2014/8/21  0:27

嗚呼、可夢偉シート喪失  スポーツ

今週のF1ベルギーGPでケータハムは小林可夢偉に代わって、アンドレ・ロッテラーを
ドライバーに起用すると発表した。遅い車に持参金持ってノーギャラで乗ってると言うのに
残念な話である。まあ、チーム・オーナーが代わった段階で噂された事ではあるが、
唯一の日の丸が消えてしまうのは寂しい限り。ロッテラーはスポット参戦の噂もあり、ダメな
ドライヴを見せれば可夢偉の復帰も有りえる話ではある。ホンダ・エンジンが復帰する迄は
可夢偉に頑張って走ってもらわないと、見る気が失せると言うものだ。
0

2014/8/20  23:00

真実はいかに  映画

本日、映画「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」を見てきた。原語版DVDを見ていたが
日本語字幕で見ればより分かり易い。しかしだ、鈴木啓志著「ゴースト・ミュージシャン」を
前日に読了したこともあり、ん 真実はいかに?と言う感は否めない。映画ではリック・
ホールの述懐をベースに、ジョンソン・ホーキンス組のスワンパーズを話のメインに置くが、
鈴木氏の本ではそれ以前のインペリアル・セブンをフェイムの主軸と捉えている。
しかし映画ではスワンパーズがあって、彼らがマッスルショールズに移り、フェイムギャングが
その後を継いだことになっている。フェイムギャングでドラマーのフリーマン・ブラウンが
出てくるようになってるが、彼はインペリアル・セブンですでに南部のソウルを牽引していたと
本にはある。スワンパーズはインペリアル・セブンから学び成長し、白人だけのバンドで
黒人ソウルのバックを付けたがったアトランティックのジェリー・ウェクスラーの夢の結実
だったと鈴木氏は記述する。但し、映画ではそのあたりはバッサリと切り捨て、ラスト近くでは
袂を分かったホールとスワンパーズがハグし、フェイムでアリシア・キーズに歌わせる
シーンもある。これって、映画のやらせなのか?スタックスでのMG'Sの発展形として白人の
スワンパーズにマジックを与えた方が、映画的にはドラマチックにはなるわな。
しかし本を読むと、黒人ミュージシャン(例えばボビー・ウォマック)のプレイを真似る事により
それらが形成され、スワンパースが突然変異的にフェイム・スタジオに現れた事はないとなる。
まあ、白黒つけずとも良い音楽が残っている事は嬉しいがね。ストーンズみたいにバック・
ミュージシャンとは別にスタジオの音を求めてアラバマ詣をした奴らもいたんだし、各自が
妄想しながら楽しむので良いんでないかな。
鈴木氏コンパイルの「Soul Deep」には、この時代の音楽が真空パックされている。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/19  17:58

年寄りと暮らすのもなかなか大変だ  

またウチのバア様が入院する羽目になった。別にワタシの帰りを待ってなくてもよいのに。
昨晩から腹が痛いとの事で、今日の日帰り旅行はキャンセルしたが、夜中に血便が出たらしく
4時過ぎに起こされ、救急車を呼んだ。幸いな事に良く知る近場の病院に収監されたが、
検査が14時過ぎ迄かかり、結局は1週間程入院する事に。腸に炎症をおこしているらしいが、
以前に大腸ガンを手術していることもあり、珍しくあっさりと医師の言う事に従った。
しばらく断食道場入りらしく、その点では可哀そうな人である。それでも上から目線であれこれ
指示を与えてくる辺りがバア様らしい。こちらは必要資料を書きに家へ戻り、押印して病院へ
トンボ帰り。暑さが身に沁みます。明日はハローワークの説明会へ行くので今日だったのが
不幸中の幸い。近場なのでチャリでお見舞いに行けるので助かります。毎年のように
病院通いに付き合わされるが、年寄りと暮らすのもこれでなかなか大変なのです。
世間で介護の為に退職したと噂されても、おかしくないなと思うワタシでした。
0

2014/8/18  9:10

いざ鎌倉へ  音楽

近所へ買い物には行くものの、引きこもり状態の毎日。昨日、久しぶりにLIVEを観に鎌倉の
Goateeまで出かけた。途中、大船を通るがこの日は姉さんの寺には行かずじまい。
お盆の時期は忙しいのを知っているからね。鎌倉へは17:30頃に着いた。開場までは30分程
あるので、久しぶりに八幡宮へお参りに行ってきた。寺に行かずんば神社へ?
お賽銭投げ込んで今後の無事を祈ってきた。

Goateeへ行くのも久しぶり。店主の松本さんからは「私が東京にLIVEを観に行くような
ものなのでウチの店にも来てよ」と言われるが、ご無沙汰続き。しかしながら店に優しい男
としては、当然の様にビール全種(5本)を飲み干して店に貢献するのでした。
この日の出演は女性SSWのVienna Teng。音源は持っていないがCDジャケに見覚えがあり、
Youtubeで見てみたら、これが結構ストライクだったので足を運んだ。店のキャラに合わない
ブッキングなので松本さんにそう問いた所、オージー・アジアツアーの一環として売り込みが
あったようだ。ピアノの弾き語りで、時々サンプリングで声を重ねるなどして1部35分、
2部55分と清々しい歌を聴かせてくれた。S&G"Bridge Over Trouble Water"、Bill Withers
"Ain't No Sunshine"のカバーなんてのもやってたな。こういうの好きですので、なかなか
ヨカッタ。また、波長が合えば鎌倉の濃密な空間へも伺う日もあるだろう。

0

2014/8/15  18:49

終戦記念日に想う  ニュース

69回目の終戦記念日を迎えた。広島、長崎の原爆投下の日もそうであったように、
だれもが戦争することを望んでなどいない。だとすれば戦争放棄を謳う憲法9条を
改めるなどという話がでる事すらおかしいのである。本日、安倍首相が靖国参拝を
思い止まってくれたのは最後の良心。12月に参拝したように、今後もこの日は
避けて頂きたいものである。慰霊祭に出席した天皇陛下が「私が存命中は改憲は
止めてくれ」と言って欲しかったよ。

昨日、辺野古の埋め立て予定地に強引にブイが設置された。政府も強引だな。
戦争しなければアメリカの基地などいらない筈だ。昨日は下北沢でモノノケサミットの
LIVEがあったが、その場で中川敬は何を話したのだろうか。
0

2014/8/14  17:20

ラック探訪の旅  音楽

積んである本・雑誌を読み漁る毎日。暇は持て余さず楽しんでおります(爆)。
読書をしながらBGM的にCDをかけてるが、我が家のラックにはまだまだお宝満載、
その反面これから聴きそうにないものもある。余生を考えれば、聴きそうにないものは
順次退却してもらうようになるだろう。買う事を止める事が出来そうにないのも事実だし。
The Goldebriarsの3枚はイイね。ソフトロックと書かれているが、時代を考えれば
ハーモニーを重視したフォークではないか。日本初出後にアメリカでも2枚で出たようだが
曲数的には日本盤が勝っているようだ。しかし清々しいなぁ。ヘタなロックよりも
余程聴き応えがあるっていうもの。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あとはRicci MartinとR.Crumb & The Cheap Suit Serenadersもヨカッタ。好みです。
但し、The Walker BrothersとScott Walkerのソロはポピュラー過ぎて、今のワタシには
ちょっとToo Muchです。退却かな?
0

2014/8/13  19:26

まだやってるのね  映画

輸入DVDで持ってるのだが、映画「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」がテアトル系の
渋谷の映画館でまだ上映しているようだ。しかし1日1回10時の回だけなので注意です。
早速、ヤフオクでテアトルの株主券を安価落札したので、来週20日に見に行くつもりだ。
これ見てから昼メシ食って、ハローワークの説明会に行くので丁度よかろう(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/13  18:54

少しずつ整理整頓  

リタイアしたので古いスーツをゴミに出すべく整理していた。何着かはクリーニングに出し
残すが、古いものや痛みが目立つものは燃えるゴミとして明日にでも廃棄するつもりだ。
次は紙ものやオーディオ関連や配線機器、最終的には本や音楽・映像ソフトもスリム化を
図りたい。まあ、少しずつやるとします。
0

2014/8/12  23:33

残念なロビン・ウィリアムズの死  映画

名優ロビン・ウィリアムズが亡くなった。うつ病からの自殺の線が強いと聞くとつくづく
残念に思う。スタンダップ・コメディ出身で、コメディもシリアスな演技もできる俳優だった。
主演作はは多いが、一番好きなのは「今を生きる」かな。嗚呼残念、合掌。

今月末で名画座の新橋文化劇場が閉館となる。最近も名画座がことごとく閉館となり寂しい。
ガキの頃は2〜300円で2〜3本立てを見て外国に憧れたものだ。レンタルビデオがその地位を
継いでると言われるが、大きなスクリーンと音響で見る映画はやはり別格だ。
もはや東京では早稲田松竹、ギンレイホール、目黒シネマ位になってしまったのだろうか。
0

2014/8/12  6:31

アギーレ新監督来日  スポーツ

ブラジルでのW杯が閉幕して早いもので1ヶ月。日本代表の新監督に決まったメキシコ人の
アギーレが昨日来日し、会見を行った。システム的には4-3-3が基本形ととの発言。
ゲッ、3トップかよ。おまけに守備を重視すると言う。まあ、世界で勝つには守備から
入るのは常識なので悪くはない。前は少ない人数で速攻で勝負となるのだろうか。
とりあえず9月のウルグアイ戦から代表戦が続くので、選手選考と共にお手並み拝見です。
0

2014/8/11  8:05

リスニング・パーティ  

昨日は旧知のTom Pettyファンの皆さんと、新譜「Hypnotic Eye」のリスニング・パーティに
参加してきた。まあ、始まればいつものOFF会と何ら変わりはないのではあるが。
しかし長い歴史を持つバンドであっても、これが初めての1とは感慨深い。USツアーも
始まり、ワタシも初日のサンディエゴへ行ってきたこともあって、その話題も多かった。
しかし結構な人数が海を渡ると聞き、いつもながら驚かされる。人の事は言えませんが(爆)。
会場がフリーフローランチだったので、久しぶりに深田さんの人懐っこい笑顔も見れた。
二次会まで飲んだくれて、K子さんに北千住まで連れて来てもらったのは覚えているが
そこからの記憶がない。まあ、ここは日本ですのでなんとか帰ってこれます(汗)。
0

2014/8/10  9:58

出てたとは知らなんだ  音楽

ブラジルに居る時、リオでAdriana CalcanhottoとCaetano VelosoのDVDを安く買えて
喜んでいたのだが、どうもMarisa MonteのDVDもブラジル滞在中に出ていたようだ。
これは知らなんだ、知っていたら当然買ってきたのに.....。まあ、日本でも買えるが
結構価格差大きいのよね。今はCaetanoのDVDを見ているが、CDでは当然気付かない
アクションが洒落ている。たいした爺さんだ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ