2017/2/16  15:00

血圧下がった  

バア様の付き添いが続くが、今日は自分の内科の検診で近隣の病院へ行ってきた。
この日は血液検査はしなかったのだが、血圧の上が126と130を割っていた。
130切るのは久しぶり。トクホ飲料は飲んでいないが、外食が減ったので
酒も油物の摂取も減っているのは事実。気持ち何か嬉しい。
と言いつつ高脂血症の薬を貰って帰って来た(笑)。次回の血液検査の数値はいかに。
0

2017/2/14  9:19

個人的にはイマイチの今年のグラミー  音楽

昨日はバア様の通院日だったので録画しておいたグラミー賞の授賞式を夜観ていた。
録画だと早送りして観ちゃうので、カビラ・ジェイ、ホラン千秋、TOKIO長瀬、
小牧ユカ等のコメントはほとんど聞いていない(笑)。WOWOWが呼んだ現地スタジオ・ゲストも
今一つ興味を惹く顔ぶれでは無かったし......。結果的にはアデルの完勝か。
腹ボテ懐妊中のビヨンセなんてワタシは見たくもないのである。ガガ&メタリカもな〜。
それにしても今年は殆どベテラン連中が出てこないし、ノミネートもされていない。
ウィリアム・ベルがゲイリー・クラークJrとコラボしたくらいか。
それよりも逝去したアーチストのコーナーが年々長く且つ豪華な顔ぶれになっている。
プリンスの追悼でブルーノ・マーズが熱演したが、もっと多彩なコラボが観たかった。
てな訳でWOWOWのスタッフが盛り上げようとするも、一向に盛り上がらないワタシでした。
フェスと共に新しめのアーチストを知る機会と捉えているが、今年はイマイチでしたね。
0

2017/2/12  14:29

ストーンズ祭り  音楽

昨日、WOWOWにてローリング・ストーンズの「ザ・マーキー・クラブ ライブ・イン1971」
「ライブ・アット・ザ・トーキョー・ドーム1990」「トータリー・ストリップド1995」
「ライブ・イン・キューバ2016」と4本連続放映。マーキーのみ既放送だったが、
残りの3本はお初だったので、外出もあり録画しておいて先程まで一気に観ていた。
4本いずれも市販されているが、最近は怒涛のアーカイブ・ラッシュについて行けず
未見だっただけに嬉しい放送だった。

1990年は初来日の東京ドーム。私も別日であるが、当時在住していた札幌から飛来した。
まあ、前年の9月に当時在住していたピッツバーグでこのツアーは体験していたのだが(笑)。
日本テレビでも別日(?)だが放送になったが、記憶しているよりもアングルが荒々しい。
それでも四半世紀以上前の彼らはみな若々しく感じる。そしてビル・ワイマンもいる。

1995年は「ブードゥー・ラウンジ」のツアーで日本に来た時に東芝EMIのスタジオで
アンプラグドっぽくドン・ウォズと始めた録音からスタートしている。
その後アムステルダム、パリ、ロンドンと小さなホールでのクラブ・ギグとして
行ったLIVEをシューティングしている。当時唐突にCDが発売されて驚いたが、
ドキュメンタリーとして映像も撮っていたんですね。完走していないものも多いのだが、
スタジアムとは違って、生身の彼らが見れるホールでの公演は、アンプラグドではないものの
楽曲とアレンジも含め違った感じのモノになっている。個人的にはこれが一番しっくりきた。

2016年はオープン化したキューバはハバナでのLIVE。見慣れた風景が映し出され、
思えば先月あそこに居た事が不思議に感ぜられる。最近はソロ活動が忙しいためか
リサ・フィッシャーが不在で、若い黒人女性がバック・コーラスと"Gimme Shelter"の
ボーカルを歌う。リサに比べると軽い感じがするが、時の流れと受け止めよう。
そして亡くなったボビー・キースの不在が何とも寂しく感じる。
少し前に観た1971年のマーキーではロン・ウッドではなくミック・テイラーがギターだ。
1971年と2016年の間には45年の月日があるが、ミック、キース、チャーリーの3人は不変。
あらためて怪物バンドだ、ストーンズって(爆)。


0

2017/2/11  23:08

再びの.....  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

冬の寒い日、青山の月見ル君想フでラリーパパ&カーネギーママを観る。
彼らを観るのは昨年の10月以来であるが、このハコに来るのは初めて。
こじんまりしているが、椅子が有れば満足のワタシです。
寒くても当たり前の様にビールを飲む。スチョリや中村まりのバックで
ギターを弾く姿を観た事がある安宅浩司さんが、隣の席にお子さんと来ていたので、
少し話させてもらった。まりさんとは暫く演っていない様で、レコーディング・モードに
入ってる様な話をしていた。客席にはHicksvilleの真城&中森の顔も伺えた。
定刻の19時にThe Bandの出囃子で出て来る。横浜とは違って初っ端は"道々"ではないが、
あれこの曲何だったっけ(汗)。LIVEも数を重ねており、演奏はこなれて来ていてる。
曲順は少し変わったが、横浜とは殆ど同じか?ガンホのリード・プレイが
伸び伸びとしていて気持ち良い。Southern Rockの感じも漂わせ、
Allman的なフレーズも聴こえてきた。チョウのMCは数を重ねたので少し端折り気味。
Roger Tillisonの逝去による再結成の話の熱が下がっていたのは少し残念。
1部は50分程度で終了。
20分程の休憩後は、お決まりのRogerのカバーで前半は進んだ。このコーナーになると、
ガンホの泥臭いスライドが全開となってこちらも楽しくなって来る。
リズム・セクションもチョウとスチョリのボーカルも良いが、ワタシはギターを
気持ちよく弾くガンホの姿を見るのが一番好きだ。Rogerの曲に日本語詞を付けた
"Callin' On You"を聴くのもこの日が2度目だが、この曲が段々と好きになる。
2部本編はサクサクと曲も少なく終わった。The Bandの日本語詞カバー"夏の夜の出来事"も
Rogerの"Rock'n Roll Gypsies"もやらなかったのでガッカリ。
かと思いきやアンコールで二曲とも演ってくれたので一安心でした。
最後に"黒猫よ、待て!"を演って2部の70分を終えた。新曲が無かったのは残念だが、
次回に期待だ。「サンキュー、アミーゴ!」と記念写真を撮って大団円。

0

2017/2/10  8:52

嗚呼....  音楽

アレサ・フランクリンが今年リリースの新作をもって引退と表明したらしい。
ここ数年彼女のLIVEを観るべく模索していたが、如何せんキャンセルが多くなっており
怖くて躊躇していた。引退後もスポットで公演はやるような話もあるが、
今年がラストチャンスなのかも知れない。出にくい状況ではあるが要検討課題ですね。

0

2017/2/9  15:39

ユリイカ「矢野顕子」読了  

先月の旅行中に届いていたユリイカの臨時増刊号「矢野顕子」を読了。
昨年がデビュー40周年という事もあり、CD・コンサート・本と頻度が多く泣かされた。
全てを欲しがる男ではないので簡単には踊らない、良いファンではないワタシであります。
それでなくてもスタッフの儲け主義の匂いがプンプンする昨今なのですから。

ユリイカでは時々ベテラン・アーチストを特集する事があるが、これもそんな一冊か。
「詩と批評」と謳っているように、通常の音楽誌とは一線を画したライター陣と
少しばかり高尚なエッセンスを振りまいた遠回しな表現は、時に下町小僧をイラつかせる。
「たかが大衆音楽のピアノ弾きごとき」と言ってはまずかろうが、
敷居を高くする事は決してアッコちゃんの望む事ではなかろう。
それでも彼女のLIVEに接すると、時々異常な緊張感を感じる事もある。
プロの凄みを見せてくれる事で再び足を運ぶのかもしれない。但し、おとなテクノは苦手。

4月には上原ひろみとのデュエットが、東京文化会館で行われる。
先行予約で買っても良い席に座れる可能性は低いし、高い手数料も癪に障るので
先週の土曜日の一般発売の時間に合わせてコンビニで、4/19で最安値のB席を購入した。
5階の2列目はもはや後ろがない天井桟敷(爆)。5階でも音が良いと言うレビューを信じたい。
それでも全席すぐに完売した事を思えば、取れただけラッキーかもしれない。
3月に出る昨年の二人のLIVE盤と以前のLIVE盤を聴き込んで当日会場に向かうとしよう。
なんだかんだ言っても彼女の罠にハマっているのかな?ワタシ(爆)。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2017/2/8  17:07

バア様帰還  

洗濯を終え、一段落した時に電話のベルが鳴る。入院中のバア様からで、本日退院との事。
昨夕に唐突に電話してきて「出血してパジャマを汚したので替えを持ってきて欲しい」と
ヘルプが来て行ってから半日と経たないというのに。退院延長かと思いきや、退院とは。
あわてて布団を干し、掃除をして午後に迎えに行く。傷口の活性化が進み固まったようなので
退院できるようになったらしい。当初の予定の10日間とジャストでしたね。
15時前に家へ帰ってきて、風呂を準備して垢を流してもらった。
結局、三日連続で病院へ行く事になったが仕方なし。出血が収まれば本人も私も平穏な日々が
取り戻せるというもの。体力戻ったら何処かへ連れて行ってあげたいと思ってる。
0

2017/2/7  20:59

ビルボードじゃなくてVinyl Japanで呼ぶんだ  音楽

ここの所SMASHでなくビルボードで呼んでいたNick Loweだが、今度はVinyl Japanとは。
6/27.28での来日が決まったとの事。Mt.RAINIER HALL 渋谷PLEASURE PLEASUREと、
座席のゆったりとしたまともなホールってのが嬉しいね。バンドなしのソロなのかな?
ビルボードだと2ステージ入替なので時間が短いので不満だったが、それも解消されるだろう。
チケット代8,400円も許せる範囲だ。てな訳でどちらか整理番号の良い方に行くとしよう。
なんで指定にしないのかは甚だ疑問。2/11前売開始、夜のラリーパパの前に買いに行くか。

0

2017/2/6  22:51

やっと観終わった....  

昨年の12月に一挙放送され録画しておいた「荒野のピンカートン探偵社」を土曜日から観始め、
今日やっと全22話を観終わった。西部劇ファンにはお馴染みのピンカートン探偵社の物語。
カンザスシティを拠点にミステリー仕立てでの1話完結だが、なかなか見応えのある出来栄え。
今を時めくディーン・フジオカもセミ・レギュラーで出ており、何話かでは日本人の
加賀美セイラも出ている。最終話ラストがジェシー・ジェイムスとの決闘場面の銃声で終了と
思わせぶりなのが欲求不満を残す。WOWOW本放送の際は土曜朝という事で見逃しただけに
この一挙放送は嬉しかった。それでも観たのが今になってしまったが(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/6  13:30

エンターテインメント大国アメリカ  スポーツ

今朝早く目が覚めたので、ゴルフのアメリカツアーであるフェニックス・オープンを観ていた。
前日まで首位と4打差であった松山だが、この日はスコアを伸ばしてプレイ・オフへ。
4ホール目にバーディを奪い見事に逆転で大会2連覇を成し遂げた。これで4勝目、其のうち
プレイオフで3勝と驚きの勝負強さ。もはや新人類というか国際人として臆するところがない。
こうなるとメジャー・チャンピオンの夢も現実味を帯びてくる。石川遼もそろそろ勝たないと。
テニスの錦織といい、世界にうって出る日本人が出てきていることを素直に喜びたい。

続いて久しぶりにアメフトのスーパー・ボウルを観た。一時は25点の大差をつけられた
ペイトリオッツだが後半驚異的な追い上げを見せて、ついに28-28の同点で延長戦へ。
延長でも先にタッチ・ダウンを奪い、34-28とファルコンズをうっちゃった。
こんな試合早々観れない。クォーター・バックりのブレイディは5回目のチャンピオンに。
ハーフタイム・ショウはレディ・ガガであったが、スタジアムの上からの登場と
スペクタクルは感じるものの、音楽的にはユーリズミックス辺りを聴いていた方が
個人的にはよろしいようで。まぁ、お祭りですから悪くはないが。

こういったスポーツや音楽のエンターテインメントの世界ではアメリカは今も素晴らしい。
白に留まらず、黒や黄色と人種を問わずに活躍ができる。トランプが国境に塀を立てたり、
中東の人々を入れないようにしようが、アメリカ人は素晴らしいプレイには惜しみなく
拍手を送る。それがアメリカの誇れる所ではないのだろうか。
0

2017/2/3  18:22

節分の日  

朝も早よから洗濯に風呂掃除、1階2階と掃除を済ませ一段落。昼食取ってから洗濯取り込み、
アイロン掛けするも、頼んでいる水道の修理は今日も現れず。「お手すきの時で結構」と
言ったのが仇になったか?金曜の午後は不在と言っておいたので、バア様の見舞いに行く。
点滴していたが意外に元気なので一安心。昨日一昨日と姉さんの倅達が見舞いに来たとの事。
一通り報告事項を終え、洗濯物を交換して家へ戻る。予定通りなら来週中に退院の筈だ。

夕刻に鬼打ち豆で型通りの豆まきを行う。TVでは有名寺院での力士や芸能人の豆まきで
賑わっているが、世間で「鬼は外、福は内」の声はめっきり聞かれなくなった。
どこの家もやっているのだろうか?かく言うワタシも小声で手短に終えているのですが(笑)。
カレンダーには2/3は節分・豆まきといまだに記されている。
恵方巻なんぞにうつつを抜かすのはニセの江戸人である。真っ当な江戸人は豆まきをし、
年の数だけ豆を食らうのである。しかし、札幌に居た時、豆まきは「煎り大豆」ではなく
「皮付き落花生」である事にビックリしたものだ。拾って食べられるとは理に適っているか(爆)。

0

2017/2/1  15:30

清武の欧州撤退にはガッカリだ  スポーツ

噂通りに今冬の移籍期間中にセビージャの清武の移籍が決まった。
それもスペインやドイツ、アメリカではなく、日本の古巣セレッソ大阪と聞いて愕然とした。
家庭の事情もあろうが、せめてヨーロッパでもう少しプレイするのを見たかった。
それだけの力があるだけに残念だ。そもそもセビージャの監督が変わった事が不幸の始まり。
次から次へとMFやEU外選手を追加獲得されて、いつの間にか蚊帳の外。リーガ初戦で1G1Aを
挙げた時はバラ色の未来が待っていると思っていた。まあ、決まってしまったのでセレッソで
調子を整えてW杯予選で活躍してもらいたい。そして来年のW杯後には是非再び海外へ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ