2016/5/22  23:46

横浜は遠いにゃ〜(笑)  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。


久しぶりに多摩川を超え、横浜の赤れんが倉庫で行われているGreen Room Festivalに
行って来た。ブルーノートやビルボードで観るとChaka Khanとか1万円超ですから、
彼女とHiatus Kaiyoteが観れれば9.8千円は安いもの。ヤフオクで8.8千円落札ですので、
足代片道は出たかな(笑)。
最初から観る気は無いので、昼食を取ってから出発。2時間半位掛かり、15時前に到着。
チケットをリストバンドに替えて入場。まずはビールを飲んで喉を潤す。
15:45の屋内ステージのbirdから聴き始める。彼女はお初だが、冨田ラボをバックに
昨年出した「Lush」を中心に歌ったが、なかなか良かった。40分。
ウォーミングアップ完了です。
それからは屋外に移り、2つのステージを交互に観ていた。待ち時間は移動時間に等しく、
サクサク進んで気持ち良い。しかし飯食う時間も無く、ビール1杯飲んだ位で断食道場。
入場前にパン1個食べといて良かった。
クレイジーケンバンドを観るのも久しぶり。"タイガー&ドラゴン"から始め、
歌謡Rockin & Soulショウって感じで、終始楽しませてくれる。まさに「イ〜ネ!」。
あっと言う間の40分。
次いでClammbon。彼らも久しぶりだか、しなやかな演奏と原田郁子の浮遊したボーカルは
最高だ!尚美学院の同期3人組も去年で20周年を迎えたらしい。鋼の結束ですね。
この日も楽しそうに演奏してた。40分。
彼らと尚美学院の同期生のハナレグミはMCも歌も以前見た時に比べ成長を続けている。
Curtisの"People Get Ready"の日本語カバーに始まり、サンバ風の楽曲、是枝監督の
新作映画「海よりもまだ深く」のテーマ曲"深呼吸"とバラエティに富むが、
いずれも滑舌が良く、声が素敵です。結構、センチな歌詞にあの声が胸に響くのです。
"明日天気になれ"も良かった。50分。ここで和物は終わりだが、いずれも合格点で、
もうチケット代の元は取った感じ。
Hiatus Kaiyoteはミクスチャーなソウルって感じか。時にジャズっぽさも感じた。
期待通りに女性ボーカルはエネルギッシュで良かったんだが、終盤は少し飽きました、
ワタシ。まあ、音盤買う程では無いか。45分。
トリはChaka Khan。彼女も久しぶりに観たが、貫禄充分でしたね。バックのコーラス隊も
上手かった。フェスの短い時間の中で、楽器回しをやりながら長々メンバー紹介は
ちょっと呆れた。ファンクっぽい曲よりも"What' Cha Gonna Do For Me"みたいな
AORっぽい曲に惹かれた。主要曲多数、本編ラストは"I'm Every Woman"だった。
アンコールに"Ain't Nobody"を演ってステージを降りた。65分。
これにてフェス終了。時に20:55、何とか今日中には家に帰れそうです(爆)。


0

2016/5/22  7:29

土曜定例  

御茶ノ水へ赴き明大リバアカの講座へ参加。この日のお題は宇田師匠によるSteve Goodman
"City Of New Orleans"とマニアの領域。心配性なワタシとしては彼の予習DVDを
お馴染みの皆さんに事前に渡し、この日を迎えた。シカゴ・カブスや盟友John Prineの話に
突っ込み入れさせてもらい、この日の質問は「75年のアサイラム・レーベルへの移籍の経緯」
について聞いてみました。この辺りもJohn Prine絡みなのでしょうかね。
アフター・スクールは新顔の方も含め6人と少な目。ここで帰る予定だったのですが、
K品さんに誘われ、宇田さんと共に3人で近くの山の上ホテルのバーへ。
杯を重ね、こちらでは1次会の倍以上の会費になってしまいました(笑)。

遅くに帰宅、風呂につかった後でU-23のトゥーロン国際での対パラグアイ戦を観戦。
1-2と敗戦も、ぬるい国内試合と違った厳しさを知り良い薬です。TV終了後2時過ぎに就寝。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ