2016/2/21  22:58

転がるピアノ  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。


冬眠から覚めて本日は丸の内コットンクラブでA.J.Croceを聴いて来ました。
Jimの倅の方が通りは良いが、作風は全然違う。禁酒している訳では無いが、
酒を飲むのも今月初めて、先月の1/30以来。久しぶりに飲むビールが染みる。
定時の20時に成るとギター、ベース、ドラムスの3人のバックを引き連れてA.Jが出てくる。
ピアノの前に座り、おもむろにメガネを外してピアノを叩いて始めた。
最新作の「Twelve Tales」中心に演奏されたが、"Coraline"や"That's Me In The Bar"等の
古い曲もやってくれたのは嬉しい。よく転がるピアノ中心だが、ギターでも4曲程演ってくれた。
その中には、今度のツアーでは演らないと言っていた親父Jimの"Operator"が
含まれていたのは嬉しかった。お客へのプレゼントだったのかな。
入りはイマイチだったが、75分弱真摯な演奏を聴かせてくれた。
終演後に持って来た8枚のアルバムを見せ、1stと最新作にサインを貰った。
「最初聴いた時はDr.Johnかと思ったよ」と言ったら笑ってくれた。
「2年前にBelly Up@Solana Beachで観たよ」と言えばビックリしてた。
「母さんのCroce'sにも行った事あるけど、若い時にはあそこで演奏してたの」と聞くと、
「Nashvilleに僕は行っちゃったからね…」なんて言ってた。折角なので写真も撮らせて貰い、
「次はSan Diegoで逢おうね」と言って別れて来ました。
まさかの来日、聴けた人はきっと満足したはずだ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ