2015/9/4  22:57

素晴らしかったゾHerb Alpert & Lani Hall  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。


Herb Alpert&Lani Hall夫妻のブルーノート東京公演終了。若々しく素敵な夫婦共演、
期待以上に素晴らしかった。
Vanの"Moondance"で始まり、"Chattanooga Choo-Choo"や"Besame Mucho"等のカバーで
まずは場を暖め、順にオリジナルを出して来る辺りは慣れた所か。奥さんのLaniは
セルメンのボーカリストからHerbのパートナーへリクルートした人で、サンバを始め
スペイン語の歌も小粋に歌いこなす。大ヒット曲の"Rise"や"Taste Of Honey"も
メドレーであっさりとやっちゃった。但し、"Bittersweet Samba"は本編とアンコールと
2度もやったのは日本ならではですね。「オールナイト・ニッポンで40年も使われてるんだ」
と嬉しそうに話していた。この曲だけはアコギが1本入ったが、後はピアノ、ベース、
ドラムスにHerbのトランペット。トランペットはムリにブローせずに吹き、
ずっとミュートを付けて優しい音を奏でていた。
アンコールではJobinメドレーや"Night And Day"も演奏された。1日1ステージという事で
85分演ってくれた。ビンテージ・ワインの如く芳醇な演奏だった。
バックで鍵盤と歌のサポートをしていたBill Cantosが本当に素晴らしかった事も
付け加えておきます。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ