2014/9/18  18:38

ギャンブル映画の最高峰  映画

スティーヴ・マックィーン主演の「シンシナティ・キッド」をDVDで見ていた。
久しぶりに見たが、ポール・ニューマンの「ハスラー」と共にギャンブル映画としては
最高峰だろう。スタッド・ポーカーの名手が老練なギャンブラーに挑んで敗れる話だが、
細かい描写が上手過ぎる。舞台がニューオリンズなので、最初の葬送のシーンからして
マーチング・バンドが出てくる辺りが音楽好きとしてはたまらない。クロージング・
テーマもレイ・チャールズが歌ってるし、脇役としてキャヴ・キャロウェイも出ている。
相手役の老ギャンブラーのエドワード・G・ロビンソンの目の演技がなにより凄い。
他にもカール・マルデンやアン・マーグレットとハマり役だ。マックィーンを上手い役者
とは思わないのだが、ここでの演技は素晴らしい。久しぶりに「ハスラー」も見ようかな。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/18  17:36

凄いゾ、クリス松村  

ちょっと前までは只のオネエと思っていたクリス松村、TVで意外な音楽の博識に驚いていたら
レココレの「日本の女性アイドル・ポップス・ベスト100」に登場。愛情溢れる記事に魅かれ、
勢いで著書「誰にも書けないアイドル論」を読了。次から次へと出てくる名前と資料に感服。
もはや只のオネエではなく、アイドル評論家と言っても差し支えないだろう。竹内まりやとの
対談記事まで載せている。愛情籠った一冊です。次号のレココレには早くもベスト100の
80年代編が登場だ。クリスは86年辺りでピンでのアイドルは下火と捉えているが、
どんな順位になるのか見物です。個人的にはもはや知らない時代に入ってます。
クリス氏がまたレココレに書いてくれていると嬉しいのですが?

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ