2014/9/4  19:25

懐かしきチリ  

女優の山口智子著「手紙の行方」を読む。10年以上前に書かれたエッセイ本で、ブックオフで
500円位で買って何年も積んであった。役者を休んでいた時にTVで海外の紀行番組を
やっていた時に書かれたものの様。チリについて書いており、南米旅行に行く前に読もうと
思っていたが、結局今日読んだ次第。細かな所もある反面、ずぼらな所も持ち合わせている
ワタシですので(汗)。チリの北から南まで縦断して旅しており、ワタシよりも行動範囲は広い。
イースター島へは行ってないので一概に比較はできませんが。重なる所はバルパライソ、
サンティアゴ、プンタ・アレーナス、プエルト・ナターレス、パイネ国立公園か。当然ながら
コーディネーターが付いているのであろうから、現地の著名人に会ったり、楽しげな場所へ
安易に行ける辺りが何とも羨ましい。旅は自分で計画して、思うようにならずに実行するのが
楽しいのよ......なんて負け惜しみです(爆)。ソウルフラワー本にもあった、独裁下で虐殺
された歌手のヴィクトル・ハラの記述があったのには少なからず驚いた。南米へは3度
行ったけど又行けるかな?

「世界一周Traveler's Voice」って言う世界一周航空券ガイド本も合わせて読んだ。
20〜30代の旅行者の生の声が掲載されているのがポイントか。今は情報がリアルに取れる
ので世界一周も楽になってるね。その6割が女性というのには驚かされる。こんな所にも
女性の時代の波は来ている。しかし読んでいると、行っていない場所はいくらでもある。
世界一周は別としても、少しずつ興味がある所は行ってみたいね。トルコとか北アフリカとか。
考えてみればインドも行ったことないのです。LCCのエアアジアで行けるインドの都市もあり
そのうち行ってみるつもりだ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/4  8:35

錦織勝った!  スポーツ

再びフルセットをモノにして、錦織圭がテニスのUSオープンで4強進出。凄いなこれは。
次はジョコビッチかマレーなので、さらに難しいゲームになるのだろうが楽しみです。
0

2014/9/4  8:02

やっぱこいつら凄いわ  

石田昌隆「ソウル・フラワー・ユニオン/解き放つ唄の轍」を読了。元々写真家の石田氏
であるが、ミュージックマガジンにワールド・ミュージックの写真と共に記事も載せており
熱の入った文章が続く。内容的には知った事が多いが、時系列でバンドの足跡を辿れば、
このバンドが世界との関わりを持ちながら成長してきたことが伺える。今も沖縄や原発との
係わりを通しながら歌を紡いでいる。ピースボートに乗り、北朝鮮、東ティモール、中東等
普通の人が行かないような所でも歌っている。フランスや韓国等は逆に彼ららしくないとも
思える位だ。「満月の夕」はHEATWAVEの方を先に聴いており、ソウルフラワーを熱心に
聴くようになったのは、アイルランドの連中とのセッションを深めるようになったあたりと
記憶している。アコースティックで機動性のあるモノノケでは国内外の古の音楽を奏で、
ユニオンではミクスチャー・ロックとして国内外の今の情勢を歌としてきた。この使い分けが
絶妙である。バンドとしては特異であるが、その精神を歌として具現化する表現力は凄い。
気が付けばニューエストモデル時代の中川・奥野ペア以外にはメンツの変わってしまった
ユニオンだが、まだまだ歩みは止まる気配はない。メジャーとの契約が切れてからは、
よりラジカルな姿勢が前面に出て来ているが、その中にも溢れる愛が満ちている。
最近はモノノケだけでユニオンはご無沙汰だが、本を読み終えた今、9/28@下北沢Gardenへ
行ってみる気になっている。著者の石田さんがワタシと同じ歳だっていうのを初めて知った。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ