2013/9/12  23:21

今宵もかぶりつき(爆)  音楽

今晩は楽しみにしていたTrixie WhitleyのLIVEでした。この日は整理番号2の上に、1の人が
来ていなかったので1番入場。せっかくだからセンターマイクの真ん前で見させて貰いました。
ここん所かぶりつきが多くて嬉しい。Black Dubもソロも愛聴しているが、生はまた一味違う。
エレピの弾き語りから始めたのはちょっと予想外だったが、それ以降はアコギもエレキも
迫力たっぷりに引き倒してカッコイイこと。ピックを使わず指弾きでアタック強く弾くのが
彼女の奏法か。エフェクターもかけてデカい音で弾きながらクールに歌う。とにかくハードに
ロックを決めても声はクールだ。結構気張って、首筋に青筋立てて歌うのに見入ってしまった。
はいていた靴のバランスが悪いのか、途中から靴を脱いで、軽やかなステップを踏んで演奏を
続けていた。見た感じはキャット・ウーマンて感じか。ネコ系と見たが、いかがなものか。
リズム隊とギターのトリオのバックはコーラスも務め、彼女の荒々しいギターに寄り添うように
サポートをしていてなかなかよかったのです。途中は新曲と言って2曲演奏したが、ロック系の
楽曲だった。本編ラスト、アンコールラストとエレピを挟んだが、断然ギターを弾く姿に
エクスタシーを感じたものである。音盤では彼女の声が一番強い印象だったが、LIVEでは
彼女の弾くギターとステップに心奪われた。やはり見ないと分からないものってあるよね。
"Need Your Love"みたいなキャッチーなコーラスのある曲では、思わず声を重ねていた。
なかなかヨカッタよTrixie。85分位か。次のアルバムを出したらまた生を見たいものです。
休眠中のBlack Dubも再開を願っております。帰りを急いでサインをもらわなかった事が残念。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ