2015/9/19  21:55

今日は完敗  スポーツ

巨人4-10とヤクルトに完敗。4強で勝ったのは首位のヤクルトだけ。ちょっと離れたね。
明日からカードが変わって、ヤクルトは阪神と対戦。珍しく阪神を応援するとします。
0

2015/9/19  21:31

細野晴臣@日比谷公会堂  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。


ヤフオク1,301円の安価落札で細野晴臣@日比谷公会堂を本日観て来ました。
LIVEオタクですので、たまには割引で観ないと続きませんので(爆)。
年1でここの所細野さんのソロは観ているが、この日は随所に趣向が凝らしてあった。
「Boogie Woogie Holiday」とツアー・タイトルにしているように、ブギウギ・ピアノの
斎藤圭土をゲストに迎えた。彼氏の演奏は初めて聴いたが、ソロもバンド演奏もノリは
抜群だった。2曲だけだったが強い印象を残していった。そして松本隆45周年で目覚めたか、
歌謡曲として細野さんが作曲した作品も3曲演奏された。"いたずらがき"(裕木奈江)、
"ルーム・キー"(森進一)、そしてある大御所に書いたと言う未発表のブギ。貴重でした(笑)。
後は、お馴染みのアメリカの古い曲のカバーと"ポンポン蒸気"やテクノ時代の"Sportsman"
等のオリジナル。バックはいつもの高田(g)、伊賀(b)、伊藤(d)の3人に、グッドラックヘイワで
伊藤とデュオを組む野村(k)が助っ人で参加。キーが入るならコシミハルなのだが、
この日は彼女は自分のLIVEがあるからね。しかし伊藤大地の叩きっぷりは見るごとに
良くなっている。サケロックも解散したし、独り立ちしたかな。
「テクノの曲をカントリーでやるとハマる」ような事を細野さんは言っていたが、
確かに"Body Snatchers"での高田蓮のギターはJames Burtonのようでカッコ良かった。
蓮ちゃん、ベダル弾く機会が減って、益々ロック・ギタリストっぼくなってます。
スライドも決まってた。アンコールではJBの"Sex Machine"も飛び出した。Oh! Funk。
ラストは"Hong Kong Blues"で締めての100分。
MCも演っている音楽も暖かい。新しい事なんてもはや何もやらないけれど、細野組は
いつもワタシに知らない事を教えてくれる。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ