事で早速予約した。男連中も一緒に
上京のフル・バンドは嬉しい。対バンはマンドリンのTaroのバンド。ブルーグラス風味は
共通した味で悪くない組み合わせだ。パイレーツ・カヌーはドブロの岩城氏が入ると
一味も二味も美味しくなる。って、女トリオだけのLIVE演奏は見た事ないのだが(笑)。
京都在住だからこの機会は大切に。オススメのバンドです。

0

2013/6/17  22:48

出ます  音楽

亡くなったKate McGarrigleを偲んで姉さんのAnna、遺児のRufusとMarthaが友人たちを招いて
行ったコンサート・ライヴ。6/25にノンサッチよりリリース。これは聴かないとね。
映像も撮ってるのでこちらも楽しみ。個人的には"Go Leave"にLindaとRichardのThompson
元夫婦が名を連ねている所が気になる。さて、安いところ見つけてプチするとしましょ。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2013/6/17  21:20

イタリア勝ったな  

コンフィデ杯でイタリアがメキシコを2-1で破った。これで日本は次のイタリア戦は勝つしか
なくなった。勝っても初戦の3失点の為に、その次のメキシコにも勝たないといけないのが
厳しい。W杯でも初戦敗退の可能性はある訳で、これもまたシュミレーションとして捉えよう。
ピルロにバロテッリと主役が得点しているイタリアは手強いのが本音。前半しか見れないが
念はブラジルへ送ります。

週末は連日の飲み過ぎで恥ずかしい毎日。本日猛省してます(汗)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ