2016/2/29  21:35

なでしこ初戦完敗  スポーツ

デバナに出ばなをくじかれた。アンラッキーもあったが、完全に崩された3失点。
1-2の後半は良い形で続いていたのだが、取れないうちに1点取られて万事休す。
強風にも悩まされたが相手も同じなので言い訳にならない。10日で5試合という
強行日程なので次に勝てば生き残るが、連敗すれば厳しい。オーストラリアは
縦に早く攻めて、守備もフォア・チェックかけてきた。後手後手の展開でしたね。
裏のゲームでは韓国と北朝鮮が引き分けたようであり、明後日の韓国に勝って
まずは1チ−ムを引きずり落とさないと。1戦必勝、最終戦まで可能性を残さないと。
これでターン・オーバーなんて気楽なことは言ってられなくなったな。
0

2016/2/29  16:49

アカデミー賞授賞式  映画

WOWOWで9時からアカデミー賞の授賞式があったので食事の間を除いて観ていた。
グラミー賞と違って長い感じがするのは、レッド・カーペットでの前振りの為か?
映画は今でもタイムラグかあるので、未公開のものも少なくない。
予想とは随分違った作品、人物が受賞したようだ。数的には「マッドマックス」が多かったが
作品賞は「スポットライト」なんて地味目の作品だった。脚本賞も獲得している所を見れば
玄人受けの作品なのだろう。助演男優賞も期待されたスタローンではなく、スピルバーグ作品
「ブリッジ・オブ・スパイ」のマーク・ライランス。これ観たかったんだけど、いつの間にか
上映が終わってしまった。主演は確かトム・ハンクスのはず。女優は知らない人ばかりだ。
主演男優賞だけは本命のディカプリオがやっと取った。昔のポール・ニューマンじゃないが
時を逸するとなかなか貰えなくなるので良かったのでは。「ギルバート・グレイブ」で
出てきた時は衝撃的だったが、すっかり大人になっちゃった。監督賞は「レヴェナント」の
アレハンドロ・G・イニャリトゥが2年連続の受賞との事。歌曲賞はレディ・ガガが
本命だったが、Sam Smithがかっさらっていった。しかしグラミーもオスカーもガガは
出ずっぱりですね。面白いコメントが無かったのが残念でした。従って感動も薄かった。

明日は映画の日なので「ヘイトフル・エイト」(作曲賞受賞)でも観に行こうかと思ってる。
タランティーノで時代設定は西部劇らしいので、ワタシ好みではあります。

0

2016/2/28  16:16

Jリーグ開幕  スポーツ

早いもので昨日の土曜日にJリーグ開幕。昨年の覇者広島が川崎に敗れ、今日のG大阪も
鹿島に敗れた。昨年から2シーズン制になっており、スタートでつまづくと取り戻すのが
なかなか厳しい。連敗しなければなんとかなるが、広島、川崎共にACLもやって行くので
選手の使い方も監督の腕の見せ所。評価の高い森保、長谷川両監督の巻返しに期待です。

明日からなでしこのリオ予選も始まる。厳しい戦いになると思いますが信じております。
0

2016/2/27  10:14

まずまずか  スポーツ

今朝起きてメール・チェックしていたらUEFAからユーロ2016チケットの可否が来ていた。
5試合申し込んで6/15 ルーマニアvsスイス@パリ、6/16 ドイツvsポーランド@サンドニの
2試合が当たったようでまずまずか。6/18 ポルトガルvsオーストリア@パリと
6/21 北アイルランドvsドイツ@パリの落ち葉拾いが3月の譲渡期間にできれば最高だが、
このままでも北フランスを旅しながら楽しめるというもの。前後にLIVEチケットも
4枚押さえてしまってるからね。6/16は外れたらカーンへミシェル・ポルナレフを
観に行こうかと思っていたが、これは当たったんで無くなった。ちょっと残念ですね。
来月になったら鉄道やバスの便を押さえるとします。早く買うのが安い秘訣ですから。
エアーはエティハド航空で格安に既に押さえてしまった。帰りはUAEにも潜入します。

その前に3/15からニュージーランドへ行ってきます。今年も前半は旅人モード。
0

2016/2/26  21:04

忘れてました  

本日届いた郵便物を開けると「FOXヒストリー」なるDVDが出てきた。
同封の用紙を見ると、FOX映画の100周年キャンペーンに応募してそのC賞の景品らしい。
応募したことすら記憶にないが、100周年の3枚組廉価DVDを買っていた事は事実。
ところでA賞、B賞の景品は何だったんだろう。そちらの方が気になる所である。
内容はFOX映画の歴史を振り返るビデオで2時間近い映像が収録されている。
70年代は音楽よりも映画の方が好きだった時期もあり、こういうものは大好物なのです。
あらためて観ると昔のアナログな映画の方が好きですね。しかし2回観る事はないだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/25  23:55

長い一日  

新宿シネマカリテで映画「レッキング・クルー」を観て来ました。
トニー・テデスコの息子デニー・テデスコが監督した、親父を含めた
LAのスタジオ・ミュージシャンの輝かしい実績に光を当てた映画。
バンド全盛以前は彼らがいてくれて曲が活きていたのも事実。
表に出たのはグレン・キャンベルとレオン・ラッセル位なのだろうか。
なかなか楽しく、久しぶりにプログラムも買っちゃった。
終演後には萩原健太×ピーター・バラカンのトークショーで補習授業も受けて来ました。
それからTOMO先生呼び出して一緒に昼食。さあ、次へ向かいますか。

新宿を離れ北千住に戻り、バア様の確定申告を提出。納税を終え、銀行に寄ったりしながら
渋谷へ漂着。日が暮れたらこの日の最終目的地である三軒茶屋に移動して
Diana Krallを観た。2階で遠かったが、ヤフオク2千円割引なので文句は無しか(笑)。
ちゃんと双眼鏡持って来てますので大丈夫。
5分押した19:05にスタート。ギター、キーボード、フィドル、ベース、ドラムスのバックに
Dianaのピアノ。バンド・メンバーは皆ネクタイ着用だが、ボトムスは皆ジーンズ。
格好通りにカジュアルなジャズが聴けた。彼女はシックに黒のノースリーブのワンピース。
Tom Waitsの"Temptation"等幾つかの曲の所々でソロ回しも派手に見せていたが、
リード楽器のギターのAnthony WilsonとフィドルのStuart Duncanが演奏の肝でしたね。
特に名うてのブルーグラス・フィドラーのDuncanの演奏には痺れた。
指弾きのソロなんかも見せ、1曲ではギターを持ってスライドを弾いて見せた。
途中、彼女のソロのコーナーがあり、観客のリクエストに応えて、"Fly Me To The Moon"
なんかを演奏して見せた。彼女は派手に弾き倒すピアノ弾きでは無く、歌を活かしながら
ソフト・タッチで弾いていたね。同郷カナダのJoni Mitchellのカバー"A Case Of You"も
切々と歌い上げ、個人的にはこの日のハイライトだった。再びバンドが戻り、
最新作「Wallflower」から"California Dreamin'"等ロックな名曲が幾つか披露された。
Dylanの"Wallflower"も演ったが、このカントリー・ワルツではDuncanは後半で
デュエットも聴かせてくれた。アンコールでは彼女のピアノが染みる"Desperado"も演り、
ラグタイムかつホンキー・トンキンな曲を挟み、ラストはThe Bandの"Ophelia"で
ちょっとビックリ。ここでもDuncanはコーラスを付けていた。120分。
ポップスやロックも分け隔たなく演奏する彼女、素敵でした。流石Costelloの愛する奥さんだ!

0

2016/2/23  22:30

詐欺か.......  音楽

発表されたSqueezeの来日メンバーにChris Diffordの名前がない。
これじゃあGlenn Tilbrook Bandじゃないか。ちょっと詐欺っぽいぜ(怒)。
明日からビルボード東京の予約開始だけど、テーブル席で観るつもりだったが
カジュアル席に後退じゃ。

0

2016/2/21  22:58

転がるピアノ  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。


冬眠から覚めて本日は丸の内コットンクラブでA.J.Croceを聴いて来ました。
Jimの倅の方が通りは良いが、作風は全然違う。禁酒している訳では無いが、
酒を飲むのも今月初めて、先月の1/30以来。久しぶりに飲むビールが染みる。
定時の20時に成るとギター、ベース、ドラムスの3人のバックを引き連れてA.Jが出てくる。
ピアノの前に座り、おもむろにメガネを外してピアノを叩いて始めた。
最新作の「Twelve Tales」中心に演奏されたが、"Coraline"や"That's Me In The Bar"等の
古い曲もやってくれたのは嬉しい。よく転がるピアノ中心だが、ギターでも4曲程演ってくれた。
その中には、今度のツアーでは演らないと言っていた親父Jimの"Operator"が
含まれていたのは嬉しかった。お客へのプレゼントだったのかな。
入りはイマイチだったが、75分弱真摯な演奏を聴かせてくれた。
終演後に持って来た8枚のアルバムを見せ、1stと最新作にサインを貰った。
「最初聴いた時はDr.Johnかと思ったよ」と言ったら笑ってくれた。
「2年前にBelly Up@Solana Beachで観たよ」と言えばビックリしてた。
「母さんのCroce'sにも行った事あるけど、若い時にはあそこで演奏してたの」と聞くと、
「Nashvilleに僕は行っちゃったからね…」なんて言ってた。折角なので写真も撮らせて貰い、
「次はSan Diegoで逢おうね」と言って別れて来ました。
まさかの来日、聴けた人はきっと満足したはずだ。

0

2016/2/20  11:11

40周年  音楽

矢野顕子も1976年に「Japanese Girl」でデビューして早40年。今年は記念の集金LIVEを
何度かやるようです。それでなくとも近年は来日の回数が増えているというのに(爆)。
そんな訳で第一弾のゲストを招いての「ふたりでジャンボリー」が3月末から開催。
どうしようかと思ったが3/28のゲストが石川さゆり(追加で上妻宏光も)という事で
やはり行く事にしたよ。さゆりさん、くるりの京都音楽博覧会の時にも観たが、ちゃんと
異種コラボが成立する人ですから。他のゲストははっきり言ってお馴染みさんで新味無し。
さゆりさんは確かワタシと同い年のはず。青森出身のアッコちゃんですから、さゆりさんの
"津軽海峡冬景色"とは浅からぬ縁もあるはず。久しぶりにアッコちゃんの和風も味わえるか。
安いジーンズシートは先行予約では販売しないので、一般販売初日の今日ローソンのwebで
30分程かかったが無事ゲット。東京グローブ座の3階一番後ろだが手数料込みで4,824円。
小屋もそんなに大きくないし、一度安い席を体験してきます。開催前後は旅人してるはず。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/19  19:48

冬眠中  

今月はほんとに家に引きこもってます。だいぶ積んである本も少なくなったね。
明後日は久しぶりにコットンクラブへA.J.Croceを聴きに行くが、酒飲むのも久しぶりだ。
昨日、湯川れい子さんが彼にインタビューしたらしい。昔のJimの写真を持って行って
彼に差し上げたら、お礼に「今回のツアーでは歌わないけれど」と言って、Jimの
"Operator"をその場で歌ってくれたらしい。イイ話や、こういうのにオヤジは弱いよ。
湯川さんは彼のCDを9枚位と言っているが、1枚は1〜3枚目までのアンソロジーだから
実際は私の持っている8枚がオリジナル・アルバムの全てではないだろうか。
2ndへ行くので終演後にサインしてもらえるかな?8枚持っていけば喜んでもらえるのでは。


0

2016/2/18  18:24

カメレオン男  音楽

今週届いたJeb Loy Nicholsの新譜「Longtime Traveller」を聴いたが、
リズムが全てレゲエでビックリした。鼻づまり声は確かに聴きなれた彼の声だが
いつもながらの小粋なSSWという感じではない。ジャケを見てみれば
レーベルはOn-U SoundでプロデューサーにはAdrian Sherwoodの名前がある。
言わずと知れたダブ・マスター。聴き進めれば時々、ダブ・アレンジの曲も幾つか。
う〜ん、今回はこういったコンセプトで作ったのだろう。手持ちの前作は2011年のものだが
レゲエの香りは微塵も感じない。どちらかと言えばJazzyな感じ。
2枚組で1,500円に満たない価格で買っており、既成概念を捨てればこれも悪くはないか。
それでも以前の彼の作風の方がやはり好き。さて、次作はどんな音になっているのだろう?

クリックすると元のサイズで表示します

0

2016/2/17  17:11

「ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事」読了  

積んである本の中から「ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事」を取り出し
読了。シンコー・ミュージック(ミュージックライフ)の専属カメラマンとして長きに渡り
外人ミュージシャンを取り続けた長谷部宏の写真とインタビューをまとめた本。
著者はミュージックライフ編集部のOGでもある赤尾美香。良き時代の洋楽の歴史がなんとも
懐かしく切り取られている。まぎれもなく70年代には埋没していた自分もそこには居たはず。
80年代以降のイギリスものには思い入れは少ないが、70年代まではアメリカとイギリスと
分け隔てなく聴いていた。それは洋楽と邦楽も同じ。ソースがラジオだったせいかもしれない。
昨年の明大リバアカ@中野での星加ルミ子、亀淵昭信両氏の話も楽しかったが、ワタシも
すっかり懐古的になってますね(笑)。それがどうした、年を重ねる事もけっして悪くはないよ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ