2016/6/3  13:11

新生なでしこはアウェーでアメリカと分ける  スポーツ

高倉監督を迎えての新生なでしこジャパンの初戦が、アメリカ・デンバーでの
アウェーのアメリカ戦でスタート。午前からTV観戦した。
初キャップの佐々木、千葉をスタメンで使う等、さすが新監督やってくれる。
おまけに序盤にプレッシャーをかけられたものの、15分で岩渕のゴールが決まる。
そして大儀見(永里)の追加点と目を疑った。前半に1点は返されたものの、2-1と
リードで終えた時は、勝てると思ったよ。しかし、後半に大儀見が2枚目のイエローで退場。
残り30分を10人で守るのは厳しく、同点にされ、タイムアップ前にはヘディングで
逆転のゴールを叩き込まれた。試合巧者のアメリカだけに、敗戦を覚悟したが
アディショナル・タイムに横山が同点ゴールを叩き込んでタイムアップ・ドロー。
ヨカッタ負けないで、これで自信になるというもの。宮間のプレース・キックなしに
3点取れたこと自体が脅威。プレース・キックは中島がけっていたが、悪くはなかった。
ゴールマウスは山下が守ったが、3点取られたが合格でしょ。先輩岩清水の後を継いだ
CB村松も合格。初キャップの中里や増矢、横山とフレッシュな選手を交代で使った
高倉監督のデビューも上々でしょう。アウェーで世界一位のアメリカと引き分けですから。
しかし、アメリカの女子サッカー人気は凄いね。2万人近く入ったアウェー戦は好環境です。
次の日曜の試合は有料TVで観れないが、好結果を期待しましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ