2014/8/29  21:11

世界一周は魅惑の響き  

新書の「10日もあれば世界一周」を読む。最近よく見る吉田友和氏の著作。ワタシよりも
二回り位若い人だが、旅人から見てもうなずける記述が多い。一般向けに書いたものであり
目新しいものは少ないが、世界一周を過去に試みた者としては、分割利用など実践した事が
書かれていれば、思わずニンマリしてしまう。世界一周は二度ほど試みた事がある。
一度は香港スタートでオーストラリアへ行ってからサンフランシスコで一旦ストップ。
サンフランシスコの往復便で帰国し、サンフランシスコからニューオリンズのJazz Festへ
行ってからDC経由でイタリア渡ってF1見てから香港へ戻った。次はオーストラリアから始め
タイのバンコクへ渡って一時帰国、バンコクからモントルーのJazz Festニ行ってから
カナダのカルガリーに渡ってカナディアン・ロッキーを満喫してから帰国した。
その後にオーストラリアへ戻って、また日本経由の米国便を買ったような気もする。
円高豪ドル安の時代で、安くエアチケット買ってトップシーズンに使うというサイクルだった。
燃油代なんて変なシステムの無い時代に旅を続けていたことが懐かしくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ