2014/2/8  21:45

雪の中無事帰還しました  音楽

雪の中を渋谷AXへ向かい、The LumineersのLIVEを見てから無事に雪の中帰宅しました。
電車が詰まってるのか多少遅れたが、大事には至らなかった。タクシー待ちの長い列を
横目にバスに乗って悠然と帰ってきました。LIVEは雪の影響ってことではなしに、客は
一杯ではなかった。2階の指定席も空席が目立つ。それより指定が普通に買えるのも不思議。
まあ、こういったアコースティックなアメリカーナ路線は若者には刺激が少ないし、年長者は
ニューカマーの情報を捉えることを排除している人が多いからね。言ってみれば中途半端な
層のアーチストっていうこと。基本はギター、ピアノ、チェロ、ベース、ドラムスでの5人だが、
それぞれが他の楽器に持ち替えて演奏するところが新鮮でした。このバンドは演奏よりも
歌が真ん中にあるのが特徴であり、演奏の音数自体は少ないように感じる。ドラムスが
後ろで叩くだけでなく、フロントに出て来てバスドラ叩いたり、タンバリン叩いたりと、結構
バンドの根元を支えている感じはしたな。ヒット曲の"Ho Hey"を早めにやったのには
少し驚いたが、客席とコール&レスポンスする曲は他にもあるので問題なかったようだ。
曲が短く、アルバムもまだ1枚の新人なのでそんなに長くはやれないとは予想していた。
本編60分、アンコールを入れても75分は妥当な演奏時間だろう。新曲の他にDylanの
"Subterranean Homesick Blues"も演奏していた。一番の盛り上がりは客席に入り、そこで
数曲演奏したあたりか。気がつけば2階のワタシの前にアコーディオンを抱えた奴が
演奏していたのにはビックリさせられた。聴衆との距離の埋め方としては良かったのでは。
清々しい奴ら、場数を踏んで次の2ndがどのようになるかを見守りたい。

帰りがけに旧知のJohnコバ氏に背中を叩かれる。曲が一本調子と辛口の批評をしていたが
まあ、一理あり。それでも音数が少なく、歌が真ん中にある今日の彼らをワタシは評価したい。

0

2014/2/8  9:03

外は白い雪の夜  

予報通り夜半より雪になり、今も降り続いている。こんな日は掃除も買い物も休みです。
朝食の林檎は昨日の内に駅前で4個調達してきたので、当面無くなる事はない。
しかしこんな日にもThe LumineersのLIVEをブッキングしているものだから、夕刻には
渋谷へ向かうつもりです。昨年1月はHicksvilleのLIVEを雪でキャンセルしたのだが
今日はチケット持ってるからね。興行自体がキャンセルにならなければ、流れるので
それはもったいない。彼らは良いバンドだし、生で聴きたい気持ちも強いので行くよ。
今聴いているのはLos Lonely Boysの新譜「Revelation」。

クリックすると元のサイズで表示します

結構PopなRockになってますね。聴き易いな〜コイツ。先月末に来日していたが、試案の上
スキップしちゃった。まあ、その後に別の予定も入ったのだが。昔、Austinのフェスで
見た記憶がある。しかし、それも遠のいてきたね。次は行ってみよう、って次もあるのか?

昨日、FIFAからメールでW杯の予約抽選が始まったとの知らせが来た。国別チケットも
昨日閉まったはずなので、じきに抽選が始まることだろう。くじ運弱しだが、「当たれ
宝くじ by 憂歌団」の心境で待つとします。

そうそう今年は昨年行ったSingaporeのTimbre Rock & Rootsは行われないようだ、残念。
今年もメンツ見て行こうかと思っていたのだが。それで方向転換、オーストラリアの
パースまで足を延ばすことを視野に入れている。ここではすぐ近くのFremantleで4/13に
West Coast Bluesn' Rootsなるフェスが行われる。1日に短縮されたようだが10時間位
結構なメンツが決まっている。翌日にはパース市内でBoz Scaggsの公演もある。昨年の
来日公演は行ってないし、アルバム「Memphis」はなかなか良かったので彼を聴くのも
悪くない。月・火と有給休暇取ればAirasiaの格安3泊パックで8万円前後で行けそうだ。
近隣にはピナクルズやウェーブ・ロックなどの自然の見所もあるので旅としても楽しそう。
かってシドニーからバンコクへ飛ぶ途中で数時間街へ降りた事があるが、ほぼ初めてと
言ってよい所だ。心は半ば固まった、この週末でチェックして決める確率は高い(爆)。

http://westcoastbluesnroots.com.au/artists-lineup
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ